棟を使用した俳句

棟に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

棟を含む俳句例

棟札は大同二年松の花/二柳

牡丹の棟瓦より夕燕/西本一都

木守柿藁屋寄棟造なる/京極杞陽

棟二つ谷に沈みて青嵐/西山泊雲

連翹や茶室の棟の赤瓦/中川四明

冬隣る夫婦雀に棟の風/石塚友二

切れ凧や後徳大寺の棟の上/元夢

棟竜を踏まへ故宮の春鴉/大島民郎

おぼろ夜や塀の棟木の鳥の糞/徐寅

山宿の令法の先の湯治棟/高澤良一

柿を干す棟近々と天主堂/山田弘子

盆近き花圃灯して処刑棟/松村蒼石

新月や内侍所の棟のくさ/服部嵐雪

餅花の夜を煌煌と手術棟/市川/葉

遅桜棟に幣たて御師部落/福田蓼汀

老鶯や教員宿舎棟寄せて/高井北杜

楠若葉団地全棟全戸老ゆ/小川軽舟

凍つる音棟木を走り永平寺/関浩青

箱棟におさめん菖蒲刀かな/良/次

種を浸して水耕の試験棟/磯野利秀

俳句例:21句目~

砂を吹家の棟川や冬下風/高井几董

真清水や棟が下に昔より/野村喜舟

B棟の患者見下ろす一冬木/高澤良一

黒鶫講中着きし棟に鳴く/岡本まち子

お降りや新藁葺ける北の棟/室生犀星

棟あげや棟の上なる餅蜜柑/正岡子規

棟の上大工が鶴を見上げをり/大串章

棟壊えて幹の黒ぐろ杏花村/伊藤敬子

棟木上ぐ鬨炎天の真洞かな/石塚友二

棟神にお城山から夜の飛花/田中英子

棟越に鳥群れ落つる秋の風/富田木歩

棟門に月出て夜蝉二タ三声/西村公鳳

水桶を棟に据ゑたる月の寺/綾部仁喜

屋根草も夏草のうち復原棟/高澤良一

烏啼く時舌赤く見ぬ棟の霜/西山泊雲

白菊に棟かげ光る月夜かな/杉田久女

十津川に沿ふ棟長を葺替ふる/森田峠

合掌の棟の残雪弾け落つ/伊藤紫都子

名月や棟の重さを泣ける鬼/野村喜舟

自炊棟裏のすすきの花盛り/高澤良一

俳句例:41句目~

国神村の夕づつに消え赤棟蛇/安西篤

蜻蛉やあたりを払ふ棟と堂/石塚友二

裸木や看守官舎も棟割なる/北野民夫

雪ふりや棟の白猫聲はかり/正岡子規

大凍や棟領尾張よりのぼる/前田普羅

雪國や駅舎の棟に鳩よおやすみ/林桂

大棟へぬきし大爐や雪の堂/松瀬青々

雪起し一つ大きく棟緊まる/竹田菁雨

寒満月湯小屋の棟に鹿の角/福田蓼汀

屋の棟の五重にたゝむ桜哉/正岡子規

山彦の気配を棟に冬仕度/岡本まち子

弥勒寺の棟の左の山焼くる/河野静雲

救命棟煌々と灯り去年今年/水原春郎

お国訛り飛び交ふ秋の自炊棟/高澤良一

柿若葉山家の棟のやゝ秀づ/水原秋桜子

夜の棟に裾触り時雨亙りけり/石塚友二

すみれ一握病舎全棟日に弛み/友岡子郷

赤棟蛇消えて伊那谿ふかくなり/石寒太

棟竜の反り峙てる夜寒かな/千代田葛彦

赤棟蛇躍つていたる墳墓かな/金子兜太

俳句例:61句目~

兜棟神のゆかしさ霧を継ぎ/河野多希女

屋の棟や草にからまる朝の霧/正岡子規

冬の釣堀ちかくに獄の処刑棟/松村蒼石

初風呂は修善寺温泉数寄屋棟/磯野充伯

蕗の薹踏まれて棟木上りけり/江戸一江

棟並みに積める割木や春の風/西山泊雲

墨の香や鳩をのせゐる夏至の棟/上村占

自炊棟ありし辺りは皆すすき/高澤良一

屋の棟に鳩のならびし小春哉/正岡子規

大棟を辷りさす旭や花柘榴/楠目橙黄子

秋晴れの肌着を干せり自炊棟/高澤良一

棟寄せてくらがり峠小鳥来る/犬童冴子

屋の棟や春風鳴つて白羽の矢/夏目漱石

河童忌や棟に鳴き入る夜の蝉/内田百間

箱棟の寺紋きらめく寒日和/高崎恵久子

重陽や温室の七棟灯ともりて/加藤草杖

鍵の字に湯治棟あり初すすき/高澤良一

棟越しの木々夕焼けて秋の風/富田木歩

青葉木菟炊飯棟に灯の入り/竹川セツ子

魑魅来て夜毎の棟に腰かくる/横山白虹

俳句例:81句目~

鶺鴒の棟に尾をふる桃の花/瀧澤伊代次

屋の棟に鳩ならび居る小春かな/正岡子規

睡蓮は大方むらさきアマゾン棟/高澤良一

梅雨寒やこの頃棟にゐつく鳥/大須賀乙字

孵りし声の棟や雀の現れ翔てり/原田種茅

学舎に古りし棟ありつばくらめ/石塚友二

入日濃くなりまさる棟や冬木風/富田木歩

春の日や一ッ時ほどに棟を上げ/野村喜舟

沙羅の雨汗牛充棟を恥部とする/下村槐太

棟の影地に尖りある干飯かな/吉岡禅寺洞

棟に乗る龍が見下ろし鰯市/長谷川かな女

放生池たたかふ意志の山棟蛇/つじ加代子

手づくりの聖樹華やぐ小児棟/金城百合子

地の窪に屋の棟見ゆる冬野かな/岩木躑躅

身に入むや湯気立つ牧の治療棟/佐伯星子

かげろふや棟も沈める茅の屋根/芥川龍之介

大寺の棟より霽れてうちはまき/柴山しげの

家の棟に沁みてつくつく法師かな/石塚友二

二タ棟の屋根に散り敷き栃の花/中田みづほ

味噌蔵の棟のつづきの麦あをむ/伊藤いと子

タイトルとURLをコピーしました