野歩きを使用した俳句

野歩きに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

野歩きを含む俳句例

野歩きの果一月の星得たり/細見綾子

大焼野ゆく月面を歩くごと/平田倫子

太陽も野に踏青の歩を誘ふ/稲畑汀子

晴雪や農家の花嫁野を歩む/相馬遷子

野歩きの靴の重さが春に通ふ/細見綾子

野歩きのまなうら乾く草の絮/橋本榮治

現在地確かめ/枯野歩きだす/増田治子

音高き春の野水に歩をとゞめ/高浜虚子

土筆野のひとりは淋し又歩く/松下のぶ

大花野歩けば母に逢へるかも/大杉節子

晩秋の野の明るさを歩きけり/前田震生

寒雲雀聞かまく歩む曳馬野を/大島隆三

末黒野を歩き始めし定年後/長谷川瑞恵

芒野や空に近づくほど歩く/渡辺千鶴子

初夢の野をあはあはと歩きけり/高田/明

寒さ佳し欲望なしに野を歩く/山田みづえ

屋根裏を野のように歩き/独身/西川徹郎

広きこと美しきこと花野歩す/丹羽たま子

枯野歩す身や風に馴れ坂に馴れ/富田潮児

枯野電車の終着駅より歩き出す/細見綾子

俳句例:21句目~

史書に倦み秋草の野を歩きけり/宮島和夫

深雪野をいちにち歩き面痩せし/伊藤敬子

秋の野路歩々に土から石の音/中村草田男

茅花野へ杖を頼みの試歩百歩/前田/白雨

野歩きの夜は塩利きし零余子飯/村上光子

秋めくやのっぽとちびが野を歩く/穴井太

野遊びの天に歩みてゆくごとし/平井照敏

雲雀野の吾も一点となり歩む/馬場移公子

野の茶屋に柿買ふて遠く歩きけり/正岡子規

春ひとり野を歩きては野にひとり/中村ユキ

泣きながら一人枯野を歩きけり/高橋淡路女

穀雨かな記紀にしるせし野を歩く/伊藤敬子

野遊びの水車に向けて歩きけり/吉木フミエ

手を振つて歩くは人のみ夏の野へ/日比訓子

野に降りて毛深きふたり歩むかな/竹本健司

町を離れて野に入る歩々や春めけり/島田青峰

野を歩む雉子にもつとも雨ひかり/岡本まち子

ほのぬくみある末黒野を歩きけり/高橋淡路女

二人三人と歩いて花野のいまは一人/伊丹三樹彦

いぬふぐり歩き初む子を野におろす/西村三穂子

俳句例:41句目~

虫音そこここ眼な底澄みぬ野の歩み/飛鳥田れい無公

タイトルとURLをコピーしました