注射を使用した俳句

注射に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

注射を含む俳句例

注射器に騰る鮮血鵙黙せ/野澤節子

末枯や身に百千の注射痕/日野草城

春燈に読む十五分注射終へ/相馬遷子

梅雨深し學童千の注射終へ/相馬遷子

注射針ぬうっと太き昼寝覚/高澤良一

古びたる注射針をも針供養/瀧澤伊代次

検便も注射も秋の暑さかな/大場白水郎

注射うつ袖うら赤し小正月/石井真理子

注射器具朝は涼しき音たつる/朝倉和江

長き日よ点滴注射さらに長く/相馬遷子

大泣きをして注射の子木の芽時/木村幸代

扉神見つつコレラの注射うく/千代田葛彦

春を待つ渡航の注射終へし腕/田川飛旅子

泣初の注射にぎはふはやり風邪/三嶋隆英

注射効くからたち空へ棘こぞり/河野南畦

注射針の痛さに馴れし小暑かな/日笠靖子

注射針剌すに秋光冷ゆるなり/小松崎爽青

注射針憎し温室花眼に沁みる/柴田白葉女

点滴注射明日より減るよ桃の花/相馬遷子

祇園祭シャツと注射の空気抜く/松本恭子

俳句例:21句目~

臀出して注射されをり神の留守/清水基吉

風邪の牛ごぼごぼ減らす注射液/右城暮石

さくらしづか身に一点の注射あと/野澤節子

医者ぎらひ注射ぎらひの日向ぼこ/武田忠男

注射し守る炎昼石廊に臥しいるを/古沢太穂

注射器に昂まる花びらのマニラ湾/攝津幸彦

注射器へあいまいな血の流れ込む/中村安伸

祇園祭/シュツと注射の空気抜く/松本恭子

立秋の肌さらさらと注射受く/阿部みどり女

細る身の注射責めなる遅日かな/加藤知世子

起重機を下りきてコレラ注射受く/亀井糸游

貨車の間にかたまりコレラ注射受く/亀井糸游

栄坊は注射もされず死んで二畳で昼寝のよう/橋本夢道

タイトルとURLをコピーしました