地下街を使用した俳句

地下街に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

地下街を含む俳句例

地下街に鮮鮮菜文化の日/鷹羽狩行

地下街も海も混沌春の雪/長谷川櫂

地下街の没日の色の金かな/秋元倫

地下街に灯る小祠一の午/三谷蘭の秋

地下街へ続く階段蝿生まる/橋高辰男

一駅分地下街歩く無月かな/能村研三

地下街の日暮混み合ふ青目刺/神崎忠

地下街に円柱あまたあり盛夏/皆吉司

地下街の柱の孤独去年今年/戸板幽詩

地下街に川の流れて虫売らる/杉本寛

夏の昼地下街に来てになる/谷口亜岐夫

閉店の地下街に止む造り滝/小松世史子

オカリナの少年雪の夜の地下街/石寒太

地下街にミニ丼食ふべ一葉忌/元池静子

地下街に十字路のあり社会鍋/藤陵紫泡

地下街の列柱五月来たりけり/奧坂まや

地下街の禽鋪ことなく秋出水/宮武寒々

地下街は何處へも通ず松の内/高澤良一

地下街も旅をゆくみち秋の暮/皆吉爽雨

地下街を出て炎天に翅音あり/奥坂まや

俳句例:21句目~

はつなつの地下街にゐて酢の匂ひ/石寒太

地下街を出て木枯に突き当たる/岸原清行

地下街を行く水のあり晶子の忌/松原良介

母に売られて白い地下街飾る私/阿部完市

ぼんたんを抱え地下街迷路なり/遠藤郁子

ガラス箱のあおい族となる地下街/飯塚明子

地下街を地下に落葉の街を行く/金箱戈止夫

地下街の香を抜けきたり秋の暮/八木林之介

奈良県になき地下街よクリスマス/右城暮石

赤い海星焦げる日傘の舞う地下街/久保純夫

地下街やはしりの牡蠣の身をゆるめ/宮津昭彦

食べものの地下街子規忌過ぎゆくも/秋元不死男

ひしめく地下街/どの貌にも目鼻がない/杉原明雄

タイトルとURLをコピーしました