夕暮/夕ぐれ/ゆふぐれを使用した俳句

夕暮/夕ぐれ/ゆふぐれに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

夕暮/夕ぐれ/ゆふぐれを含む俳句例

夕暮や螢にしめる薄畳/一茶

けふの日も早や夕暮や破芭蕉

臥笠や雪の夕暮浮世町/丸石

夕暮や蓮の葉に飛ぶ水馬/瀾水

蟇吾子も夕暮地に跼む/森澄雄

春雨のなま夕暮や置火燵/才麿

夕暮は人美しく杜若/高木晴子

燈籠や在家の夕暮寺の昼/山夕

夕暮の腮につゝ張る扇哉/一茶

流感や青き夕ぐれ街涵す/有働亨

夕暮は鮎の腹見る川瀬かな/鬼貫

夕暮や夏の柱の倚り心/尾崎紅葉

蛇穴を出て夕暮の欅の木/小澤實

冬田刈夕ぐれ人のひとり哉/暁台

爽涼の大樹夕暮時の色/高木晴子

山法師山の夕暮遠くより/志城柏

夕暮ややうやう霞む町の鐘/吐月

夕暮や蚊を聞かへて荻の風/也有

瀧の水汲み夕暮の鍬始/田中裕明

夕暮は雲に埋まり春祭/廣瀬直人

俳句例:21句目~

夕暮の橋が短かく青山椒/桂信子

森の中夕暮早し落葉焚く/福田蓼汀

薑のにほふ夕暮市をゆく/高澤良一

桜餅夕暮山のごときもの/長谷川櫂

蜻蛉の早や夕暮の翅遣ひ/高澤良一

一日のまた夕暮や花木槿/山西雅子

冬の宿谺を返し夕暮るる/横光利一

宿かさぬ夕暮寺や閑古鳥/会津八一

夏草にまだ夕暮の日の光/大西淳二

夕ぐれを仏貌して秋遍路/大庭星樹

夕暮の蟻握りこむ牡丹哉/横井也有

夕暮の近き庭なり葉鶏頭/高木晴子

夕暮の錘りのごとき烏瓜/山田雅子

夕暮に白妙ふるへ月見草/藤間綾子

夕暮のはかりに重き寒鮃/有馬朗人

夕暮や野に声残る麦の秋/五車反古

夕暮の一本道の木槿かな/小川軽舟

夕暮の人しづまりぬ霊まつり/素丸

秋を出て夕暮通る舟一つ/尾崎紅葉

夕暮や嵯峨をうしろに鐘霞む/子鳳

俳句例:41句目~

夕暮やかならず麻の一嵐/正岡子規

夕暮の稲穂匂へる湖畔径/太田常子

夕暮は水美しや花菖蒲/成瀬正とし

深き谿ほど夕暮の朴の花/伊藤久夫

焼山の夕暮淋し知らぬ鳥/高浜虚子

生陶に射す七月の夕暮光/大橋敦子

落椿とは夕暮の音なりし/廣畑忠明

かなかなや夕暮に似て深曇/福永耕二

枯柏夕暮の子のふしぎかな/小池友子

夕暮の氷柱は空の色をして/高木晴子

夕暮のもの憂き雲やいかのぼり/才麿

夕暮の物音親し秋刀魚焼く/西村和子

夕暮がこんなに早し諸葛菜/木村ふく

夕暮はラジオを叩く父となる/仁平勝

夕暮の空美しき佞武多かな/増田義人

夕暮の篠のそよぎやみそさゞゐ/蓼太

夕暮を綿吹きちぎる野分哉/尾崎放哉

夕暮冷雨埋火/微熱継煙管/高柳重信

夕暮の改札通る冬菜かな/一町田愛子

夕暮の紙すべり合う花柘榴/田波富布

俳句例:61句目~

夕暮や土とかたればちる木の葉/一茶

夕暮の雨や焼野の匂ふまで/小杉余子

暮れんとす夏の夕暮尊しや/高木晴子

夕暮の雲の華やぎ良寛忌/鷲沢喜美子

夕暮は著莪の花のみ美しく/高木晴子

底冷えの夕暮蟹を売り残し/中村里子

夕暮に堪えし河口の時計台/久保純夫

夕暮の凧に少年糸捲けり/山口波津女

秋晴の日は静かなる夕暮よ/高木晴子

春泥や夕暮すこし冴え返り/小杉余子

夕暮を傍らに寄せ源五郎/田口満代子

夕暮の水にもどりし百合鴎/藤澤美代

朝凍みて夕暮ぬくむ杉山中/野沢節子

夕暮の水のとろりと春の風/臼田亜浪

朝凍みて夕暮ぬくむ杉山中/野澤節子

買物はいつも夕ぐれ冬菜畑/石川文子

雷雨去り別の夕暮来たりけり/滝青佳

花曇ゆふぐれ風のつのるかな/小澤碧童

七面鳥の青きゆふぐれ降誕祭/柿本多映

夕暮が日日に来る雀金になれ/細谷源二

俳句例:81句目~

夕暮になりにけるかな高燈籠/酒葉月人

夕暮にひかる桜桃ある祖國/宇多喜代子

夕暮のつれ~蟇をなぶりけり/尾崎紅葉

夕暮の匂ひの記憶さくら散る/南ひろみ

夕暮の小雨に似たり水すまし/正岡子規

夕暮の手がさみしくて泰山木/金田咲子

空地突切る毒消し売の夕ぐれ/喜谷六花

耳鳴りのあの夕暮は蝶の羽化/柿本多映

夕暮の欲望へ馬濡れて立つ/鈴木六林男

花火待つ子等に夕暮永かりし/池辺治子

茶の花や此の夕暮を咲きのばし/千代女

夕暮の河鹿にそゞろ歩すも旅/高木晴子

夕暮の莨はあましかけす鳴く/横山白虹

夕暮の菜の花色となつてゆく/唐笠何蝶

夕暮の蝌蚪に帰山の僧ゆるく/松村蒼石

夕暮は犬の時間ぞ梅雨に入る/櫂未知子

鶸の群ことに大樹の夕暮は/小島千架子

赤とんぼ夕暮はまだ先のこと/星野高士

隠沼の夕暮はやむかいつぶり/竹内隆三

雁がねも春の夕暮となりけり/高井几董

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました