真砂(まさご)を使用した俳句

真砂(まさご)に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

真砂(まさご)を含む俳句例

秋雨や真砂の中の潦/西山泊雲

浜明けて真砂驚く花火殻/高澤良一

神の春真砂に玉の響あり/尾崎紅葉

ふり海鼠なり浜の詠めの真砂原/調機

万歳の口や真砂は尽きるとも/千代尼

尺蠖の真砂に落ちて怒りけり/日原傳

引汐に小貝の氷る真砂かな/藤野古白

汐に沈む真砂と小草月明り/松村蒼石

湧き水の真砂のひかり葱洗ふ/原孜志

潮交る真砂を摺つて鮎下る/松村蒼石

真砂地に菊のあるゝや浜庇/松瀬青々

福寿草ひらきてこぼす真砂かな/鶏二

雲あひの真砂の星や秋の空/飯田蛇笏

初凪の伊良湖恋路という真砂/山田亀城

御料紙の金銀真砂筆はじめ/中島知恵子

曲水の踵の真砂はらひけり/小林喜一郎

海見えて真砂路遠き散歩かな/尾崎紅葉

真砂とる篭揺れてゐる夏木立/小出穎太

真砂までてりしく園の紅葉哉/松岡青蘿

関白の座に春眩し敷真砂/長谷川かな女

俳句例:21句目~

篩ひたる如きまさごや蟻地獄/山本歩禅

まさご路や陽炎を追波がしら/高井几董

一月の松や真白き真砂ふむ/鍵和田ゆう子

白真砂すこしこぼれて若茱籠/甲斐すず江

真砂踏むよさを知りたる跣の子/高澤良一

遊船や真砂座見えて橋の下/長谷川零餘子

行く春や真砂掬うて須磨にあり/岡部六弥太

はますげやまさごのなかの筒井筒/吉田冬葉

巌海苔の能登の真砂を噛みあてし/石田あき子

陽炎や真砂の上の莚切れ/山梔子第一句集/岩谷山梔子

どんなくらしの事情も切り離しまるで真砂のように吹きつのる雪の力/橋本夢道

タイトルとURLをコピーしました