高原を使用した俳句

高原に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

高原を含む俳句例

夏終る高原駅の時刻表/鈴木冽

群菫高原なれば日の強く/林火

露草や高原の汽車唯二輌/瀧春一

高原の天鼓の蛙五月闇/皆吉爽雨

高原の薄暑三百六十度/佐藤和子

高原の夏の薊に山の蝶/高濱年尾

高原の雨やむ湿気翁草/飯田蛇笏

高原の薊はまぎれ易き色/稲畑汀子

高原の蜻蛉は空を従へり/角川春樹

高原の裸身青垣山よ見よ/山口誓子

高原の観光ホテル夏蕨/赤星水竹居

高原の轢轆とほし秋の昼/相馬遷子

高原の鈴虫星へ谺せる/橋本美代子

高原の銀河は低し夜の散歩/塙告冬

高原の雨潔よし賢治の忌/吉田雅枝

高原の青栗小粒日の大声/西東三鬼

高原の風に芋虫太るかな/細川啓子

仙石の高原暮るゝ霧の音/石塚友二

開発の高原に湧く夏の雲/梅沢信作

高原の向日葵の影われらの影/三鬼

俳句例:21句目~

高原へ少女多情の夏帽子/対馬康子

高原や朝寒の天張りつめて/有働亨

高原を去るや鵯花咲いて/前澤宏光

黍刈るや高原の土秋暑し/西島麦南

高原の小さき部落柿の秋/高濱年尾

高原の戸に物売や新豆腐/星野立子

高原といふ円さあり露涼し/林糺苑

時雨冷覚え高原いゆく旅/松尾緑富

晩霜の予報高原星満つる/杉山鶴子

高原の柞黄葉の一色に/甲斐謙次郎

高原の秋めく日ざし小雷/星野立子

高原にゐてや蛙の目借時/笠原古畦

高原の筒鳥遠く聞き歩く/藤田静水

高原の老鷲の唄みづ浅葱/伊藤敬子

高原の色のはじめの櫨紅葉/滝佳杖

高原の草山に霧ふれて飛ぶ/上村占

高原に山雨到れば夜の秋/高濱年尾

牧閉ぢしあと高原の雲低く/大谷茂

石に踞し聞く高原の昼の虫/相馬遷子

高原の夜空は高し流れ星/赤木タモツ

俳句例:41句目~

青高原牛は重みを移しをり/横山房子

頬赤と蕎麦待つ高原大き傘/阿保恭子

高原の雨の土砂降り花さびた/東堯子

高原驟雨真鯉のような青僧侶/穴井太

高原湖太古の涼に月を呼ぶ/河野南畦

高原の白雲に濡れ黍熟るる/岡田日郎

高原を空母とおもふ良夜かな/仲寒蝉

上蔟の二タ夜の月を高原に/中西舗土

高原の秋運転手ギター弾く/木村蕪城

高原の空の広さに鳥渡る/稲畑廣太郎

台風来高原の闇うねり来る/柴田奈美

高原にこころ違へし花萱草/津森延世

高原や桔梗ゆゝしき濃紫/高橋淡路女

富士薊高原の風ほしいまま/下間ノリ

星飛んで高原は秋早かりし/福村青纓

昼顔に浅間高原あはれなり/室生犀星

高原や貸馬の汗腱に寄る/平井さち子

息しろく立つ高原の花の雨/大島民郎

木曽馬があそぶ高原紅葉晴/伊東宏晃

桃むけば燈真白に高原なり/村越化石

俳句例:61句目~

高原の水秋にして花あやめ/渡邊水巴

高原の秋日に主婦の馴染顔/飯田蛇笏

高原は梅鉢草に埋まりけり/小桐芝原

牧牛の群る高原や皐月富士/吉井竹志

高原の水禍をよそに地蜂焼/飯田蛇笏

高原の風ひびき合ふ草雲雀/小岩浩子

高原の風は秋冷たたへあふ/雨宮抱星

高原の秋高しとも深しとも/品川光子

高原の風に色増す秋あざみ/太田常子

高原の聖堂クルス照る五月/大橋敦子

高原の真上晴れぐせ天の川/伊藤翠壷

蛇苺高原の日に傷みたる/石橋辰之助

高原の列車花野の風運ぶ/近藤詩寿代

高原の曇れば黒き桔梗かな/相島虚吼

青芝を踏み高原の朝の弥撒/高橋照子

高原広きにいつまで双蝶星祭/香西照雄

高原文庫みどりの風の休館日/西野洋司

高原晩夏肉体はこぶ蝮とおれ/金子兜太

高原涼し靄の刻すぎ朝日の萱/古沢太穂

トマト赤し耳も淋しき高原に/対馬康子

俳句例:81句目~

卓にみな手を置く高原濃霧報/友岡子郷

夏惜しむ高原の鐘一つ打ち/古賀まり子

洪水ひきし高原川に梅雨の滝/前田普羅

畝涼しく高原野菜向ひ峯まで/佐野美智

秋の日の強し高原なればなほ/高浜年尾

菜の花忌蒙古高原まのあたり/大島麦邨

蟻見つゝ高原の刻過ぎゆくも/相馬遷子

邯鄲や高原はものの翳ひそむ/山口草堂

青高原わが変身の裸馬逃げよ/西東三鬼

高原なり蒔く人に蹤く白き犬/村越化石

高原に低き小雀の影をめづ/軽部烏頭子

高原に立ちはだかりて秋高し/高浜虚子

高原に黴てふものを忘れ住む/木村蕪城

高原のつゞく限りの秋日かな/永松西瓜

高原のリフト青田の上もゆく/茨木和生

高原の冷えしみとほる細身の銃/藤井亘

高原の夜に入る天の夏ひばり/飯田蛇笏

あけそめて高原の霧今やなし/高濱年尾

高原の月はや沈み虫の闇/五十嵐八重子

高原の薄みぢかき良夜かな/松本たかし

タイトルとURLをコピーしました