四方/を使用した俳句

四方/に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

四方/を含む俳句例

破魔弓や男子四方の志/黙仏

簟五尺四方の世界哉/正岡子規

行秋や四方の哀の有磯海/樗良

四方に鶯十一面観世音/上野泰

暁の蜩四方に起りけり/原石鼎

頂は祠一つや四方の春/木野泰男

あけ方の机四方に鉦叩/黒田杏子

天山は月を忘れて四方の凍/青笳

四方拝ひだりに近き桜かな/信徳

太柱四方にめぐらし春の神/原裕

主水より氷解くらん四方拝/班象

左義長や四方へ走る竹の音/菊乙

山四方中を十里の稲莚/夏目漱石

書ぞめや詩歌連俳四方の春/季吟

畏るべき後生四方に木葉髪/林翔

雷や四方の樹海の子雷/佐藤念腹

正面を四方にもちて立葵/藤丹青

縫箔屋嫉しや花に四方の山/一蜂

秋祭人語四方の峠より/前田普羅

乙訓の四方の薮なり畑打/後藤夜半

俳句例:21句目~

四方海渺々として國の春/正岡子規

一米四方もあれば虫の村/五味/靖

乙訓の四方の藪なり畑打/後藤夜半

山頂の古墳初風四方より/鳥羽紀子

風除の蓆を四方に里神楽/藤原大二

湖や心はしりて四方の花/立花北枝

露の峰四方に信玄狼煙跡/雨宮彌紅

下り簗四方の山々雲の中/京極杜藻

冷かや杖に貰ひし四方竹/野村喜舟

分校は四方の山の笑ふ中/今瀬剛一

雑炊に寺の子四方の襖より/赤松子

待宵の四方霧ふかき外厠/西島麦南

襖なき閾を四方に夏座敷/吉屋信子

桑の瘤四方へ瞠き冴返る/永方裕子

島ながら身は漂ふや四方卯浪/林翔

行方床し四方の明樽余波の花/鉄丸

水温む四方のひかりに林檎園/麦南

若夷ふところよりや四方の春/信徳

花御堂花の甍の屋根四方/河野静雲

四方より花吹き入れて鳰の海/芭蕉

俳句例:41句目~

湖の舟に四方の新樹かな/樋口桂紅

花は四方科人多し武門の暮/調枕子

花の塔四方の扉に八天女/近藤一鴻

鳥の声花ある方へ四方拝/斯波園女

四方太忌や未だ青春の志/田中寒楼

御膳豆腐国しらみけり四方拝/才麿

檀橋や杣木の運び雪の四方/調管子

移り来て四方の蛙を私す/石塚友二

四方拜のお庭の霜や初鴉/正岡子規

神無月御柱四方に宮守る/松尾涼泉

小牧山四方に飛立つ稲雀/松野自得

拍手が山彦となる四方拝/石津不及

鳶四方に遅花しろむ観音寺/飯田蛇笏

一分五間枝道うれし四方の花/調幸子

仏滅ではじまる年の四方拝/川崎陽子

香は四方に飛梅ならぬ梅もなし/貞徳

佗住めば八方の虫四方の露/清水基吉

天性にわたくしなしや四方の春/信徳

短日の胸厚き山四方に充つ/飯田龍太

四方より芒に風の起るとき/岸風三楼

俳句例:61句目~

目を明て聞て居る也四方の春/炭太祇

四方より道踏よする野梅哉/松岡青蘿

お降りの音の四方や執筆す/永井龍男

こゑ四方に胸を起せと鞨鼓鳥/森澄雄

獄址より四方へ電線松陰忌/香西照雄

雲の峰四方に涯なき印度洋/山本暁鐘

雪晒四方の山より日を集め/林真砂江

初蹴鞠四方の青竹匂ひけり/宮谷昌代

四方拜其時朝日のほりつゝ/正岡子規

隠し米広げ穀象四方に散る/藤木憲一

鎌倉は四方の砲音に実朝忌/久米正雄

牧開き四方の山々退けて/片山由美子

妻遠き夜を大文字四方に燃ゆ/三谷昭

叭叭鳥を四方に翔ばせ露襖/高澤良一

吉良領に入るや四方の威銃/江崎成則

遊泳の鱒に四方なる野の錦/早淵道子

柏手のやがて揃ひぬ四方拝/広瀬一朗

襖なき敷居を四方に夏座敷/吉屋信子

牛の白息田の四方より冬の音/中拓夫

威し銃ひゞく丹波の四方の山/森田峠

俳句例:81句目~

四方から稻妻光る小家かな/正岡子規

四方拝其時初日のぼりつゝ/正岡子規

四方拝太古のままの宮昏き/鈴木鶉衣

四方拝夫の仕種を辿りつつ/中本貞子

四方拝校庭嶺々を繞らせる/黒崎六禄

芽柳のゆれ八方に風四方に/松本三余

四方拝禁裡の垣ぞ拝まるゝ/松瀬青々

焼酎や四方の闇に奈良の仏/谷野予志

悼むかに憤るかに四方の蝉/ひろし/

御衣霜に映えて美し四方拝/赤木格堂

枯野雲わが真上より四方に垂れ/林火

肩を越す芒川音の四方より/桜井博道

四方竹秋筍として皮脱げり/青木重行

幟立て四方に魁けたる如し/吉井莫生

四方から青みて夏の夜明哉/正岡子規

土踏まず大豆の数見む四方の花/可躍

筍の竹になる四方の緑かな/渡辺水巴

竹の中岐れて四方へ虎が雨/石川桂郎

竣工の母校四方より青田風/山田弘子

激し寄る四方の川水下り簗/星野立子

タイトルとURLをコピーしました