盲を使用した俳句

盲に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

盲を含む俳句例

電線の影炎昼の盲壁/北野民夫

盲児の端居淋しき木槿哉/白雄

鍋いまし金環蝕や盲汁/下村梅子

梨の花盲しごとく立ち憩ふ/原裕

掃苔や十三代は盲なる/安積素顔

老の杖盲の杖や菊の宿/高濱年尾

攝待や盲扶けて子のあはれ/憂々

盲仏秋風に灯を盗まれし/樋笠文

雪国や人若やぎて盲縞/橋石和栲

日盛や杖の鈴鳴る盲僧/小川軽舟

野馬のゆすり起こすや盲蛇/丈草

双六めく盲暦を読初に/野澤節子

囀を身にふりかぶる盲かな/青畝

綿入は明治のころの盲縞/森婆羅

夏鏡女医の鞄に盲いたり/渋谷道

大雷やそれきり見えず盲犬/鬼城

手折々蠅に動かし盲ひ僧/河野静雲

仕立てたる秋の袷の盲縞/高浜虚子

雉子笛に山湖の波は盲縞/北野民夫

再びの雪に盲ひし雪達磨/竹下陶子

俳句例:21句目~

鉦たたく盲の父や梅若忌/高野素十

寒弾の盲の面の紅潮す/大橋櫻坡子

宵闇や盲し如く墓の道/松本たかし

椿落つ音にも盲耳さとく/福井玲堂

初鏡盲とならば清からむ/木村えつ

北冥ニ有リ盲ヒ死齢越ユ/佐藤鬼房

野馬のゆすり起すや盲蛇/内藤丈草

聾盲の母の八十八夜来し/萩原麦草

卒業の盲学生ら握手せり/小室風詩

読初を聴初とせり盲の座/村越化石

幸福な盲ばかりの弾始/阿波野青畝

永き日や寝てばかりゐる盲犬/鬼城

洟たれ児立てり綿入盲縞/西村公鳳

行春や親になりたる盲犬/村上鬼城

秋雨やよごれて歩く盲犬/村上鬼城

霰きく坐せる盲の友一人/京極杞陽

落花浴びて半盲半聾の立仏/安住敦

若き盲女眦ふかく初笑/中村草田男

枯るる中杖が考へ盲仏/加藤知世子

霍乱や里に一人の盲醫者/村上鬼城

俳句例:41句目~

船室に琵琶弾く盲神送り/宮武寒々

盲唖生校門をいづ雪日和/石原舟月

うきね鳥昼も夢みてゐる盲/玉木愛子

鳥雲に入り着ざらしの盲縞/長谷川双

かくて冬盲膏肓に入りにけり/安住敦

かの窓や盲ひし如く冬近し/島田青峰

鷺草に耳そばだてて盲なる/行方克己

戦盲の吹けばかなしき祭笛/吉屋信子

春寒やぶつかり歩行く盲犬/村上鬼城

春雪に盲ひし如く閉しけり/前田普羅

曇日の盲ひし池に蝌蚪蝟集/高澤良一

ゆく春の笛に妻恋ふ盲あり/飯田蛇笏

梅雨寒や盲の歌手の愛燦燦/山菅紫馨

洗飯膝にひろひて盲かな/阿波野青畝

湯屋暮春眼玉を洗ふ盲かな/宮武寒々

琵琶を聴く一人の盲先帝会/香月梅邨

仮面はがれ月に盲となる戦/大屋達治

盲春庭筆太の字の秋の聲/八木林之介

盲より唖のかはゆき月見哉/向井去来

盲同然炎暑爆音身に浴びつ/成田千空

俳句例:61句目~

盲女来て野中の厠で瞠かん/安井浩司

盲蝉ぶつかりに来る行者道/茂里正治

初夢の盲となりて泣きにけり/不死男

十六夜の盲を訪へる盲あり/村越化石

盲鬼あやうく骨のなるほうへ/仁平勝

秋風やよごれて歩行く盲犬/村上鬼城

団扇踏み盲となりし僧おもふ/上村占

塩掛地蔵塩に盲ひて春逝かす/安住敦

筆持たぬ盲ひの友の初電話/高橋利雄

花明り盲学枚へつづく坂/平井さち子

大雪や盲ひし如く家立てり/島田青峰

大雪や納屋に寝に来る盲犬/村上鬼城

妻のまま盲となりぬ菊枕/宇多喜代子

葱汁や寺に盲のかゝり人/石島雉子郎

誓ひには漏れぬ十夜の盲哉/正岡子規

陽炎よ耳盲ふるは花の光か/片山桃史

雛あられ盲二人の差し向ひ/村越化石

雪解鳥皇居におちて盲かな/萩原麦草

冬も黒き眼鏡盲いの目をかくす/三谷昭

盲ひたる土揺さぶつて寒の雨/松村蒼石

俳句例:81句目~

盲蝉ぶつかる音にまどろまず/高澤良一

けし咲くや石地の火蛾は盲とび/上村占

春盲ぼう~と火を焚きにけり/萩原麦草

盲顔を春の障子へ向けゐたり/村越化石

盲ひつつなほ暗がりの桃の花/柿本多映

上げられてしぐれにあひし盲鰡/森澄雄

盲鵜の法師のごとき寒暮かな/近藤一鴻

人麻呂の盲杖桜咲くを待つ/田畑美穂女

兵をして盲の馬をひかしむる/細谷源二

冬の鵙空に盲ふるごとくなり/矢島渚男

盲ひては辿る幾夜の冬木山/金箱戈止夫

冴返る盲ひの曲に目をつむり/山田麦城

秋の雨盲めざめて居たりけり/前田普羅

半盲のもつとも栗を剥きにくし/安住敦

卯の花の月夜を逝きて盲かな/萩原麦草

海溝に盲ひたるごと喪の四月/佐藤鬼房

襟巻にこころききたる盲かな/飯田蛇笏

子とあるく盲いの父の黒マント/三谷昭

冷夏過ぎ盲の鳥が殖えゆけり/天野素子

寒月下盲のごとく沼涸れをり/伊東宏晃

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました