驚くを使用した俳句

驚くに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

驚くを含む俳句例

蛇落て驚く崕の若葉哉/維駒

新涼や豆腐驚く唐辛子/普羅

淋しさや人に驚く燕/正岡子規

万歳や雀驚く鶴の丸/野村喜舟

花に寐て月に驚く木蔭哉/雲居

山荘の客の驚く威銃/村田橙重

新涼や豆腐驚く唐辛/前田普羅

香を踏て蘭に驚く山路哉/月居

蝙蝠の物に驚く姿あり/正岡子規

青梅や客の驚く流れ水/石井露月

自転車の妻に驚く鰯雲/斉藤夏風

鶏の驚く春の霰かな/榎本冬一郎

驚くや旅地に早き梅柳/正岡子規

行年や何に驚く人の顔/尾崎紅葉

七夕や夢に驚く斧の音/正岡子規

斧入れて香に驚くや冬木立/蕪村

奥付の月日驚く花明り/都筑智子

初声に驚く犬の散歩道/丹羽香野

案を拍て鼠驚くや冬籠/正岡子規

大年の何に驚く夜啼鶏/佐藤春夫

俳句例:21句目~

名月や何に驚く雉の声/京-示右

梅が香に驚く梅の散る日かな/樗良

百姓の驚くほどの朝月夜/高野素十

臥猪かと驚く朴の落葉かな/泉鏡花

百叩きされて驚く干布団/児玉仁良

老人の何に驚く岡見かな/石井露月

散る花や鳥も驚く琴の塵/松尾芭蕉

嚏や硝子おどろく闇の果/石塚友二

汽車に驚く鴨におどろく旅人の我れ

松風に驚く松も雨水かな/池田澄子

水草生ふ驚くばかり月日過ぐ/立子

初雷や物に驚く病み上り/正岡子規

秋立つや何におどろく陰陽師/蕪村

きさらぎに桜驚く暑さ哉/正岡子規

山川の心驚く小鮎かな/徳永山冬子

山吹を踏んで驚く雀かな/正岡子規

落花せん耳もおどろく風の音/すて

小鳥来る驚くほどの青空を/中田剛

朝寒を土におどろく佐官哉/森鴎外

啄木鳥の月に驚く木の間かな/樗堂

俳句例:41句目~

荒波の何に驚く月夜かな/寺田寅彦

星隕ちて易者驚く星月夜/会津八一

浜明けて真砂驚く花火殻/高澤良一

裁判所出でて驚く春の雪/大高霧海

雪解の激流に触れ驚く子/高室呉龍

香を踏みて蘭に驚く山路かな/月居

鳥飛んで荷馬驚く枯野哉/正岡子規

燒栗のはねて驚く一人かな/正岡子規

啓蟄の虫におどろく縁の上/臼田亞浪

夢さめておどろく闇や秋の暮/秋櫻子

露の蕪抜いておどろく声洩らす/楸邨

川狩や人におどろく夜の鳥/子規句集

文月の三十日おどろく灯籠かな/此竹

煮えてきて蜆おどろく冬深し/辻桃子

御殿場に鹿の驚く夜汽車哉/正岡子規

石棺の朱におどろくや秋の暮/飴山實

幼子の触れて驚く含羞草/山根きぬえ

ひとへ物松島の秋に驚くな/正岡子規

昼暗き家内おどろく親雀/上田五千石

船入れて瀬に驚くや春の水/会津八一

俳句例:61句目~

胸病んで今年驚く寒さかな/数藤五城

うかとしてまた驚くや事始/松瀬青々

箸の先噛んで驚く良夜かな/鈴木鷹夫

宵々に小督驚くくゐなかな/正岡子規

窓あけて星に驚く花火かな/会津八一

穴釣りに富士が驚く雪煙り/飯田龍太

雨粒におどろく蜂や葛の花/岸本尚毅

鳴く千鳥幾夜明石の夢おどろく/其角

大鯉のはねて驚く雲の峰/五十島典子

桜桃の艶におどろく夜学生/沢木欣一

夏痩の胸が驚く汽笛かな/榎本冬一郎

着ぶくれて鳩に驚く男かな/岸本尚毅

春の夜の影におどろく紅雀/太田鴻村

中年や独語おどろく冬の坂/西東三鬼

葛の葉や何に驚く夕まぐれ/正岡子規

新聞紙音しおどろく青芝生/右城暮石

中年や独語おどろく夜の秋/西東三鬼

人妻におどろく鶏の後頸/宇多喜代子

仏めく母におどろく寒燈下/大野林火

佛めく母におどろく寒燈下/大野林火

俳句例:81句目~

朝比奈の髭におどろく蛙かな/龍岡晋

飛に驚く異国語に満てり/田川飛旅子

斧入れて香におどろくや冬木立/蕪村

千駄木の月に驚く坂がかり/鈴木鷹夫

驚くな顔にかゝるは萩の露/寺田寅彦

驚くや夕顔落ちし夜半の音/正岡子規

水かさに夕べおどろく花の雨/飴山實

石に觸れて芭蕉驚く夜半哉/正岡子規

葛の葉の何に驚く夕まくれ/正岡子規

はらはらと汽車に驚く螽かな/正岡子規

みごもると心驚く木の芽かな/小杉余子

恋猫の驚くほどのふぐりかな/二村恵子

毛を立てて驚く鴨の眠りかな/黒柳召波

水鳥の何に驚くぞけたゝまし/寺田寅彦

洟すする音に驚く余寒かな/小松崎爽青

添水鳴るたびに驚く穂草あり/山田弘子

眠りつつ驚く赤子卯浪立つ/和田耕三郎

秋風や栗鼠が驚く尾を立てて/羽部洞然

おとろへし親におどろく野分かな/原裕

よべ過ぎし崖におどろく露薊/林原耒井

タイトルとURLをコピーしました