墓場を使用した俳句

墓場に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

墓場を含む俳句例

短夜の幽霊多き墓場かな/正岡子規

一もとは墓場の中の薄紅葉/正岡子規

大旱や墓場もありて煤の町/森川暁水

櫻散る堂の裏手は墓場なり/寺田寅彦

盆過の小草生えたる墓場哉/正岡子規

鷄頭の下にごみ燒く墓場哉/正岡子規

何もかもかれて墓場の鶏頭花/正岡子規

大いなる地下の墓場や蝶二つ/有馬朗人

寒林のしきみは古き墓場かな/飯田蛇笏

山に上れば芒の中に墓場あり/正岡子規

深川は水漬く墓場のとんぼかな/龍岡晋

秋の蚊や墓場に近き寺の庫裏/正岡子規

耶蘇島の墓場は蜑の涼み処/小原菁々子

自動車の墓場に山の雪が降る/鈴木貞雄

花の山墓場の谷を蔵しけり/しかい良通

近道の墓場を通る夜學かな/鈴木洋々子

颱風が墓場の緑ひきちぎる/田川飛旅子

鳥帰る墓場のやうなビルの街/鈴木由江

をだまきのネオンの墓場春の霜/宮武寒々

地つづきに墓場はあれど冷し飴/岸本尚毅

俳句例:21句目~

墓場まで異なる海市もとめあふ/櫂未知子

墓場僧来て去る菊の吹かれをり/石川桂郎

弔旗行く雪掘つてある墓場まで/矢島渚男

怠けては墓場をあるく韮の花/秋元不死男

農機にも墓場のありて草紅葉/松倉ゆずる

墓場に手が生え枯草を撫で耽る/八木三日女

ひしひしと立つや墓場のまん珠さげ/正岡子規

牡蠣剥き場墓場のさまに殻積まれ/松永千鶴子

墓場ぽつんと白く光りて青葉なし/飛鳥田れい無公

墓場にも四季とふありて花かげに犬は交尾をつづけてをりぬ/時田則雄

タイトルとURLをコピーしました