真下/を使用した俳句

真下/に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

真下/を含む俳句例

砧打つ星の真下に外厠/春樹

初蛙笛吹峠の真下より/山口素基

去年今年航路真下の旅の町/龍太

神燈の真下のくらさ夕霰/桂信子

星林の真下に庵年の果/小澤克己

灯台の真下に鰤の定置網/辻貞枝

大杉の真下を通る帰省かな/黛執

天道の真下人道柳散る/和田悟朗

真下なる天龍川や蕨狩/富安風生

夏萩や城の真下の理髪店/中沢律江

舟宿を坂の真下に冬の菊/斎藤梅子

病窓の真下に河原月夜かな/今村青

勧請縄真下に風の冬菜畑/関戸靖子

聖鐘の塔の真下の雪の白/村越化石

昼の月白し真下の寒牡丹/有馬朗人

祭半纏干さるる真下猫眠る/石寒太

世阿弥の手巌の真下より泉/中田剛

夏茱萸の真下に熟す昔話/村上幸恵

深息をして紅梅の真下なり/北崎武

夕迫る海が真下ぞ木守柿/飯田龍太

俳句例:21句目~

炊飯の陣雪渓の真下にて/小原康司

布団干す真下雪代川走り/石田勝彦

船津屋の軒の真下の白汲/黒田杏子

花曇り塔の真下に時疾し/和田悟朗

落蝉の一つは玄関灯真下/高澤良一

赤椿咲きし真下へ落ちにけり/暁台

霞から真下に下す雲雀哉/正岡子規

鳥交る真下長身磨崖仏/九鬼あきゑ

台風の塔の真下の田螺かな/宮岡計次

城山の真下の闇を鵜舟過ぐ/松井利彦

爆音の真下に居たり梅雨鯰/船越淑子

篝火の真下の荒鵜潜りづめ/宮坂静生

お茶室の真下の水や菱紅葉/高木晴子

扇風機廻る真下の席に著く/高濱年尾

樫鳥や真下切り立つ油壺/鈴木寿美子

峠より眞下におろす野分哉/正岡子規

大虹の真下に黒人街ありぬ/対馬康子

背泳ぎをして鉄橋の真下過ぐ/長田等

太陽の真下に澄めり凧/阿部みどり女

冬紅葉湖を真下の乳薬師/塩澤美津女

俳句例:41句目~

浅草の靴屋は月の真下なる/斉藤夏風

梟のその真下にて星座狩り/市川英一

寒緋桜ひらく真下の猫の神/白澤良子

さへづりの真下働く郵便夫/高橋/清

岩国の城の真下の鵜飼かな/葛西節子

睡蓮や花の真下の水の闇/八幡より子

み仏の真下蟻呑む地獄かな/石河義介

満月の真下の杳と鍵の穴/津沢マサ子

真下のみ照らす駅燈牡丹雪/右城暮石

灯台を真下に山帰来の花/平井伊都子

白鳳の塔の真下の田螺かな/宮岡計次

生きものの泡枯蓮の真下より/長田等

釣鐘の真下恐ろし五月闇/高橋千恵子

雪渓の真下に駒ヶ岳神社/後藤比奈夫

瓢棚真下に瀬音ありにけり/樋口桂紅

風鈴の真下の川を夜舟かな/鈴木鷹夫

飛行船の真下に春の愁かな/飯島晴子

飯に箸立て春月の真下なる/斎藤梅子

魂棚の真下にありて母の膝/吉田汀史

鰤舟のかかる青海真下にす/山口青邨

俳句例:61句目~

鰺刺の真下に海女が頼む礁/桂樟蹊子

爽涼の湖を真下に懺悔台/下村ひろし

黒木御所真下に荒ぶ飛の海/観山繁子

鐘撞くや眞下の青田震ふまで/上村占

真下より見てゐる真日の滝柱/吉田紫乃

繭玉の真下いちにち素顔にて/角川照子

かりがねや塔の真下の池浚ふ/角川春樹

オリオンの真下春立つ雪の宿/前田普羅

ヒマラヤの星の真下の夢枕/伊丹三樹彦

蜂の巣の真下少女の濡れ着あり/今井聖

外燈の真下に雪を掻き寄せし/行方克己

大富士の真下にひろげ桜えび/浅場芳子

子が遊ぶ白夜の塔の真下かな/佐川広治

寒泳のかたまり泳ぐ日の真下/細川加賀

寒灯の真下に据ゑて面打てり/三森鉄治

年老いた銀河の真下白雨かな/三浦北曲

春聯の真下なる席を賜りぬ/能村登四郎

駅時計の真下にゐたり十二月/北野平八

松露掻く真下の波の白さかな/金井典子

歩哨死す/一番星が出た真下/星永文夫

俳句例:81句目~

雪痕の真下の火の手山を焼く/井沢正江

灯台の真下ばうばうたる眠り/中村苑子

田を鋤くや橘寺の真下より/小澤満佐子

百合の壺匂ふ真下に濃き珈琲/吉屋信子

銀河濃しその真下にて愛さるる/佐治英子

虹の輪の真下に我と娘と胎児/石崎多寿子

聖誕歌ネオン真下に闇溜めて/平井さち子

せせらぎは臭木の花の真下より/柳沢柳枝

オリオンの真下に熱き稿起こす/小澤克己

シャンデリアともる真下に花氷/土生重次

屋根替の真下に蕎麦湯啜りけり/能村研三

花人のかへり来る星の真下かな/前田普羅

棚田植う笠が真下に見えてをり/高澤良一

京に似しペナンは月の真下にて/横光利一

春燈の真下に坐せし手くらがり/星野立子

川施餓鬼瀬の声橋の真下なる/中村草田男

オリオンの剱の真下乳房の影/八木三日女

真下より仰ぎてぞ梅くらきなり/高濱年尾

みの虫や真下におわす石ぼとけ/林久美子

矢車の金の真下に茶の芽立つ/百合山羽公

タイトルとURLをコピーしました