紅葉且つ散るを使用した俳句

紅葉且つ散るに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

紅葉且つ散るを含む俳句例

夕紅葉且散る僧の鼻の先/巌谷小波

紅葉且散る男等に女等に/山口芦火

帚目に紅葉かつ散る無欲の日/原裕

紅葉かつ散る掌に痛み欲し/二村典子

紅葉かつ散る峡谷の道普請/伊藤一子

紅葉且散る盆栽といふ天地/前内木耳

山紅葉且散る雨も加はりて/稲畑汀子

紅葉且つ散りて北斎二人説/都筑智子

紅葉且つ散る東京の客二人/西村良子

紅葉且つ散りて媼の位かな/中尾寿美子

一枚の紅葉且つ散る静かさよ/高濱虚子

紅葉且つ散りて渓流走らする/高澤良一

寿福寺の紅葉且散る木戸を押す/星野椿

紅葉且つ散りぬ自在に水走り/菖蒲あや

紅葉且つ散る万葉の恋のみち/竹村竹聲

紅葉且散つて宇治川ほとりかな/星野椿

瀬の音に紅葉且つ散る休め窯/西村秋子

空駕籠や紅葉かつ散る山の暮/羅蘇山人

紅葉かつ散りぬ自在に水走り/菖蒲あや

紅葉かつ散るを一泊雨ごもり/岩崎母郷

俳句例:21句目~

紅葉かつ散る人間と猫あるく/長峰竹芳

奥能登の紅葉且つ散る社かな/瀧澤伊代次

深吉野の紅葉かつ散る下校かな/山本洋子

紅葉かつ散る気に入らぬ服なりし/辻桃子

紅葉且つ散る急流を巌ばさみ/上田五千石

紅葉且つ散る老境へまた一歩/岩田千代子

紅葉且つ散る遠妻へ鐘を二打/秋元不死男

紅葉かつ散るや散り際大事とぞ/村越化石

紅葉且散るひとひらはまなかひに/杉本零

紅葉且散る三河路の風に触れ/稲畑廣太郎

照紅葉且つ散る岩根みづきけり/西島麦南

照もみぢ且散る巌根みづきけり/西島麥南

醍醐寺の紅葉且つ散る日和かな/杉山青風

鐘の音を沈めて紅葉かつ散れり/松本君代

洒落ていへば紅葉かつ散る齢にて/川崎展宏

紅葉かつ散る山のをんなの薄化粧/佐川広治

紅葉かつ散る鳥羽僧正の縁に座し/小林康治

紅葉かつ散りて神さびたまひけり/清原枴童

たまきわる紅葉且つ散るがらんどう/五島高資

序破もなく急もなく紅葉且つ散れり/小林康治

俳句例:41句目~

紅葉かつ散る山湖の就眠儀式いま/伊丹三樹彦

紅葉且つ散る生まれなかった子供達/寺井谷子

紅葉且散るカーディガン肩辷りがち/楠本憲吉

鬼女谷に入り行く紅葉かつ散れり/町田しげき

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました