葦原を使用した俳句

葦原に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

葦原を含む俳句例

葭切は豊葦原の昔より/森田峠

青蘆原微熱少年疾走す/石寒太

夕潮に浮きし葭原葭雀/橋田憲明

対岸の青葭原へ渡し舟/松吉良信

自ら照る太陽を枯葦原/池田澄子

霾ると蘆原色を失ひぬ/向笠和子

対岸の大葦原や行々子/田宮良子

靴紐を固く青蘆原無限/折井紀衣

芦原に牛沈み居る磧かな/高濱年尾

服の色忘れてあそぶ枯芦原/岡本眸

松原に葭原ありて行々子/河野静雲

枯蘆原水現れて流れ去る/石塚友二

蘆原に絮のあがるは蘆を刈る/林火

はるかより枯蘆原の昃りくる/素逝

葦原や命も棒も歩きつつ/桑原三郎

芦原の中に家あり行々子/正岡子規

蘆原に牛沈みゐる磧かな/高浜年尾

葦原を出づる嘗ての蛍の身/齋藤玄

葦原に帰燕あつまる遠江/夏目隆夫

雁帰る大芦原に声を継ぎ/神山テル

俳句例:21句目~

妻遠し芦原広し芦刈男/橋本多佳子

女知り青蘆原に身を沈む/車谷長吉

枯芦原水現れて流れ去る/石塚友二

蘆原の中に家あり行々子/正岡子規

芦原や手賀沼の猫文学す/篠田喜代

芦原に幟の靡く川施餓鬼/大竹節二

さまざまな青葦原を股のぞき/齋藤玄

しづけさの青芦原は日を返す/村田脩

芦原の上低くとぶ春の雁/波多野爽波

青葦原日の光濾し風を漉し/津田清子

芦原やはらり~と落つる雁/藤野古白

芦原や豊のちまきの国津風/上島鬼貫

芦原の月夜大きな暈の下/長谷川素逝

夕蘆原行きて猟夫の肩没す/藤田湘子

三月の枯葦原は遠くうすれ/松村蒼石

月の輪が豊葦原の葦を吹く/加藤郁乎

己が影枯葦原を移りゆく/斎藤キヌ子

忽然と大蘆原の見えしかな/岸本尚毅

指さして青芦原に風立たす/土生重次

地蔵会の裏は葭原葭すずめ/辻田克巳

俳句例:41句目~

蘆原に隠れて蘆を刈る人ぞ/長谷川櫂

辱を得て青葦原を泳ぐかな/鳴戸奈菜

枯葦原必死のいろに火を待てり/蒼石

蘆原を押分けくるや鯊の潮/古橋呼狂

蘆原に雲生れしとき濁り鮒/巌谷小波

たまさかに日当るは贅枯芦原/高澤良一

てんと虫わが手の甲の青葦原/伊藤淳子

めつむりて聴く葦原の秋の声/和泉千花

よく通る声は卑弥呼ぞ枯蘆原/越川/都

タンカーに豊葦原の菜種梅雨/岡あきら

マント緑に葦原邦子来りけり/鈴木栄子

乱世のごとき大蘆原を行く/田川飛旅子

太陽も蹤きて入り来し青芦原/右城暮石

孵らざるものの声する青蘆原/大石悦子

捨てし田を豊葦原へ還しけり/大屋達治

日上れば芦原は冬の靄となる/開原冬草

日当つて枯蘆原のかげもなし/高浜年尾

月を待つ芦原ひくゝ鷭翔けり/岸風三楼

枯蘆原日に磨かれて丈そろふ/松村蒼石

母を叱り枯蘆原に走り込む/鈴木六林男

俳句例:61句目~

気功なら枯芦原をころがして/杉浦一枝

白鷺を沈め蘆原暮れむとす/神戸みち子

黒南風は洲の葦原を束ね吹く/松村蒼石

芦原を埋め立てし泥田鳧飛ぶ/茨木和生

花淡き茱萸を仰ぎて芦原の湯/堀口星眠

菅原葭原馬は故郷の青墓なり/阿部完市

葦原に入りて滅びし曼珠沙華/火村卓造

葦原のどこかに叛旗初しぐれ/岩間民子

葦原の戦ぐそよがぬ天命かな/坂戸淳夫

葦原をうつる雪加や声のみに/渡辺立男

葦原をすすむ決闘儀式かな/宇多喜代子

葦原を撫でて日が落つ泥鰌掘/斎藤道子

葭切に大芦原の目路はるか/鈴鹿野風呂

葭原の外網代木の流れかな/大須賀乙字

葭原の葭切の鳴き雑木に飛び/小澤碧童

葭原雀月の夜一夜啼くものか/臼田亜浪

蘆原に夏のきはまる夕日かな/松村蒼石

行々子葭原に雨突き刺さり/河府/雪於

青葦原ふたつの目玉なにもせず/齋藤玄

青葦原吹かれ通しにどんな夢/篠田悦子

俳句例:81句目~

青葦原汗だくだくの鼠と遇う/金子兜太

すうすうと背中は広し枯葦原/池田澄子

鳰泳ぐ蘆原の子を呼び出して/茨木和生

鷭鳴くや芦原に闇うごき出す/影山葭郎

黒南風の蘆原雲のごとくなり/松村蒼石

葭原の刈られ蜂の巣ころびをり/京極杞陽

熱気球の影の薙ぎゆく枯芦原/伊藤いと子

芦原も刈りたる跡も広かりし/青葉三角草

青葦原あまりのことに生れけり/永末恵子

胎内に豊葦原がそよいでいるわ/豊口陽子

枯蘆原どこまで入らば紛るるや/大石悦子

枯葦原他界のひかりはばからず/和田知子

枯葦原たつぷりと日の匂あり/小野恵美子

春あさし葦原に焚くは夢の襤褸/寺井谷子

日ねもすの葭原雀田ごしらへ/竹末春野人

溺れてもいい葦原のこの青さ/ふけとしこ

てのひらは枯芦原の縮図かな/小檜山繁子

蘆原を焼拂いたる水とびとび/松本たかし

葦原にまつすぐな穂の生れをり/矢島昭子

鞭からみ鳴る葦原は没り日の巣/成田千空

タイトルとURLをコピーしました