一山を使用した俳句

一山に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

一山を含む俳句例

一山の力を滝の姿とし/蔦三郎

一山の要に露の千光寺/長田等

初烏一山雪に明くるかな/忍月

一山に薬師三尊初詣/吉原朱雀

三山の一山の上鳥渡る/角光雄

真言密教一山の滴れる/二神利恵

一山は皆畑なり秋の風/高木晴子

一山や秋色々の竹の色/夏目漱石

万緑の中の一山杉の鉾/野澤節子

一山の青竹藪に男棲む/平井照敏

万灯会果て一山の虫の闇/佐藤藍

一山の夕闇支へ桜満つ/清水節子

裾に人一山葡萄棚覆ふ/石川桂郎

鶯の声に一山失せにけり/上田操

採石の一山白し夏燕/下村ひろし

一山の椋鳥集め椋大樹/力丸青花

蔓踏んで一山の露動きけり/石鼎

上々のみかん一山五文かな/一茶

一山の蜩負へり朝の打坐/手島靖一

鳴神の一山征す小半時/矢ヶ崎昭子

俳句例:21句目~

雨吸つて一山深し九輪草/堀田澄子

中尊寺一山くらき星月夜/佐藤棘夫

鐘楼より一山の雪囲解く/皆吉爽雨

一山の雪の深さや初薬師/野津無字

蟇出でて一山昏き接心会/中川宋淵

隠国の長谷一山の蝉時雨/亀井新一

一山に滝の音声冬こだま/野澤節子

三山の一山霧に没しゐて/塩川雄三

一山の芒残照ゆらしけり/稲畑汀子

一山の僧定に入る竹の秋/中川宋淵

一山の花の天蓋御忌の鐘/仁科翁童

磨崖仏統る一山ほととぎす/林昌華

一山を下闇として立石寺/岡安仁義

一山の花を法衣の観世音/梅澤朴秀

初鴉一山雪に明くるかな/石橋忍月

一山を洗ひし雨やお開帳/木内彰志

一山の僧に覗かる穴惑ひ/川澄祐勝

神迎ふ一山六社みな灯り/木田素子

一山をつつむ淡雪聖高野/前山松花

一山の薬掘り得で書半巻/尾崎紅葉

俳句例:41句目~

一山の風動き出す大根焚/加藤石雲

熊野詣や一山の椎花粉噴く/辻桃子

あきつ飛ぶ島一山の峰澄める/石井保

まくは瓜寄せし一山黄色かな/加来都

一山に一千の比丘はつざくら/下田稔

一山に法螺の響かひ竹伐会/青垣和子

一山のことに明るき椎の山/帖地津木

一山のこゝに息づき滴れる/高島松陰

一山のふもとの坊の菊真白/久野幸子

一山の僧が出座す十夜の燭/加藤芳雪

一山の僧の並びし御松明/山内年日子

一山の僧集まりて御開帳/都築/道子

一山の光の渦となる落花/水田むつみ

一山の凍死の記録棚にあり/奧坂まや

一山の圧のかかりし巌清水/小原禎子

一山の大荒れの滝蝉鳴かず/渡邊水巴

一山の晴れては曇る桜かな/島田青峰

一山の杉の若木や風かほる/会津八一

一山の枯れに加はる父の声/朝広純子

一山の枯れ清水の舞台圧す/高澤良一

俳句例:61句目~

一山の桜にひしと鎧ひけり/尾崎紅葉

一山の構へを解きて早苗束/鎌倉佐弓

一山の湯けむり凍てし日に向ふ/爽雨

一山の田打櫻のけさひらく/黒田杏子

一山の笑ひはじめの水の音/兒玉南草

一山の紅葉風を楽しめり/新谷ひろし

一山の緑の暗き茅の輪かな/石田勝彦

一山の落葉松やほととぎす/会津八一

一山の蜩壺中にあるごとし/佐野美智

一山の蝉の木末枯れ立つ/栗林一石路

一山の裾の裾まで霧氷して/山田弘子

一山の闇松虫の寄せて来る/竹下陶子

一山の雑の中なる夏の河豚/遠藤梧逸

一山の雪へ鐘撞く善光寺/南沢つぎほ

一山の雪解の音はわが鼓動/早乙女翠

一山の露授かりし西虚子忌/三宅黄沙

一山の杉揺り上げて冬の風/茨木和生

一山を仕切る高声あれは鵙/高澤良一

一山を住宅にして風光る/柳沢たみ子

一山を吹き抜けてゆく青嵐/今泉貞鳳

俳句例:81句目~

一山を蝉に占められ瑞巌寺/廣瀬壽子

一山を賄ふだけの大根蒔く/加藤窟外

一木の一山の雪しづりかな/行方克己

三山をかくす一山高稲架に/古舘曹人

仏法僧一山の月に鳴きはづむ/瀧春一

傘あげて見よ一山の雨の葛/細川加賀

僧千人かくし一山朝曇り/長谷川秋子

冬滝のこゑ一山の遺蹟群/山崎千枝子

句碑開眼成りし一山菊の秋/伊東宏晃

打つ鐘の一山制す初不動/小川てる子

朴若葉して一山を隠し余る/幡谷東吾

竹秋の一山一寺雨けぶる/下村ひろし

芒穂を解きて一山揺れ易く/稲畑汀子

花に声あらば一山華巌経/栗栖恵通子

行僧の去りて一山寒ゆるむ/毛塚静枝

鑑真の壷眼一山しぐれけり/熊谷愛子

雪ながら一山沈むダムの底/西本一都

雪囲ひ解きて一山一寺かな/庄司圭吾

一山の石蕗が忌日を濃きものに/今村青

一山の涼を呼び寄せ万灯会/佐野すすむ

タイトルとURLをコピーしました