水田を使用した俳句

水田に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

水田を含む俳句例

苅株や水田の上の秋の雲/洒堂

花曇水田の底の足の跡/長谷川櫂

葛飾や桃の籬も水田べり/秋櫻子

朝月や水田千枚春吹雪/西村公鳳

鉄砲の水田になりて里の冬/廬文

亀なくや水田の上の朝の月/梅浜

水田あり記憶の松に寒鴉/木村蕪城

初鴨や刈らぬ水田に波をたて/雲道

駅の灯が映る水田の人往来/桂信子

風光る遊行柳の水田べり/阿部悦子

更け行くや水田の上の天の河/惟然

つばくらや水田の風に吹れ皃/蕪村

葛飾や月に霞める水田圃/鈴木花蓑

夏祭水田々々を笛ころび/石川桂郎

葛飾に残る水田も恵方道/大網信行

落し水田毎の闇となりにけり/蕪村

下総は水田も低し別れ霜/安立公彦

正月の苜蓿青き水田べり/富安風生

五月来ぬ水田黒土光噴き/相馬遷子

五月来ぬ水田黒畑光噴き/相馬遷子

俳句例:21句目~

蛙鳴く水田の底の底明り/正岡子規

掛稲や水田に映る白き雲/寺田寅彦

八十八夜水田の上の大桜/岡本高明

冬終る鴉水田に尻つけて/岸風三樓

葛飾や残る水田の濁り鮒/大竹節二

春の水田舎源氏を流れけり/野村喜舟

風騒ぐ水田の浪の田螺かな/野村喜舟

月山水田毎に引きて燕来る/岸/のふ

梅林の遥かに見ゆる水田哉/正岡子規

棟上げの写る水田の糸蜻蛉/高田里江

植ゑ残す水田に朝の靄深し/正岡子規

つぎばしの跡は水田の水鶏かな/史邦

水田は古代の遺跡田螺這ふ/高橋悦男

秋夕の鮮婦を映す水田かな/久米正雄

水田辺の八十八夜星ゆたか/相馬遷子

水郷の霞の底の水田かな/ふけとしこ

父荒るる三月水田雲殖やし/宮坂静生

琴の音や水田わたりに夏鴉/石川桂郎

田螺ゐて水田に赤き星懸る/八木斌月

窓下の水田に育つ蛙かな/大場白水郎

俳句例:41句目~

何もなき水田の上や五月雨/正岡子規

竹人形並んで水田見てゐたり/原田喬

苅かぶや水田の上の秋の雲/浜田酒堂

茗荷竹遠の水田のてらてらす/森澄雄

千枚の水田太陽ひとつづつ/小西領南

草田男忌今も昔も水田の色/藤谷朝子

古沼の水田つゞきに氷かな/正岡子規

垣外に水田かがやく春祭/秋元草日居

草笛やどこかに水田鏡なす/村越化石

鯉幟垂れたる水田明りかな/行方克己

落し水田毎異なる音を奏で/山口翠子

葬の灯の水田にうつる寒哉/正岡子規

蓬生ふる水田休め田妹が里/松瀬青々

蜥蜴出て風の中より水田の香/森澄雄

行く我に星も随ふ水田かな/西山泊雲

近江いま空も水田も春没日/木村敏男

門前は水田ひろがり牡丹寺/田中冬二

雪解水田にあふれをり大鴉/巌谷小波

青嵐鷺吹き落す水田かな/芥川龍之介

声に皆なつてかわすの水田哉/正岡子規

俳句例:61句目~

いつ暮れて水田のうへの春の月/蒼きう

早春の水田きらめく医師通ひ/河野南畦

から風の吹きからしたる水田かな/桃隣

きさらぎの水田筑波の耳二つ/福田蓼汀

潮風に妹背で植うる水田かな/大屋達治

どこまでも水田日本は水の國/山口誓子

鋤牛に水田光りて際しらず/水原秋桜子

耕人のちひささ水田のげんげ/北原白秋

段々の水田こだまにほととぎす/森澄雄

春寒し水田の上の根なし雲/河東碧梧桐

ラレレラと水田の蛙鳴き交す/山口誓子

一村は水田に泛かび鯉のぼり/遠山輝雄

乗込みの鮒迷ひをる水田かな/郷原弘治

藺を刈るや空籠映る水田べり/鈴木花蓑

糸のべて凧の尾垂るゝ水田哉/正岡子規

葛飾の水田かゞやき注連作り/山口青邨

卒業歌水田も波をたたみつつ/神田/岩

落し水田蘆のねむる闇夜かな/飯田蛇笏

夏めくや水田の水の匂ひして/植木孝雄

夏燕小家貫き見ゆ水田かな/松根東洋城

俳句例:81句目~

夏雲雀揚りて水田ぐもりかな/工藤義夫

畦塗られ水田は色を深くせり/相馬遷子

終の書や遠ちの水田の虹明り/宮坂静生

室生路の水田かがやく遅桜/藤武由美子

工場も建つや水田の冬の駅/河東碧梧桐

彼岸太郎水田に大き夕日据ゆ/西村公鳳

雨脚の水田ばかりに遠郭公/加藤じゅん

稲刈りて沼に連る水田かな/久保もり躬

落し水田廬のねむる闇夜かな/飯田蛇笏

足跡のふやけて浅き水田かな/西山泊雲

梅の靄水田をこめて夕づきぬ/飯田蛇笏

父祖の地や水田に映る阿蘇五岳/石川薫

昼蛙聴くほどはある水田かな/石塚友二

馬に声あびせ水田を深く鋤く/大井雅人

水田満つ鴫の片脚立ちのほか/八木林之介

火事止んで水田をとざす春の闇/相馬遷子

畦細そ~曲りつゞける水田かな/皿井旭川

水田多く見えて波立つ寒い夏/能村登四郎

白藤は水田のひかり得て咲けり/佐川広治

白鳥百羽まとう本埜の水田照り/小川恭生

タイトルとURLをコピーしました