満開を使用した俳句

満開に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

満開を含む俳句例

満開の心を一に山桜/高澤良一

満開の心を一に濠桜/高澤良一

満開の桜の上の鬼瓦/佐野美智

福寿草満開雪塊しりぞくに/青邨

満開の花の湘南平かな/池田秀水

満開の桜の上の電気館/野村泊月

満開の花の隙間へ早鼓/星野石雀

公園の桜満開思い出も/村田芳水

菊芋の花が満開山の駅/青柳照葉

満開の紙の桜の初芝居/佐野典子

満開の海の岩岩船遊び/山口誓子

満開の桜機関車独走す/津田清子

満開の桃の畑が川を曲げ/檜紀代

満開の桜の苗木畑かな/矢島渚男

満開の桜の下の子守唄/狩野みほ

雲珠桜満開にして花供養/森澄雄

壇上桜満開の虚子忌かな/岡井省二

大雨の迫れるさくら満開に/辻桃子

満開の花のことばは風が言ふ/林翔

葬儀屋に金銀満開冬ざるる/檜紀代

俳句例:21句目~

敵味方すでに満開菊人形/三浦光児

満開の朝の桜を賜はりし/廣瀬直人

日曜の百合満開に脳死論/松本恭子

菜は満開膝高上げて歩む子に/林翔

満開の桜突つ切り鴉とぶ/右城暮石

もう一つ満開の花仏の座/上島清子

満開にして淋しさや寒桜/高浜虚子

満開の桜や学問ノススメ/戸松九里

椿満開内耳へ降りゆく夜道/竹中宏

満開の桜の隙を船ゆけり/澤村昭代

満開に身を固うして桜守/川崎展宏

町中の墓所の桜の満開に/高澤良一

五色椿満開色の定まらず/塩川雄三

毛皮剥ぐ日中や桜満開に/佐藤鬼房

満開の花の香に入る児の寝息/林翔

雪柳いま満開の重さかな/田中一生

満開の桜が雲を低くせり/松田秀一

金盞花満開にして島乾く/二村典子

つばさ傾け満開の桜かな/片山由美子

満開の森の陰部の鰓呼吸/八木三日女

俳句例:41句目~

満開の櫻のために琴を弾く/品川鈴子

満開の牡丹風ごと買ひ帰る/高橋悦男

満開の花の枝に杖かけてあり/岸田稚

満開や塩土老翁遠目して/渡辺誠一郎

満開をかくもさびしく山桜/山田弘子

満開を見上げる無限落下感/折笠美秋

人格を穢す満開の花の幹/増田まさみ

地に深く居る満開の桜の根/辻田克巳

無量光帯びて桜の満開す/北原志満子

夜は桜の満開とおもふなり/金田咲子

盆梅が満開となり酒買ひに/皆川盤水

巡礼に花満開の紀三井寺/山口超心鬼

幹老いて満開の花支へをり/伊東宏晃

日の束となり海棠の花満開/福川悠子

桜の森の満開の下傴僂が一服/仁平勝

盆梅の満開となり酒買ひに/皆川盤水

祈願して雨後満開の花の杜/対馬康子

黒点の太り蔓薔薇満開に/神戸美沙子

桜満開湯屋の鏡に骨透く胸/大井雅人

街路樹となつて満開花水木/清水幸子

俳句例:61句目~

貧は永久雨のち桜満開で/松田ひろむ

雲白し蝉満開の故郷の杉/福田甲子雄

靴に入る小石の痛さ桃満開/鈴木鷹夫

満開が暗しくらしと糸切歯/布施徳子

満開にしてふつと消ゆ桃の花/齋藤玄

満開のさくらに浮きて鴉かな/岸田稚

満開のさくらの中の榾乾く/宮田正和

満開のにはかに冷ゆる桜花/川崎展宏

満開のぼうたんよりの雨雫/田口愛子

満開の日の裏側の水溜り/津沢マサ子

満開の桜や救急車が過ぎる/五島高資

満開の桜に吼ゆる海驢かな/和田悟朗

満開の桜のこゑに耳とざす/坂本宮尾

満開の桜の上に空のあり/片山由美子

満開の桜の中の辛夷かな/田川飛旅子

山二つ向き合ふ新市花満開/長島八千代

満開の桜がうつる入江かな/楠目橙黄子

満開のこぶしに森も涯ならむ/福永耕二

満開の花を離れて一片飛ぶ/山口波津女

満開の桜に仁王の顔ゆるむ/中村きみ子

俳句例:81句目~

満開のこみ上げてくる櫻かな/安田鈴彦

満開の花ことごとく瞳もつ/今井つる女

夕冷や満開の花葉に出でゝ/佐野青陽人

満開の桜胃カメラ飲みに行く/小西昭夫

満開の花のうしろの雑木かな/沢木欣一

満開のさくらの空に蝶を見ず/原田種茅

桜満開人は地べたに座りたい/漆畑利男

樹氷林満開にして花ならず/井村アイ子

満開の嗚咽ばかりや桜の夜/高野ムツオ

死が見ゆるとや満開の花仰ぐ/中村苑子

母の歩に合せてさくら満開に/角川照子

満開の隙間より花散りはじむ/深谷鬼一

満開の梅しら~と雪もよひ/高野冨士子

満開の梅なり風もふれしめず/中村汀女

満開のさくらのうしろ籠ひゆる/中田剛

満開の春閉ぢてゐる孔雀かな/藤谷和子

満開の桜のうしろから抱けり/小西昭夫

満開のしだれ桜の地へとどく/満田春日

満開の桜や干してあるような/池田澄子

満開のけふを逃して何とする/高澤良一

タイトルとURLをコピーしました