無色を使用した俳句

無色に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

無色を含む俳句例

鉱毒は無色透明滴れり/津田清子

片栗の群落にゐて妻無色/清水逍径

瞳の中の砂粒無色特車隊/阿部完市

霧氷林無色無音の時の中/川崎俊子

殺到する汐の青さに水母無色/内藤吐天

火の酒の無色透明雪催/いはらきようこ

熔接の火花無色となる炎暑/横溝やす子

冬の草誕生石の無色なれば/長谷川かな女

春ともし重ねし蹉跌もう無色/下山田禮子

氷岳の見える病院コップの無色/伊丹公子

髪洗うあとは無色になりたくて/平田亜希

画展出ていつもの無色梅雨の街/八牧美喜子

眼を病んで無色の扉あやすなり/野路斗志子

紫陽花となるまではただ無色かな/平井照敏

艶に無色や田打ちつづけて解くる帯/草田男

飾りして無色無人のランドリー/郡山やゑ子

タイトルとURLをコピーしました