顎/頤を使用した俳句

顎/頤に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

顎/頤を含む俳句例

万歳の頤ながき旦かな/白雄

観音の頤仰ぐ淑気かな/森澄雄

大寒や男の顎の強き張り/林徹

紅の顎紐太し筑摩鍋/中山碧城

頤で人を数ふる年忘/鈴木鷹夫

桜狩たちまち顎の衰へぬ/辻桃子

頤の鬚に風あり五月晴/正岡子規

頤に長き鍋紐結ばるる/高野素十

椎夏木當麻を謡ふ二重顎/竹中宏

頤を大根台地の風掠め/高澤良一

美しき蝶の顎や月見草/齋藤愼爾

虚無僧の頤長き桜かな/正岡子規

泳ぎ来し蛇流木に顎托す/太田嗟

顎の鬚に風あり五月晴/正岡子規

良寛の頤細き涼しさよ/村松紅花

龍天に東北人の顎かな/奥坂まや

雲暗き幾日衾に顎埋め/石田波郷

一旅は三角の顎七日粥/連/宏子

夜桜の頤に河流れゐる/岡井省二

何者や雪駄顎鬚捕虫網/依光陽子

俳句例:21句目~

少年の顎紐光る植樹祭/岡本堯子

春月や鳴くに顎上ぐ石狐/宮本源

冬没日牛の顎の下に燃ゆ/日原傅

八重桜言霊呆と髭の頤/石塚友二

紅梅に赤坂小梅顎引き/高澤良一

顎長き男なりしよ初笑/大井戸辿

春の山なら顎で使いたい/永末恵子

吊柿鳥に顎なき夕ベかな/飯島晴子

目薬をさす頤や冬座敷/八木林之介

頤を石にあづけし秋の鮎/綾部仁喜

祭来る顎で重ねて鰻めし/角川春樹

秉燭や頤をうつ灯取虫/阿波野青畝

欠伸して顎長くなる春の昼/角光雄

末枯や舞踏は膝に顎うづめ/中田剛

葛水や頤に玉の音すなり/五車反古

顎割つてひらきをり祭笛/長谷川櫂

顎剃る至近山梔子はありぬ/中田剛

牡丹に顎付いたる男かな/岡井省二

良寛のながき顎や若葉光/佐川広治

顎はづれゐる鰰の眼かな/三嶋隆英

俳句例:41句目~

夕映や胡桃落せる顎若し/石川桂郎

頤をのぼる羞らひ夕薄暑/佐野美智

頤を垂れて沙釣る翁かな/籾山柑子

香焼けの顎を二重に暮春仏/吉野義子

放心の顎のあたりを春の蝿/高野万里

頤より齢加はるかもじぐさ/河合照子

日永し撫す顎もたぬ女らに/大石悦子

飯をくふ顎骨は逞しきかな/片山桃史

早乙女の豊かな顎の笠の紐/宮沢風花

頤にマスクをずらし饒舌に/岩田公次

したたりや石の仏の二重顎/森田公司

風の盆誰の言ひたる顎美人/浅川青磁

窓の月に頤突き出して聖哉/西山泊雲

秋風や寸ほど延びし頤の鬚/坪内逍遥

遠鳴神面裡顎緊む手力男/平井さち子

杖に顎のせて雀の恋見をり/鈴木鷹夫

秋暑し姉妹ガム噛み尖り顎/香西照雄

枯木燦黒衣少女の顎とがる/仙田洋子

秋晴や頤を支へて窓に坐す/角田竹冷

秋風の枕をときに顎の下/岩淵喜代子

俳句例:61句目~

冬の海吐出す顎の如きもの/高橋睦郎

顎紐に笑みのこぼるる祭笠/村上富子

穂麦風顎紐掛けて機関助手/斎藤朗笛

水蜜桃を徒弟が顎にしたゝらす/誓子

藤千房青年ら顎立て膝伸し/赤尾兜子

顎引きて弾みつけ鳰潜りけり/麓晨平

顎引いて太棹雁のわたる空/高澤良一

猫も手に頤のせてをり秋の暮/森澄雄

春風や頤とがるをんながた/高橋睦郎

加賀万歳頤まろき太夫かな/高村俊子

赤腹や未明の出湯に顎沈め/石川桂郎

薄衾顎のせて待つものもなし/森澄雄

鮟鱇の顎の残る鉤を見き/八木林之介

凍瀧の頤がつとはづしけり/川崎展宏

長官愛づ櫻なりきと顎引く/高澤良一

田掻馬蹴る泥水に顎ぬらす/沢木欣一

花藻うつ雨か顎をたたき去る/中田剛

麦秋の顎にとどまる泪かな/矢島渚男

顎の汗肩口で拭き城の段/平井さち子

雷嫌ひ第二の顎は脂肪にて/香西照雄

俳句例:81句目~

薄衾頤のせて待つものもなし/森澄雄

髭剃りし顎の手触り鳥渡る/深町一夫

炬燵に顎のせ友恋か山恋か/矢島渚男

写楽似が顎撫でてゐる濁り酒/野田勇泉

冬耕の鍬に顎のせ話しをり/上野ひろし

寒雲や吾が顎髭はアイヌ系/磯貝碧蹄館

年暮るる山のぬる湯に顎浸し/福田蓼汀

南瓜切る顎に力の入りたる/武藤美恵子

月いづる水夫舷側に顎をのせ/岸風三楼

机上わが顎から映る蝉澄みて/古舘曹人

水平に顎を回せり野のみどり/池田澄子

水飯を顎かつ~と食うべけり/高濱虚子

湾の山顎とつき合ふ泳ぎかな/籾山柑子

炉火赤し犬わが膝に顎をのせ/福田蓼汀

狂獅子かつと閉ぢたる顎かな/皆吉爽雨

粕汁や老いていよいよ顎長く/草間時彦

老犬の顎出してをり盗人はぎ/市古しま

船上やいま眩しさの顎まで海/加藤青女

落葉道来るストールに顎埋め/西村和子

餅搗の水呑みこぼす顎かな/松本たかし

タイトルとURLをコピーしました