かまいたちを使用した俳句

かまいたちに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

かまいたちを含む俳句例

死神に尻餅つかせ鎌鼬/林翔

鎌鼬榛の木原の花嫁孤影/林桂

鎌鼬前九年町上り坂/宮慶一郎

かまいたち仏に花を怠れば/黛執

お隣の瓦飛びくる鎌鼬/佐藤重子

鎌鼬少年の貌していたり/竹村脩

本を売り心の隅に鎌鼬/赤尾兜子

道の辺の男根様の鎌鼬/岩瀬満里子

天主閣の寄木柱や鎌鼬/町田ヨシ子

御僧の足してやりぬ鎌鼬/高浜虚子

傷を見て少年泣けり鎌鼬/三星山彦

鎌鼬昔むかしの母の傷/岸田みい子

広重の冨士は三角鎌鼬/成瀬櫻桃子

鍵穴をぬけてあやふし鎌鼬/筑紫磐井

鎌鼬冬のふらここ漕ぎ眩む/鈴木栄子

鎌鼬なるや師の足掬ひしは/小津溢瓶

鎌鼬宵月も匕首とばしけり/井沢正江

ちはやぶる奥の細道/鎌鼬/鈴木石夫

鎌鼬菅負ふ人の倒れけり/水原秋櫻子

その日より恋人の消え鎌鼬/窪田英治

俳句例:21句目~

つっかけの先をすくはれ鎌鼬/赤松子

三人の一人こけたり鎌鼬/池内たけし

城跡になまじ棲み古り鎌鼬/武川一夫

話には聞いてをりしが鎌鼬/高橋秋郊

柚もぐやきりりと足に鎌鼬/由利茘枝

貌見せぬ夜叉払ひたる鎌鼬/中村順子

軍装を解く山中のかまいたち/星野昌彦

わが膽に棲みてひさしき鎌鼬/眞鍋呉夫

心急くまゝにまろびて鎌鼬/長谷川蕗女

もの焚けば灰舞上がり鎌鼬/片山由美子

乙女子の衣を裂きしのみ鎌鼬/馬場駿吉

鎌鼬ざくりと一生始まりぬ/恩田侑布子

血塗りたる女人あはれや鎌鼬/檜垣括瓠

鎌鼬ほったらかしに海のあり/小林貴子

鎌鼬われは静かに病み臥せる/石川桂郎

鎌鼬人の世にある怨みごと/土田祈久男

鎌鼬こころの創は血を見せず/樋田初子

麦踏んで帰る焼野のかまいたち/中拓夫

倒産かもしれぬ槌投げ鎌鼬/和田つねお

いささかの父への遺恨鎌鼬/藤田あけ烏

俳句例:41句目~

馬売りて墓地抜けし夜の鎌鼬/千保霞舟

信濃には昔ありけりかまいたち/村松紅花

あかあかと飼ひ馴らすべし鎌鼬/黒田杏子

野を飛んできたりし脛に鎌鼬/瀧澤伊代次

声あげて見てもひとりや鎌鼬/田中よし雄

かまいたち楔を入れて木を挽けば/茨木和生

さげてゐしものとりおとし鎌鼬/吉岡秋帆影

ラーメンや見知らぬ町のかまいたち/田中正能

タイトルとURLをコピーしました