囃すを使用した俳句

囃すに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

囃すを含む俳句例

浦祭祭囃子に波踊り/上野泰

餅搗を囃す琉球童唄/泉/とし

蜜蜂も菫も囃す離散村/齋藤玄

稲雀生身の葬囃しすぐ/巌谷小波

祭囃子山杉覆ふ村を出て/桂信子

うち囃し馬も嘶ふよ薺の夜/白雄

煤払囃す鉦鼓や善光寺/西本一都

本の上に烏囃せる草相撲/太藤玲

朱柱に侍る地謡松囃子/山田弘子

猿島の猿が囃せり鱗雲/富田潮児

鰊唄千の鴎が囃しけり/大滝/信

玉霰花甘藍を囃しおり/大野紫陽

遠雷を囃子方とし薪能/大池長人

初荷船囃し立てたり牡丹雪/龍雨

遠囃子椀に沈みし夏蕨/野澤節子

台上の樂人囃す神楽台/高澤良一

蛙囃せ戦前小作今地主/中元島女

狂うなら今と白椿が囃す/大西泰世

能舞台真野の蛙の囃し方/高澤良一

繭玉や飴細工師の囃しゐて/原俊子

俳句例:21句目~

月鉾の雨に咤しき囃かな/巌谷小波

夕市の外れを囃し飾売る/柏谷景昌

夕立来て田の神囃す鯰かな/安西篤

氷る湖二つに割るる夜を囃す/原裕

嫁入の行列囃せ鳴子引け/島田青峰

よろこびて囃す雀や袋掛/石田波郷

秩父囃子胸にずしりと秋深む/林翔

校倉の影濃き薺囃しけり/久保文子

祇園囃引佐細江の町裏へ/井熊/茂

泣初を御嶽鴉の囃し過ぐ/村上光子

鳩の爪黒ずみ祭囃子かな/大石雄鬼

蛙囃す荵ほど長き芦粽/百合山羽公

鮭漁や相馬音頭の囃す中/升本行洋

鬼会の火囃し大松明の上/伊藤通明

虫送り武州訛りに焔を囃す/町淑子

三社祭囃す雀も江戸育ち/浅見画渓

上京は都さびたり松囃子/松瀬青々

飛入りを促す囃子阿波踊/上崎暮潮

蔭祭鎌倉ばかり囃しけり/野村喜舟

猿田彦囃して入内雀かな/中橋文子

俳句例:41句目~

風で来る佃囃子や投網舟/巌谷小波

顔出せば木枯囃す船溜り/小林康治

内裏雛五人囃子に三官女/松田逸奇

鞠始鞠の高きを囃し合う/平松荻雨

山車囃甘甘棒は飛騨の菓子/上村占

青垣へ田囃子ひびく備後かな/林徹

鉾囃子鉦が感情伝へをり/山下美典

落日の荘巌麦の穂が囃す/桜木俊晃

遠里の祭囃子や雨の月/大須賀乙字

文鳥に祭囃子の音の遙か/高澤良一

十夜法要囃す鉦方念仏方/高澤良一

序の調べ静かに祭囃子かな/浅賀木

花供養の行列囃す四十雀/茂里正治

昇給を蛙が囃す夜の家路/菖蒲あや

角刈りの生垣祭囃かな/片山由美子

春霖を囃す昼寄席素通りに/菅裸馬

芭蕉葉の風に一番囃子かな/環順子

波音の早稲田を囃し出雲崎/小島健

あかときの神楽囃よ草の罠/宮坂静生

大江戸の初空神田囃子かな/渡辺恭子

俳句例:61句目~

うぐひすの笛方雀の囃子方/高澤良一

鎌倉の秋となりゐし遠囃子/永井龍男

雨だれに向ひて祭囃子かな/石田勝彦

お囃子の一つは遠し天の川/永井龍男

鬼来迎戸板叩いて囃しけり/須賀允子

鮎食みて祭囃子に心急く/伊藤いと子

鱧鮓を膝に金比羅囃子かな/壺井久子

どの枝も風を囃して杜若葉/加藤耕子

鳥追のもうひと囃し幼子に/塩原/傅

鴉囃す毛衣黒くわが行くを/斎藤道子

少年等蝸牛のうすき殻囃す/右城暮石

山の家や雛の囃子の松籟シ/尾崎迷堂

波囃す猫額の田も青みつつ/成田千空

日脚やゝ伸びしを囃す藪雀/野川枯木

ひそと忌を修すに囃す鉦叩/稲畑汀子

晩学を夜ごと囃せり遠蛙/石川トミ子

朝雲のよき七草を囃しけり/阿以鎮雄

まん中に巫女ゐて薺囃かな/生田嘉子

松囃子今年馬役老いてゐし/中野賢二

松囃子金剛流と停まり聴く/谷口自然

俳句例:81句目~

もろこしの花の金粉遠囃子/永方裕子

梅青し青しと囃しあうてをり/中田剛

槐散る佃囃子の止むときも/上野好子

神田囃子玻璃に隙なき貸間札/江緋子

泣き虫を囃して愉快さつま汁/穴井太

海の日の秩父囃子の中に在り/村岡悠

深川の祭に葛西囃子かな/深川正一郎

一斉に平伏したり松囃子/高橋すゝむ

一群の寒烏にぞ囃されし/相生垣瓜人

爽やかにみな翁びし囃子方/荒井正隆

猫が爪研ぎゐて祭囃子かな/細川加賀

琴伝の留守の床几や鉾囃子/細川加賀

病院の壁に囚はれ祭囃子/橋本多佳子

白鳥座真上にはづむ能囃子/鈴木朗月

百千鳥雄蘂雌蘂を囃すなり/飯田龍太

百千鳥雌蕊雄蕊を囃すなり/飯田龍太

秋深し里人の打つ能囃子/野中ちよこ

給食の子の囃されし秋の蝿/雨宮抱星

絵扇をひさぐ家なり松囃子/松瀬青々

繰り返へす神楽囃子や翁草/石原栄子

タイトルとURLをコピーしました