ビルを使用した俳句

ビルに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

ビルを含む俳句例

東京のビルの屋上午祭/板谷芳浄

両岸にビル建ち並ぶ都鳥/岡安仁義

小伝馬町ビル雑然と雁渡る/轡田進

稲雀たるべき頃のビル雀/茨木和生

寒鴉ビルの一角掴み鳴く/中村居月

歳晩のビル耿耿と新聞社/稲田眸子

ビル風の中の一角花御堂/高木聡輔

透明なビルに入りけり裘/永島靖子

春昼のビルを港に飛行船/田中櫻子

夕顔や人間の影ビルの影/落合冬至

いわし雲ビル屋上の観覧車/竹澤/聡

青嵐ビルの鉄骨吊られ浮く/中井啓子

春雷や灯りてビルうら若し/奥坂まや

ビルの影踏絵の如し冬の朝/落合冬至

炎天を来てビルといふ影の箱/塙告冬

矢狭間よりビルの林立冬霞/小林迪子

ビルはみな角を失ひ霾れる/山田弘子

ビル映る池に番の残り鴨/加瀬ゆきえ

葉柳や四角四面のビルばかり/近風昧

艟艨のごとくビルあり霾れる/森田峠

俳句例:21句目~

ビルとビルの隙八重葎籃坂/六本和子

ビルの窓に大坂城と春の雲/高濱年尾

京橋のビルの座敷や葛ざくら/森総彦

ビル底に蝦散らし食ふ後の月/石寒太

ビル暗く運ぶ氷塊朝を告げ/大井雅人

新しきビル全館に夜業の灯/山口恵子

ビル番に傘借る退社震災忌/亀井糸游

暮早きビルの画廊に商談す/山田弘子

薬屋のビル立ち並び神農祭/田上悦子

取り壊すビルの空翔け初燕/三村純也

川に映ゆビルの林や初夏の朝/峰山清

夜濯やビルに灯れる非常口/樋口芦笛

放蕩やビルに前世の落花生/攝津幸彦

凧上げてビルの谷間の校舎かな/啓又

打水やビルの谷間の小待合/清水基吉

ビルの間に残る一軒布団干す/中村和子

生姜市抜け来て白いビルの胴/菖蒲あや

生き物の足裏乾けりビルの街/森田幸子

冬雲やビルが動いている東京/高林菊次

冴返るビルを映してビルの窓/小林月子

俳句例:41句目~

鰊来る地上のビルに汚職の髭/金子兜太

湿舌やビルは窓々灯をつけし/岩崎照子

雁帰る神田もいまはビルの町/山本歩禅

江東にビルふえにけり鯊の秋/富岡桐人

水の面に夕日のビルや浮寝鳥/関口謙太

はたと遇ふ秋風の眼の緬甸僧/川崎展宏

ビル壊す男ら日の丸弁当なり/五島高資

引鶴やビルの真ん中素通しに/西川知世

谺せずビル高階のつくり滝/船坂ちか子

幕張のビルの谷間に穂草刈る/海野/勲

ビル投影みだして進む藻刈舟/栗原蕎村

ビルの稜初金毘羅の燈を囲み/有馬籌子

サイダーや金属光のビルの駅/平林孝子

ビル朧どこにでもある中央区/中田美子

歳末のビルに灯ともる美容院/吉屋信子

蔦若葉もえて小暗きビルの口/山田弘子

ビルと云ふ直方體の夕おぼろ/高澤良一

ビル空へ伸びて名城末枯るる/山田弘子

総ガラスのビル夕焼の立方体/星野明世

ビル街に焼藷屋来て三時どき/井熊秀男

俳句例:61句目~

ビルに囲まれたばこ屋の蔦紅葉/青木梢

稲光りビルは発光体となり/加藤瑠璃子

秋風や酔歩掴みしビルの端/米沢吾亦紅

ビル街の炎暑闘となり抜ける/新江たか

ビル街の細き横丁夏来たる/成瀬正とし

新豆腐ビルの谷間に商へり/堀之内和子

朔太郎忌ビルの狭間に一風樹/吉田銀葉

ビル谷間山鉾ずんと空晴るる/坂井信彦

ビル街に残る黒塀ちちろ鳴く/秦野淑恵

向日葵にビルは裏側もて聳ゆ/古舘曹人

君が香やビル街に一つ秋の星/梶川祐子

秋風や昼餉に出でしビルの谷/草間時彦

ビル高層友ら耳立て内部の滝/仲上隆夫

春風や伸びゆくビルの安全旗/藤本朋子

ビルの街曲り上手に初つばめ/斉藤恵鼓

ビルの裾だらだら祭つづきけり/杉本寛

春の雪ビルの一角灯しをり/金尾梅の門

一人また一人ビル出て晩夏かな/植松紫

鳥帰る墓場のやうなビルの街/鈴木由江

ビルの影みな劃然とうまごやし/木下夕爾

俳句例:81句目~

ビルの影水底に秘め芦芽組む/市野沢弘子

ビルの根にすばやい守宮蘭匂う/伊丹公子

ビルの窓ビルばかり見え秋の暮/石崎晋象

ビルの花壇東京陽炎生まれけり/松山足羽

ビルの間に火星を挟む西鶴忌/佐野まもる

ビルの霜雲とびちりて光り盈つ/飯田蛇笏

ビルは灯を枯木は風を並べけり/岩垣子鹿

ビルは無番地枯るる柳を郵便夫/皆川盤水

ビルを組む大暑の影をおきつ放し/浜芳女

ビル住みの目線は城と霞む空/安田みさを

ビル巨体冬雲遠く寄らしめず/細木芒角星

ビル影は地に貼りつきて原爆忌/大東晶子

ビル毀つための後退シャベルカー/土方鐵

ビル街の日々暑く征歌日々おこる/瀧春一

ビル街の日替りランチ春めきぬ/伊東白楊

ビル陰に薄っぺらなる夏至の月/塚田采花

ビル陰の深きを行くも冬至かな/田淵定人

ボーナスやビルを零れて人帰る/辻田克巳

七月や彼方のビルを真帆と見て/岡田貞峰

冬の虹ビルの高さに来て消ゆる/稲畑汀子

タイトルとURLをコピーしました