水の中を使用した俳句

水の中に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

水の中を含む俳句例

此寒さ神經一人水の中/正岡子規

月と水の中を隔つる落葉哉/亀友

河骨の玉蕾まだ水の中/綾部仁喜

沢蟹と一年生は水の中/中山保夫

三月の枯蔓走る水の中/萩原麦草

水の中歩けるさまに山椒/福田蓼汀

麦笛の近江は昏き水の中/柿本多映

銀の匙光り寒九の水の中/鈴木初男

青芦の影賑やかに水の中/星野立子

中元や水の中ゆく水の棒/山本洋子

春闌けてきし大皿を水の中/中田剛

晴天や水の中まで草紅葉/今瀬剛一

極月や紅き生姜の水の中/平井照敏

十五夜の潜水艦は水の中/攝津幸彦

水の中へ銭遣リけらし心太/炭太祇

夏闌けて蜆やすらふ水の中/上村占

ねぷた果て洗濯物は水の中/如月真菜

五月雨や鴉草ふむ水の中/河東碧梧桐

寒餅の黴うつくしく水の中/河野南畦

後の月鴫たつあとの水の中/蕪村遺稿

俳句例:21句目~

春深し杉菜のはては水の中/永井龍男

水の中水を突き上げ泉湧く/岡田日郎

未明忌の河骨のまだ水の中/友岡子郷

枯芦やうす雪とぢし水の中/富田木歩

睡蓮に脚ありいつも水の中/羽賀敏枝

藻の花の高低ありて水の中/橋川忠夫

逃げ水の中へ中へと郵便夫/鈴木蝶次

水の中まで竹の葉の散り敷ける/爽波

鏡餅ゆるがぬままや水の中/赤尾兜子

しろがねの水の中より水芭蕉/斎藤信義

その光はなち水芭蕉水の中/徳永山冬子

五月雨や榛の木立てる水の中/正岡子規

忘却やうす雪しづむ水の中/豊長みのる

水草の枯れみ枯れずみ水の中/正岡子規

松の雪われて落ちけり水の中/正岡子規

荒梅雨の水湧きつぐや水の中/池田澄子

水の中まで緑蔭のありにけり/藤松遊子

生きるから水の中より泉の音/藤田湘子

すゝしさや足ぶらさげる水の中/正岡子規

初なすび水の中より跳ね上がる/長谷川櫂

俳句例:41句目~

壜に入れて麦湯冷やすや水の中/星野麦人

秋いまだ草の根しろく水の中/宇多喜代子

鈴が鳴るいつも日暮れの水の中/中村苑子

水の中からもふる雪の水にふる/荻原井泉水

滝水の中やながるる蝉の声/惟然「草庵集」

海のようなみずうみの月が水の中/荻原井泉水

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました