熟睡を使用した俳句

熟睡に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

熟睡を含む俳句例

秋風の柱の下の熟睡かな/飴山實

水仙の吾を肯へり熟睡せむ/波郷

熟睡子を置く涼風の青畳/佐野美智

颱風の夜も夫熟睡夫老いず/及川貞

歌劇場全焼の夜を熟睡す/馬場駿吉

襖開け熟睡児の息雛の息/山田弘子

蒼穹に虹熟睡のダリの髭/仙田洋子

子の熟睡日本が楽し風車/阿部完市

熟睡の尻を責めてる鉄の棒/須藤徹

少年の熟睡の淵雪が降る/辻田克巳

秋近し熟睡の国に入りしより/斎藤玄

熟睡後の空晴れ初むる雛祭/中山純子

熟睡せり梅雨禽声に枕して/堀口星眠

桃咲くや髪をながして熟睡す/高星吐

熟睡して潔き目覚や草雲雀/相馬遷子

寒き松ばかり男が熟睡なす/中山純子

一つ葉の風に熟睡の臥羅漢/三沢布美

雪柳こぼれこぼれて熟睡す/岸風三楼

初詣小鳥屋はまだ熟睡せる/丘本風彦

船倉の葡萄は熟睡して運河/塩見恵介

俳句例:21句目~

稲田風総身にうけ熟睡せり/佐川広治

うたた寝も熟睡のうちや秋桜/手塚美佐

おぼろ月百を目指して母熟睡/中本清昭

赤ままは野分に荒れぬ熟睡欲し/飴山實

青柿や遊びつかれし子の熟睡/滝文太郎

たまゆらの道べの熟睡夏の月/相馬遷子

でで虫に銀の雨降る子の熟睡/石田厚子

風死して猫柳向きしまま熟睡/遠山弘子

刻々にもみづる谷ぞ熟睡せり/松村蒼石

夏の母熟睡の蹠すさまじき/宇多喜代子

ピン一本蝶の背に刺し熟睡す/遠山陽子

枯野去り満月が来る熟睡かな/金子兜太

熟睡し覚めては蝶の青虫飼ひ/細見綾子

熟睡翁敬ふ朝湯沸きにけり/水原秋桜子

熟睡して八十八夜かがやけり/相馬遷子

熟睡して稲妻はじく頬の骨/加藤知世子

熟睡子の軒早乙女の母に見ゆ/佐野美智

熟睡の短く覚むる春よ来い/ふけとしこ

熟睡中身より倒るる遍路杖/佐野まもる

熟睡翁敬ふ朝湯沸きにけり/水原秋櫻子

俳句例:41句目~

盆三日涼しき部屋に熟睡せよ/巌谷小波

短夜の旅の熟睡に聞くノック/稲畑汀子

神の手にある熟睡児や冬麗/船橋舟葉子

熟睡子は罌粟の焔にさめがたき/石原舟月

熟睡子へ春めく夜半の遠汽笛/猿橋統流子

梟に熟睡のときのついに来ず/宇多喜代子

木犀匂う月経にして熟睡なす/鈴木六林男

熟睡せる祭浴衣の子を背なに/太田ゆり子

熟睡なすまれびととあり黒揚羽/久保純夫

浅蜊に水いつぱい張つて熟睡す/菖蒲あや

熟睡せり木天蓼の実を水浸しに/宮坂静生

放りやすげな熟睡の児が裏返る/池田澄子

慈悲心鳥胸冷ゆるまで熟睡しぬ/澤田緑生

菊枯れてほしいまゝなる子の熟睡/大町糺

女手に竹植ゑて夜を熟睡せる/加藤三七子

乗初のディーゼル音に熟睡せり/高澤良一

雪積めりよべの熟睡の深さほど/相馬遷子

霜夜みどりご主に似姿の熟睡や/大高弘達

椅子深く水着のままに熟睡せる/大野林火

鵙の空教へ足りしは熟睡に似て/友岡子郷

俳句例:61句目~

かまきりの出目熟睡子と日向分け/古沢太穂

すはだかに熟睡したる籐椅子かな/飯田蛇笏

熟睡子をかたへや葛湯吹きに吹く/関戸靖子

白蝶のふるさと熟睡したまへる/殿村莵絲子

春暁の熟睡をさめし身のほてり/能村登四郎

卯の花腐し有給休暇の子の熟睡/柴田美代子

貼り残したる障子あり熟睡する/山口波津女

熟睡をせしこと青いちじくが知る/細見綾子

クリスマス熟睡の猫抱いてあげる/池田澄子

なかぞらに虻のかなしさ子の熟睡/橋本多佳子

干蒲団のかをりはあまし熟睡の香/川島彷徨子

苦悶の果実透け熟睡の捕虜となる/八木三日女

海水と遊び影濃き吾れの熟睡かな/夜基津吐虫

黒鯛食うて熟睡などなきごとくなり/岡井省二

タイトルとURLをコピーしました