呼吸を使用した俳句

呼吸に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

呼吸を含む俳句例

船傾ぎ阿吽の呼吸鮪釣る/楓巌濤

金田の静寂万の呼吸音/塩川雄三

春天や呼吸きれいな松続く/井上恵

満月光液体は呼吸する/富澤赤黄男

いねつむや通ふ呼吸も柳より/元夢

掌中の蛍に呼吸合せをり/園部雨汀

満月光液体は呼吸する/富澤赤黄男

鰓呼吸して一片の夏の雲/山口邦子

胎児いまの呼吸や冬銀河/辻美奈子

鳥食のわが呼吸音油照り/佐藤鬼房

人が呼吸する陸で火の匂い/佐藤佳希

快楽ともいま十呼吸一雷火/藤田湘子

羽抜鶏天地の間に呼吸して/栗林千津

寒鯉の呼吸大きく秤られし/酒井智代

椿餅呼吸運動ひとやすみ/石田あき子

凩と父の呼吸の鬩ぐに耐へ/野澤節子

消防車群れゆく呼吸困難裡/石田波郷

神々の呼吸紅葉の中に聴く/岡村行雄

白菜の呼吸仏事の深みにて/栗林千津

放生会我にもありし鰓呼吸/村田明博

俳句例:21句目~

海峡や寒夜の鏡が呼吸盗む/寺田京子

室冷えびえ漆器の呼吸安らかに/林翔

満開の森の陰部の鰓呼吸/八木三日女

雪降るや紙人形の紙の呼吸/滝井清子

穂芒に風の呼吸の見えてをり/山田弘子

七尋や十尋の底へ落花の呼吸/橋本夢道

亀鳴くごとき呼吸音咽喉にあり/森澄雄

過呼吸の少女吐き出す秋の虹/坂間恒子

椎の実のみしりと太る呼吸器科/大畑等

あぢさゐの海に溺れて鰓呼吸/伊藤敦子

果樹園や呼吸はげしき剪定後/豊口陽子

深梅雨の暗い呼吸して寺障子/松村蒼石

螢追ふ螢と呼吸同じくして/青柳志解樹

若芝ゆく猫の呼吸を二階より/桜井博道

幻化の呼吸整う月下の人形師/伊丹公子

その辺の呼吸呑み込み松手入/高澤良一

蜻蛉の羽化に呼吸を合せたり/高見岳子

母看取る夜は冬芽と呼吸して/小林みさ

腹呼吸して水芭蕉水たたむ/諸角せつ子

胸ふかく呼吸せよ欅みな太し/古沢太穂

俳句例:41句目~

樹氷林男追うには呼吸足りぬ/寺田京子

冬という文字忽ち呼吸困難よ/阿部完市

スキー術変な呼吸がいゝ呼吸/京極杞陽

冬の雨花屋の全身呼吸かな/津田このみ

呼吸惜しむ老にひとひらづつ落葉/林翔

呼吸あらく地を抱き泉口づけに/栗生純夫

呼吸は吐くことが大事や水仙花/石田波郷

問答のしばしみほとけ呼吸せる/和田悟朗

急坂を来し呼吸見せず蜜柑採る/津田清子

投扇の呼吸といふを見たるかな/山田弘子

早春とは母に呼吸のありしこと/森田緑郎

最果てに凍てし地球の皮膚呼吸/樽谷俊彦

むささびや日没以後のわが呼吸/遠山陽子

桐の花傷深ければ呼吸溜める/河野多希女

次の間が呼吸はじめる二月かな/山本敏倖

炎天のとかげのわれを知る呼吸/秋山牧車

炎天へ出る身構へのひと呼吸/阿部美恵子

硫黄回路に蝶とぶ細い風の呼吸/伊丹公子

秋の暮薪割りおえし呼吸きこゆ/古沢太穂

秋風をこんな呼吸で詠めと逝く/高澤良一

俳句例:61句目~

麦湯呑む妻との呼吸合うて来ぬ/高澤良一

胎の子と一つ呼吸に端居せる/上田日差子

転倒といふにも呼吸スキーする/依田秋葭

きりぎりす赤子の呼吸見てをりぬ/日原傳

錦木やいまひと呼吸すれば散る/岩坪英子

除夜の鐘撞く一と呼吸二た呼吸/後藤一秋

さわさわと蓮華開花の呼吸整ふ/向笠和子

霜の起伏一呼吸二呼吸三呼吸/藤村多加夫

鬼灯の蝕むひと日ひと日呼吸す/岩田昌寿

マヌカンの呼吸毛皮に埋もれて/品川鈴子

初法鼓おのれの呼吸かぞへけり/目時行雲

越前海女の長き一と呼吸落花の風/橋本夢道

うぐいすの肺ひと呼吸に五色なす/橋本夢道

口でする呼吸は味なし口かはく/川島彷徨子

花に呼吸の通ひあるかや梅鉢草/桜園千代女

はくれんの阿吽の呼吸咲き出すか/高澤良一

山茶花と同じ呼吸して戻りけり/徳永紀美子

枯れ果てし呼吸の中なる寒牡丹/山上樹実雄

子の呼吸の笛のおさらい鳳仙花/工藤眞智子

呼吸はげしく盆路作る暮れてなほ/大野林火

俳句例:81句目~

秩父山車曳く灯の海の呼吸づきに/小谷舜花

翔ちざまの白鳥や呼吸統べて雪/諸角せつ子

うたかたの呼吸してゐる海月かな/福島晶子

えいのように豪雨の宿は呼吸せり/大西健司

呼吸さえ真つ赤に染める夕焼けよ/長田聡子

梵音と起るや一糸乱れず渦の呼吸/橋本夢道

春あけぼの胎児とひとつ呼吸せり/仙田洋子

熱帯近寄る眼と合ふ呼吸と合ふ/小口よね子

うぶ毛ありて温室の花呼吸しぬ/長谷川かな女

白南風にあらあらと皮膚呼吸かな/前田美智子

呼吸ととのう/菜の花明り/胸明り/折笠美秋

帯より上に成人の日の呼吸富めり/平井さち子

呼吸ととのう/菜の花明り/胸明り/折笠美秋

冷やかや呼吸のあはぬカードキー/鈴木しげを

大満月つぎが最後の呼吸かもしれぬ/折笠美秋

ふとももで呼吸しており秋の蝿/小野田あさみ

呼吸せぬ窓を見つめてアイス/ティー/吉原文音

ヘリオトロープ紫の呼吸ひそやかに/文挟夫佐恵

透ける洋蘭の呼吸音です植物園はいま/浅沼参三

深夜、静かに呼吸している点滴がある/住宅顕信

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました