爺を使用した俳句

爺に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

爺を含む俳句例

常念も爺も峙つ雪の果/澄雄

氷店爺と婆ゐて婆出て来/小澤實

爺と婆布子着てをり別れ霜/瀧春一

婆よりも爺のひそけき早苗村/澄雄

向日葵の高きに爺の肩車/中川和子

螽焼く爺の話や嘘だらけ/正岡子規

日向ぼこ子犬と孫と爺と婆/伊藤勉

彎曲し二百十日の爺婆よ/齋藤愼爾

御正忌の飯炊き爺の長煙管/志奈子

竹藪あり爺婆をりて初雀/山口青邨

元旦や爺と婆とが子宝湯/後藤綾子

春の夜や京の大路の化爺/正岡子規

ゑひ泣の老爺うたてや年忘/松瀬青々

爺が行水のあと婆が洗濯や/鵜沢四丁

さし艾ともす老爺を生身魂/松瀬青々

鮟肝に目尻を下げぬ好々爺/高澤良一

竹馬に乗つて爺に見せにゆく/松本旭

どの組も爺婆付きの七五三/高澤良一

雪形の種撒き爺や鎌を研ぐ/堀越鈴子

陽炎や昼寝の爺の白髪なり/正岡子規

俳句例:21句目~

降られけり十夜帰りを爺と嫗/黛鏑川

にごり酒爺が自慢の秋田犬/佐藤牧羊

衣更着や爺が紙衣の衣がへ/正岡子規

川狩や念珠みえたる爺の腰/綾部仁喜

爺は釣婆は念仏の春日かな/正岡子規

恐る恐る花見る爺や丸の内/正岡子規

七十の爺がかしらや早苗取/石塚友二

上簇期爺診て爺に送られし/金子千侍

麦蒔もして子孝行爺と婆/小原菁々子

藁に寝て子牛守る爺神楽宿/田中英子

六夜様婆にまじりて爺一人/斎藤青山

冬晴れや庭来る爺は吾が姿/野村喜舟

爺婆無臭無温首折る千枚田/国しげ彦

爺婆の蠢き出づる彼岸かな/内藤鳴雪

蕗のとう一年爺は病んで喃/古沢太穂

昔爺と婆と住みけり桃の花/正岡子規

唐辛子ぐいぐい曲り爺婆村/熊谷愛子

豆刈つて洞爺の湖の藍深む/竹中恭子

女生徒に爺の咲かせし花の雲/楠節子

春天を降り立つごとし爺杉/平井照敏

俳句例:41句目~

婆杉は失せて爺杉梅雨深し/細川加賀

爺さまの口許に似て隼人瓜/高澤良一

木耳や爺と婆とに病増え/滝沢伊代次

小溝澄む真昼老爺の白絣/柴田白葉女

爺と婆手つなぎ四万六千日/菖蒲あや

秋近き洞爺の大に身を置きぬ/林原耒井

その君が薬掘りとは爺むさい/高澤良一

御社壇に小春の爺が腰かけて/正岡子規

ステテコや湯滝に通ふ爺仲間/遠藤梧逸

一島を売りに出されて爺脱皮/玉乃井明

初あらし洞爺は大き湖なれば/林原耒井

初電話爺と婆になりました/赤坂芙美江

をうをうと爺が鳥呼ぶ菜種梅雨/原田喬

婆依怙地爺臍曲がりのつぺ汁/川村紫陽

子守爺いままでゐたる茂かな/飯島晴子

小春日や又この背戸も爺と婆/正岡子規

山焼きの爺を鬼爺と思ひけり/正岡子規

岩海苔を掻きに爺婆走りけり/矢島渚男

月涼しといへる老爺が達者哉/尾崎紅葉

絵馬堂の子守爺婆々冬ぬくし/河野静雲

俳句例:61句目~

武甲山晴れて爺似の桑の瘤/内藤とし子

爺の背に負はれて冬田何もなし/森澄雄

爺婆に水車とまりし雪ごもり/山崎秋穂

爺婆の美しき田を植えにけり/久米正雄

瘤爺の山焼く火をぞ放ちけり/野村喜舟

盆前のこんにやく畑爺が出て/大石悦子

祭見やこぶの爺のあこにをる/高野素十

老爺老婆共に杖突き風の弥生/原子公平

花むしろ踊れる婆々に爺不興/河野静雲

藁塚も老爺の影ひく日暮れ刻/海上晴安

藻屑拾ふ老爺か老婆なる孤り/成田千空

道問へば頬被り解く老爺かな/森田英夫

酒酌んで壷となりたき爺夜長/椎野順子

雪形の蝶よ爺よと田水張る/笠原蜻蛉子

鶴首の爺来て清水すこし飲む/嶋田麻紀

百万遍数取り爺のちやんちやんこ/平岩静

爺と婆と江戸見に行くや綿帽子/正岡子規

啜るたび爺むさくなるとろろ飯/高澤良一

河豚料る爺と婆でありにけり/小原菁々子

色鳥来爺さん婆さんぱりつとす/武田伸一

俳句例:81句目~

爺に水かけてよろこび水遊び/石井とし夫

千国雪来と爺のもてなし隼人瓜/柳沢芳子

八目鰻捕る川の向かうの頑固爺/高澤良一

炉ばなしの盛りすり寄る爺の膝/影島智子

今年も亦爺が南瓜を召されける/寺田寅彦

お使ひはさらし鯨よ爺ちゃん子/高澤良一

泣けぬ爺ばかりのベンチ八重桜/熊谷愛子

爺さまの意地の悪さよ涼しさよ/筑紫磐井

雪舞ふ日老爺橇曳き町さまよふ/岡田日郎

しぎ焼に爺婆の箸出合ひけり/大木あまり

慈恩寺の爺と婆の舞や稚児桜/阿部トヨ子

真菰編む爺婆が居て星とべり/長谷川かな女

岩牡蠣のやうな爺ゐてさざえ売る/高澤良一

ひよんの実に自問自答の阿爺かな/垣上鶯池

掘りて昏れぬ爺もろとも八つ頭/山田みづえ

面掛けの出を待つ「爺」と椨の瘤/高澤良一

爺ちやんにもらふ皺くちやお年玉/木田千女

死の家遠見に舟漕ぐばかり老爺の手/伊丹公子

種案山子死んだ爺様に似てをられ/竹南寺摩耶

炉辺の婆々おつゝけ爺が帰るといふ/鈴木花蓑

タイトルとURLをコピーしました