花祭りを使用した俳句

花祭りに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

花祭りを含む俳句例

公照の泥佛あり花祭/塩川雄三

谷汲の撒餅拾ふ花祭/橋本珠見

寺町や背中合せに花祭/三溝沙美

幔幕を鳩の汚せる花祭/高橋勇三

廻廊に地獄絵並ぶ花祭/佐藤石花

胎内に母音のこだま花祭/橋口等

陸橋の没日巨きな花祭/石原舟月

先生の先生の忌は花祭/山名愛三

講の衆まつ先に来て花祭/漣/湖山

裏山へ帰る子のあり花祭/小川鴻翔

花祭稚児の眉墨太かりき/村山敏行

はなびらが金属破片花祭/三村凪彦

理髪師のけふも善人花祭/大部哲也

花祭近しや宙に嶺が出て/宮坂静生

花祭薄く削がれて女の咳/楠本憲吉

旧正や三河も果の花祭/志摩芳次郎

花祭稚児の口みな一文字/明石志園

太古の火太古の闇や花祭/馬場駿吉

白象が大橋渡る花まつり/前田圭史

雨はまだ山に残りし花祭/横木愛子

俳句例:21句目~

枝先へ走る蕾や梅花祭/山田ひろむ

通辞われ仏典を繰り花祭/横山山人

象の鼻少し不出来や花祭/相原雨稲

花祭り三十三間堂もかな/川崎展宏

豆幹の篝火匂ふ花まつり/玉井玲子

花祭までの一ト月定期券/松尾隆信

塗り剥げし鉞振ふ花祭踊/村上冬燕

天上の母ここにあり花祭/山添安信

花祭美しき人間喜劇かな/阿部完市

河鹿笛競ひて花まつり前夜/樋笠文

花祭済みたる寺の広さかな/和田圭玄

花祭稚児白象の鼻を撫づ/岸/正儀子

花祭翁かこみて踊り初む/後藤紳一郎

花祭衆生済度の雨はげし/宇佐美叱風

行列の巨象は白し花まつり/西田穂村

街の天かもめまぶしく花祭/石原舟月

西陣の帯の売れゆき梅花祭/星島野風

見まはしてわれは男や花祭/桑原三郎

道草をしてゐる象や花祭/寺井美津子

雪積むや夜を日に三河花祭/岡島礁雨

俳句例:41句目~

青獅子の文殊菩薩や花祭/加藤三七子

鹿も居る南円堂の花まつり/河野史朗

鼻筋は紅ひくために花まつり/大牧広

仏とはにんべんなりし花祭/松田都青

出番待つ鬼が酔ひをり花祭/山田洋々

地獄図に子の集まりて花祭/星多希子

婆々の髪お花祭の花かざし/河野静雲

寺の名で僧が呼ばるる花祭/大山/茂

山々に鐘こだまして花祭/阿部タミ子

峡空に一白煙の花祭の果て/友岡子郷

昼の月ほのと懸りて梅花祭/堀井英子

村捨てた人還りきて花祭/石黒永楽子

松蝉の声の嗄れたる花祭/吉武月二郎

梅の枝剪られて冥利梅花祭/原山英士

梅花祭舞妓の髪に雪が降る/尼崎たか

田の人の長靴赤し花まつり/今野福子

稚児みなの帯は絞りの花祭/成田耕作

象の綱伸びてすすめり花祭/村尾公羽

花まつり心に祖を祀りけり/影島智子

花祭り舞処に散らす榊の葉/安田建司

俳句例:61句目~

花祭り鬼が草鞋の泥ぬぐふ/片山浮葉

花祭後れじと蹤く風の稚子/石塚友二

三河花祭の薪を今朝は割る/田中午次郎

花祭果てゝまた村口の古き樫/友岡子郷

寺の灯の彩を殖やして花祭り/深谷/保

花簪挿して婆どち花まつり/小原菁々子

手を引く児なくて来合す花祭/嶋田麻紀

深酒の寝息も花祭の笛に通ふ/友岡子郷

花祭踊る設楽の真闇雪降らす/村上冬燕

よべの雪檜皮にのこり梅花祭/大橋敦子

わらべらに天かがやきて花祭/飯田蛇笏

花まつり母と相合傘さして/成瀬桜桃子

母の背に眠る稚児あり花祭/柏谷さち子

ブリキなる象の耳揺れ花祭/柳原控七郎

花まつり過ぎたる川に沙蚕掘る/森重昭

花まつり母の背ぬくし風甘し/楠本憲吉

旅先へ父の忌めぐる花まつり/桂樟蹊子

花まつり蔵より出でて女の子/鈴木鷹夫

象の背をころがる水や花祭/石田由美枝

僧もする稚児の化粧や花祭/石田雨圃子

俳句例:81句目~

信心の母に雨降る花まつり/西嶋あさ子

五六人子供が居りて花まつり/白石峰子

三河花祭の鬼のほほゑまし/成瀬正とし

花まつり人々は影踏みあひて/飯島晴子

静かなる山の御堂の花まつり/高木晴子

鬼部屋は男の子ばかりや花祭/浜島君江

鳶は舞ひ鴉は流れ花まつり/大峯あきら

花祭みづやまの塔そびえたり/飯田蛇笏

花祭の白象生死無限にして/長谷川かな女

茄子苗の本堂にある花まつり/藤田あけ烏

寺屋根の深くかぶさる花まつり/福嶋延子

花祭いつか日傘を忘れし寺/阿部みどり女

花祭とていそがしき三河びと/瀬戸口民帆

花まつり仏のかぎり灯ともして/山田孝子

あめつちの濡れてにほへる花祭/市川花庭

たましいのひとつは離れ花祭/干田てつを

ほの湿る寺の円柱花まつり/鍵和田ゆう子

遠目にも禰宜の白冴え梅花祭/伊丹三樹彦

まぼろしの少年を踏む花まつり/攝津幸彦

花祭稚児出てくるはでてくるは/阿部杉風

タイトルとURLをコピーしました