赤松を使用した俳句

赤松に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

赤松を含む俳句例

茸狩や赤松林に夕日さす/瀾水

赤松も今濃き虹の中に入る/汀女

朝焼の赤松林斑鳩鳴く/小崎/緑

赤松や急ぐ落葉の桜樅/杉山岳陽

秋西日赤松並ぶ幹の朱/寺田寅彦

元日や赤松山の道祖神/廣瀬直人

赤松や峠は春の雪とべる/有働亨

永き日の赤松皮を落しけり/森優子

蝉しぐれ赤松多き鶴ヶ城/田畑/龍

赤松の幹に力や秋彼岸/片山由美子

三光鳥百の赤松みな響く/脇本星浪

赤松に秋の陽赤と鹿苑寺/高澤良一

赤松の二階の景やとろろ汁/上村占

卯辰山赤松の色梅雨かな/滝井孝作

赤松の山の秋の日四十雀/岡井省二

赤松の幹の二タ股鳥渡る/井上康明

赤松の幹の四五本大西日/工藤芳久

赤松の幹の明るき秋彼岸/矢島房利

赤松の幹をのこせる夏の暮/堤保徳

巣箱懸け穂高赤松天然林/高澤良一

俳句例:21句目~

照鷽や赤松しるき神の山/伊藤白潮

赤松の影の直立夏座敷/根本登志子

新涼の赤松の幹数へられ/西村和子

赤松の林明るき緑雨かな/山口耕堂

赤松の冬の切株血潮さす/渡辺恭子

赤松の秋の日暮の真宗寺/高澤良一

赤松の高きに日差冬隣/藤田あけ烏

赤松は疵を走らせ秋深む/依光陽子

赤松や鳴る凩の幾重なる/池田澄子

残雪に赤松は幹赭く赭く/高澤良一

赤松に雪吹きつけて伊吹山/上村占

赤松に海のひかりぞ代田掻/中拓夫

遠照りに赤松の幹秋の蝉/西村公鳳

野火止に赤松多し初松籟/沢木欣一

赤松に添水の音や朗たり朗/辻桃子

赤松の幹に日の射し土用波/澤本三乗

ちかよせて赤松山に春の雪/石川桂郎

赤松のすこぶる赤し十夜寺/高澤良一

初霞して赤松のうるほへり/伊藤通明

赤松に対す秩父の暑に対す/高澤良一

俳句例:41句目~

夕凪村赤松がまづ赤くなり/桜井博道

天皇陵寒の赤松伐られあり/大石悦子

赤松の山の迫り出す麦の秋/竹中龍青

抽んづる赤松蝉を集めをり/高澤良一

赤松に寒暁の日を刻みたる/西村和子

赤松に小雀群れゐる秋声忌/前田時余

赤松のすぐれし寺の盆用意/広瀬直人

本丸の赤松の反り冷まじや/高澤良一

赤松のかゝぐ日曇り山椒喰/新井英子

法師蝉赤松の幹いまほてる/桜井博道

幹照らしあふ赤松の秋の声/脇本星浪

赤松に何の鳥鳴く雪しぐれ/日美清史

赤松に冬日押し照る豪徳寺/高澤良一

赤松の根に蟇がをり冬了る/原けんじ

赤松の気儘に芯は真直ぐに/高橋繁喜

雪雲の赤松鮮やかに友と逢ふ/中拓夫

蛇交み赤松の空たはみけり/菅原鬨也

赤松の美林にやませ忍び足/高澤良一

赤松の肌濃くなせり十二月/長島生一

赤松の赤に見惚るる半夏生/沢木欣一

俳句例:61句目~

赤松につゞく黒松浜の秋/瀧澤伊代次

菊戴赤松に来て実を啄む/小谷野秀樹

赤松は躍れる木なり七日粥/宮坂静生

赤松に飛札のごとき蝶を見し/上村占

秋風の古塔赤松と影交はし/松村蒼石

秋の城山は赤松ばかりかな/正岡子規

赤松のわけても秋日当る幹/高澤良一

赤松を杉より離す春の雨/蓬田紀枝子

赤松を照らす月あり松の内/黒川憲三

赤松の幹照り翳り蔦紅葉/小川濤美子

赤松の影あきらかや夕清水/野村泊月

雪折れの赤松匂ふ白馬村/阿部すず枝

稲妻射すたびに赤松裏日本/加倉井秋を

西瓜喰うとき赤松を運び去る/和知喜八

赤松に柞もみぢの散りいそぐ/杉山岳陽

赤松の罅冴え返る女人講/鍵和田ゆう子

赤松に桜もみぢのちりぬるを/杉山岳陽

赤松に湯気のまつはる大根焚/小林篤子

赤松の芽立の雨に駒は臥す/石橋辰之助

赤松の西日を歩む源義の忌/小島千架子

俳句例:81句目~

赤松の幹に日あたる出開帳/大信田梢月

赤松の赤を覚まして牡丹雪/蓬田紀枝子

赤松に黒揚羽くる不思議かな/金子兜太

赤松は冬も恋するや青くして/細谷源二

赤松の中ひとりゆく墓参かな/北野民夫

亀鳴くや土手に赤松暮れ残り/内田百間

赤松は霧に捲かれて愛されて/宮坂静生

赤松の淑気を塔とともにせる/宮津昭彦

唐沢や赤松千本凍てゆるむ/簑和田孝子

国分尼寺跡赤松に稲妻が欲し/永島靖子

春霜や赤松は丈惜しまざる/下條杜志子

暑き日や赤松の幹相寄らず/千代田葛彦

梅雨の家老女を赤松が照らす/金子兜太

氷る池日は赤松の幹にあり/高橋テイ子

赤松を縞蛇のぼる目出たしや/金子兜太

沖つ浪赤松に梅雨あがるらし/遠山陽子

爐開や赤松子われを待ち盡す/正岡子規

赤松の根に雪のこる釈奠祭/大信田梢月

赤松は鳴りて汚れず胡沙ふる中/及川貞

日を載せて赤松の冬をはりけり/藤田湘子

タイトルとURLをコピーしました