奔流を使用した俳句

奔流に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

奔流を含む俳句例

若楓奔流町の端を過ぎ/桂信子

椿落ち奔流に紅葛藤す/河野南畦

安曇野の雪を貫く一奔流/細見綾子

春愁の一奔流に稿起す/赤松けい子

高鳴りの奔流めがけ囮鮎/吉井竹志

奔流の上に雨降る柳の芽/矢島渚男

奔流をこゆ十月の雨の雁/石原舟月

夕焼の奔流となり友の死へ/穴井太

奔流や春山の闇のがれんと/瀧春一

麦秋や奔流谷を出で来る/山口誓子

身を投ず四万六千日の奔流に/的野雄

餅に搗く蓬奔流しそめけり/皆吉爽雨

下り簗一奔流のたのもしき/高野素十

奔流となりゆく音の冬磧/佐久間慧子

吾立つや秋水いよゝ奔流し/大橋敦子

天にある風の奔流朴の花/大岳水一路

奔流にいでて日さむき桜狩/石原舟月

奔流の天の揺れをり時鳥/大岳水一路

奔流の如き移ろひ栗の花/小谷野利子

奔流の荒き水の香額の花/大岳水一路

俳句例:21句目~

奔流の迅さ変らず蛇呑んで/河合凱夫

奔流や冷えしぞ初夏の蕨汁/渡辺水巴

水馬つと奔流に打って出ぬ/高澤良一

奔流をしりぞけ花の闇扁し/木村蕪城

日月は奔流に似て柳絮とぶ/梅本弥生

落鮎の奔流に乗る大雨あり/藤原如水

とりかぶと霧の奔流湖に消ゆ/堀口星眠

如月の青の奔流ヴィヴァルディ/原田喬

春惜しむ奔流に月さしわたり/石原舟月

本流を外れても奔流芦の花/三浦美津子

奔流に血噴き若鮎突かれけり/中島斌男

合歓青き実を奔流の上に垂れ/大橋敦子

天の川奔流もまた光る地上/北村開成蛙

奔流の遠音となりし山椒の実/斎藤梅子

寒燈下脈奔流のごとく摶ちぬ/中尾白雨

奔流の貫いている茂りかな/赤尾冨美子

乗りもする草の奔流青き踏む/皆吉爽雨

鮎落ちてよりの奔流寒狭川/鈴木みや子

鮎釣るや奔流腿で押しつづけ/庄中健吉

支流より奔流へ翔ぶ蒲穂絮/羽鳥つねを

俳句例:41句目~

春りんだう奔流のごと霧去りぬ/米谷静二

濁る奔流いづれの山を削り来し/大高弘達

鮎釣るや奔流に岩さかのぼる/秋元不死男

プール放水奔流なすに沿ひて帰る/田中灯京

奔流のあをふかければ春遅々と/伊藤いと子

木の芽してやゝ奔流をなしにけり/小杉余子

タイトルとURLをコピーしました