灸を使用した俳句

灸に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

灸を含む俳句例

武士の寒き肌や大灸/前田普羅

寅背中とてけふも灸せず/山店

痩馬のあはれ灸や小六月/鬼城

み仏の前に肌ぬぐ二日灸/藤掛

風の子や裸で逃げる寒灸/一茶

仏恩に熱き涙や二日灸/小杉余子

何病の其筋々や二日灸/矢野奇遇

二日灸きかぬ薬を枕元/高田寒水

灸の点干ぬ間も寒し春の風/許六

抽斗の和同開珎二日灸/長谷川双

先人も惜みし命二日灸/高濱虚子

わが肩に上る煙や寒灸/下田実花

腹に背に灸あと痒し若楓/悌二郎

待となき二日灸の来りけり/大夢

本堂を待合室に二日灸/茨木和生

初灸翁も据ゑし足三里/小山陽子

紅梅に灸掛け干す垣根かな/琶扣

思ひ出でぬ二日灸を恋の種/言水

草餅のこゝは灸の名所哉/正岡子規

お念仏申し耐へゐる寒灸/杉森干柿

俳句例:21句目~

かくれ家や猫にすゑる二日灸/一茶

入院を少し延して土用灸/金盛素秋

出女を相手や旅の二日灸/正岡子規

背中より毒の煙や二日灸/高浜虚子

日当れる障子のうちや二日灸/篠原

老足に足袋美しや二日灸/後藤夜半

十郎や五郎も共に二日灸/正岡子規

善根に灸居てやる彼岸かな/炭太祇

恋衣抱きしめけり二日灸/滝川愚仏

笈磨れの尊き肩や二日灸/飯田蛇笏

秋祭果て木曽馬の足に灸/垂見菊江

土用灸真赤な雀飛びちがふ/菅裸馬

恋人の肌覗きけり二日灸/川合仙子

大叔母は崋山の妻や土用灸/辻桃子

少壮老い易く二日灸かな/高田蝶衣

一瀑に潮風まとふ土用灸/古舘曹人

一瞬の心の張りや一ツ灸/飛鳥雅子

大津絵の風神嗤ふ二日灸/羽田岳水

中国は五台に学び土用灸/有馬朗人

山寺の日がな賑ひ二日灸/八木昌子

俳句例:41句目~

猶遠き行脚の足や二日灸/大谷句仏

女房の我慢の眉や二日灸/日野草城

われと子と命尊し二日灸/前田普羅

灸点をぬるや二月の筆初/正岡子規

夜桜へ悪徳灸師と錠前師/攝津幸彦

声高に灸のはなし入彼岸/土田桂子

灸のない背中流すや夏はらへ/蕪村

灸から命のけむり鳥渡る/天川晨索

神鳴の灸する絵も扇かな/中村史邦

わが齢支へし脚に寒灸/白石天留翁

鍼灸の外で鶯啼いてをり/鈴木鷹夫

灸してなきしも我ぞ魂祭/中村史邦

邯鄲の枕かゝへて二日灸/松瀬青々

行商の旅の前夜の二日灸/天野菊枝

葉桜となり貼紙に寺の灸/広瀬光彦

渋鮎を灸り過たる山家哉/高井几董

関守の灸点はやる梅の花/小林一茶

あかがりをいざ灸せばや苅干火/惟然

夫留守の部屋匂はせて寒灸/大内迪子

寒灸のここが地獄の入口か/木田千女

俳句例:61句目~

寒灸の肩を互に老いゆくか/舞原余史

寒灸や痩身に火を点じたり/村山古郷

かな~や母よりのぼる灸の煙/飴山實

寒灸よりどころなき瞳をつむる/雨丈

寒灸小さな背中曲げて待つ/熊谷芳洲

しっかりと抱へる膝や寒灸/奥田草秋

寒灸師山家に来り泊りけり/前田普羅

すゑ残る一つに熱し二日灸/佐藤紅緑

寺詣りせし夜の更けて寒灸/大野信子

桜紅葉拾ひ妹が名灸り出す/田中水桜

料峭や灸ればちぢむ一夜干/新庄八重

なよ竹の雪折れ妻や二日灸/菅原師竹

ねんごろに誘ひ断る寒灸/神場さとる

春の雷年増の全身灸を待つ/宮武寒々

水傷に好けん水灸五月雨に/内田百間

灸して泣きしも我ぞたままつり/史邦

炮烙灸雨にさみしき土用丑/大谷句佛

百姓に大慈大悲の二日灸/築城百々平

石垣の菊灸らるゝ藁火かな/芝不器男

神農の虎と酔ひゆく鍼灸師/羽田岳水

俳句例:81句目~

秋に泣くふるき病や二日灸/松瀬青々

糠のごと小菊が咲きて灸寺/宮津昭彦

色つぽき手の甲の灸妓の秋/西本一都

花に行く足に二日の灸かな/正岡子規

衝立のへだつ背二つ二日灸/井沢正江

一泳ぎせり鍼灸の待ち時間/茨木和生

下駄箱に白緒がひとつ寒灸/石田勝彦

足弱の妻をいたはり土用灸/奥田草秋

亀の尾も残さず二日灸かな/松山華水

還俗の僧のいやがる二日灸/正岡子規

野山焼く頃や足にも二日灸/正岡子規

野阜の櫟伐られぬ二日灸/曽根原幾子

二日灸乳飲子ひしと擁きぬ/石田波郷

馬ノ灸ノ張紙出タリ摩耶参/正岡子規

二日灸和尚は灸の上手なり/正岡子規

二日灸石見は雨の濤の数/大峯あきら

二日灸遠鶯を聞きて堪ふ/岡本癖三酔

二日灸閨に西施の臂を噛む/尾崎紅葉

二日灸障子の破れ庭を見る/内田百間

初灸吉野ふみしも思ひ出に/島田五空

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました