獄を使用した俳句

獄に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

獄を含む俳句例

獄は口開け寒卵売通す/斎藤玄

寒月や獄庭松の奢る枝/河野静雲

街騒の真唯中に獄の冬/高濱年尾

獄舎の扉夾竹桃の花犇と/石原舟月

獄生活十年銀河嫗かれたり/森聆子

獄のごと影深々と冬の城/宮坂静生

はつ雪や獄屋見舞ひの重の内/銭し

片蔭をなすが能なり獄の塀/斎藤玄

獄遠く近き日曇る母子草/古沢太穂

洪水の風浪村を囚獄とす/橋本鶏二

いやといふほどの夏蝶獄の塀/斎藤玄

獄塀の角辺に殊に母子草/平井さち子

初音して熊笹に伸ぶ獄舎跡/斎藤螢光

春風や獄渡りのこそばゆき/正岡子規

向日葵の高し獄塀尚高し/豊原みどり

秋口の星みどりなる獄の上/飯田蛇笏

囚獄のうす煙りして秋の天/飯田蛇笏

獄近し冬土痩せしへ深き轍/香西照雄

鴨の川の未明や獄の時計塔/松村蒼石

童女来る獄舎の丘に春の雲/宮武寒々

俳句例:21句目~

露の中囚獄に似し愚の職よ/小林康治

炎天に獄衣干しけり監獄署/寺田寅彦

獄の面会双蝶別れて他人顔/香西照雄

塀の無き島の獄舎や花蘇鉄/目黒白水

天皇の蜜柑を喰める獄の中/角川春樹

獄にゐてひと懐しや煮大根/角川春樹

獄の塀廊つづきに雪あらた/宮武寒々

寒林に向ひ獄舎は扉を閉す/福田蓼汀

獄址より四方へ電線松陰忌/香西照雄

獄塀に冬木の影の余すなし/角川春樹

忘れめや母の雑煮と獄雑煮/橋本夢道

扉なき獄の門出て涼新た/片山由美子

うつうつと大獄の昼躑躅咲く/飯田蛇笏

梅雨しぶく獄の菜園玉菜肥ゆ/森川暁水

獄塀凍て雲母明滅義民坐すや/香西照雄

ねむり得ず獄舎の上の天の川/角川春樹

大き湖夏川となり獄をつつむ/松村蒼石

燗熱し獄を罵しる口ひらく/秋元不死男

獄を出て時雨の中を帰りけり/角川春樹

春燈くらし獄なりミチオヤム/橋本夢道

俳句例:41句目~

書庫寒し獄のごとしとふと思ふ/森田峠

歳月の獄忘れめや冬木の瘤/秋元不死男

五月雨や垢重りする獄の本/和田久太郎

伊良部島のぞむ御獄や花福木/内藤恵子

玻璃の檻に金脱糞獄は見せじ/香西照雄

獄の塀蝶又蝶が越しゆけり/八木三日女

秋の風獄囚は手になにもなし/飯田蛇笏

典獄の鍵をさくらに預けおく/筑紫磐井

獄に棲み鋲のごとしや下萌ゆる/不死男

冬の釣堀ちかくに獄の処刑棟/松村蒼石

外の罪人離れ塀より冬獄現る/香西照雄

網走の獄てのひらに吹雪の間/石川桂郎

凧の空獄舎の空にとなりたる/中島斌男

鍵をもて導かるるや北風の獄/松村蒼石

獄の外堀永久に埋らじ今寒流/香西照雄

雪踏んで靴くろ~と獄吏かな/飯田蛇笏

霜ふるや病舎も獄も霜夜の塀/古沢太穂

獄いたるところ守宮の夫婦愛/大喜多冬浪

獄塀を柳絮越ゆるにまかせたる/山田弘子

獄に棲む魑魅が手毬ついてをり/角川春樹

俳句例:61句目~

二年や獄出て湯豆腐肩ゆする/秋元不死男

獄へ外す色眼鏡たるサングラス/香西照雄

元日や音なき獄の日のうつり/栗林一石路

凧の空か獄舎の空にとなりたる/中島斌雄

獄にふて寝のサド荒淫矢の如し/江里昭彦

獄を出て触れし枯木と聖き妻/秋元不死男

獄を出て花の吉野をこころざす/角川春樹

獄夜学あした出所をはげまして/小林波留

大樹もとより獄舎また梅雨景色/飯田龍太

獄長したえよと妻が云うセル着/橋本夢道

獄を出て浴衣着て腕さすりたる/正岡子規

冴ゆる灯や獄出ても誦む東歌/秋元不死男

獄の中空晴こそ寒しはがね光/平井さち子

寝にかえる獄や妻子の天の川/栗林一石路

わが四十獄の雑煮を神妙に食う/橋本夢道

西日に積む煉瓦直ちに獄の色/榎本冬一郎

野山獄址寒しひと筋冬日射し/岡部六弥太

獄の門出て北風に背を押さる/秋元不死男

雪ふんで靴くろぐろと獄吏かな/飯田蛇笏

獄の扉のゆくてをはばむ寒日和/飯田蛇笏

俳句例:81句目~

芽吹く木々獄舎と病舎半ばなす/岩田昌寿

獄塀灼け身ぬちの時計狂ひ出す/平井さち子

しぐれ蕭蕭獄舎に降るはべつの雨/森村誠一

滝見むと獄衣に似たる青を着て/鳥居おさむ

ひとつ見えて秋燈獄に近よらず/秋元不死男

牡丹雪の日と記し獄へ入るる書よ/古沢太穂

ほととぎす御獄に香を焚きをれば/室谷幸子

何して食はん獄出て冬の浪の前/秋元不死男

借りて読む獄書のくさき十二月/秋元不死男

向日葵重き実はや露冷えと北の獄/古沢太穂

大冬空われ一点のごとく獄にいる/橋本夢道

干す海苔の青し獄出て影を添ふ/秋元不死男

梅雨の獄のふどしも赭き囚を見き/森川暁水

梅雨の獄の囚徒のゆあみ一人づつ/森川暁水

野火果てて闇禁じられし獄灯る/平井さち子

涯しなかりし獄と流氷無音に寝る/古沢太穂

獄ふかき雀となりてはしりけり/小川双々子

獄凍てぬ妻きてわれに礼をなす/秋元不死男

電報が来ても便りが来ても獄の中/橋本夢道

獄塀やぬるむ水面にとどかぬ藻/平井さち子

タイトルとURLをコピーしました