かがむを使用した俳句

かがむに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

かがむを含む俳句例

新藁にかがみて濤の音拾ふ/裕

白河や若きもかがむ初月夜/素堂

大男腰をかがめぬ年忘/草間時彦

芦の花かがみて男笛習ふ/大野林火

幻の母来て屈む鴨の岸/伊丹三樹彦

林間に昏るる橇人前屈み/飯田蛇笏

屈み見て立浪草の濤のさま/森重昭

屈み入りたり闘鶏の掛筵/茨木和生

男立ち女かがめる蟻地獄/西東三鬼

大いなる冬うちかぶり屈み癖/林翔

汗ばみて生業屈むこと多し/細川洋子

水引に屈みて海を遠くしぬ/原田青児

末枯に屈みゐる人大きな穴/田中裕明

扇風機人は屈みて球を突く/京極杞陽

人妻よかがめば蛍鼻さきに/楠本憲吉

光蘚見んとかがむに霧沸々/栗生純夫

初凪やかがめばありし桜貝/山本歩禅

白舟波より低く人かがむ/加藤知世子

山畑に屈みて胸を暗うせり/竹本健司

屈まずに使ふ靴べら額の花/川崎展宏

俳句例:21句目~

鬼灯の風に屈めば日暮かな/中村祐子

思ひつゝ草にかがめば寒苺/杉田久女

屈みたる場所が一番蓬摘/橋爪きひえ

夕霧に佇つも屈むも川の末/和田悟朗

冬浪の前に屈みて貝拾ふ/山口波津女

九輪草屈めば峡の小学校/長谷部房江

すぐ屈む癖日だまりの枯葎/末永一雄

立つ男かがむ女や秋の波止/鈴木鷹夫

木苺にかがめば瀬音高まり来/荒久子

秋風にかがみ煙草火つく女/京極杞陽

桜蓼かがめば聞こゆ飛鳥川/大石悦子

地にかがみ若者の恋遠花火/大熊輝一

血圧低し冷え殺到の屈み癖/河野南畦

蓮根掘屈み直して掴み出す/轆田/凡

海上に夕焼屈み込むやうに/高澤良一

秋草の花の小さきに屈みけり/広瀬美保

草摘むとかがめば光る川面あり/村田脩

稲の香や屈めば水の音聞こゆ/矢島房利

苧殻火に屈まり並び妻にほふ/仲村青彦

見ゆるごと蛍袋に来てかがむ/村越化石

俳句例:41句目~

蓮掘りの屈みて柔らかき泥田/小松道子

冬ばらや臨時職わが腰かがめ/細川加賀

郷愁の身を屈めをり花すみれ/老川敏彦

雉の子も屈み走りに畦を逃ぐ/茨木和生

句に遊び小春の蝶にかがむかな/星野椿

配置図にかがむ農夫ら花の挑/加藤耕子

かがみ見てさらに地のもの藪柑子/正江

女の子尿るとかがむ曼珠沙華/遠藤梧逸

冬菊にかがみてゐたる割烹着/石田郷子

十二月八日かがみて恥骨在り/熊谷愛子

春時雨去来の墓にかがみけり/原コウ子

畳拭く秋やかがめば血の音す/寺田京子

手をかがむ白装束や秋のかや/飯田蛇笏

白神の蚯蚓おとこのかがみ癖/小林晋子

春泉にかがめば過去の顔々々/橋本榮治

納戸神かがみて拾う菫かな/宇多喜代子

菜園にかがみて炎暑また愉し/飯田蛇笏

けん玉の腰を屈めて冬に入る/高澤良一

冬ざれて虎刈りの神屈まりぬ/攝津幸彦

呉服座の木戸屈み入る紅葉晴/加藤耕子

俳句例:61句目~

母は灯にかがむ貝割菜の夜空/友岡子郷

土雛の目の高さまで屈みけり/一/民江

孫抱きて入水のさまに母屈み/江里昭彦

屈ませて遠足の子の数かぞふ/田中はな

屈まればまことに冥き春の土/攝津幸彦

屈み寄るほどの照りなり草紅葉/及川貞

田掻馬棚田にそびえ人かがむ/西東三鬼

屈み買う瓜に他郷の地熱かな/丸山景子

母の日や屈みて母の爪を切る/永野順江

竜胆やかがめば遠嶺も草の丈/花田春兆

犬ふぐり屈めばわれは銀河系/味元昭次

腰かがめ鉦打つ空也和讃かな/山下智子

秋寒し一茶の句碑の屈みぐせ/西野敦子

草萌にかがめば何か影よぎる/鷲谷七菜子

猫の子にかがみて諭す京言葉/中戸川朝人

花のこゑ聞かむとかがみ寒牡丹/鷹羽狩行

一穂の稲にかがめば伽藍かな/正木ゆう子

走り出て幼なもかがむ門火かな/森川暁水

杖の人浜ひるがほにかがみけり/山本洋子

念じをり文字摺草の芽にかがみ/草間時彦

俳句例:81句目~

一年生にかがみて話す花みずき/由利雪二

月見草咲く音を聞きに屈みたる/村住月耕

春の水鳴るか鳴らぬか身を屈め/高澤良一

子の丈に屈めばれんげ田の無限/箱井幸子

寒葵かがめば影をふやしたり/小田切輝雄

ひつじ穂も屈み穂となる引佐郡/坂巻純子

かがみつつ語れば草に露のぼる/太田鴻村

山蟻に屈み小さくなりゆけり/小檜山繁子

春泥を来てかがむほど小さき墓/渡辺桂子

朝顔に喪服のひとのかがむかな/瀧井孝作

枯芝の陽にかがむ児よ宝あるか/寺井谷子

梅花藻やかがむ男と佇つをんな/内田美紗

苺狩かがみてこころくれないに/和知喜八

ドガの絵を抜け来踊子炉へ屈む/菅谷恒徳

水替へて首あぐ子亀見てかがむ/春木狂花

屈まりて入る潜り戸や春寒き/橋添やよひ

湖に身をかがめ牡丹に聴く如し/古舘曹人

茶の花の日向にかがみ耳熱き/片山富美子

山の尾のうすら明りにかがむ父/佐藤鬼房

ボロ市に何買ふとなく屈みけり/毛塚静枝

タイトルとURLをコピーしました