をんなを使用した俳句

をんなに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

をんなを含む俳句例

をんな見て佇つ少年や秋祭/原裕

蛍火やをんなの匂ひ水よりす/占

扇面のをんな艶たる秋扇/高澤良一

鵲や村はをんなが働き手/井沢正江

渡殿にをんな怖るる蛇の衣/筑紫磐井

人日の粥を福煮と伊賀をんな/北村保

褒貶はをんなの遊び小正月/井沢正江

花芒ひとり者めくをんな旅/石川文子

八月の畳にをんな肥りたり/藤木清子

雨をんな率れて越後の大花火/石寒太

乳搾る緑の朝のをんなの手/西島麥南

茸汁をんなに別の貌ありぬ/村上高悦

小をんなの鼠走りや寒の内/石塚友二

朝霧の眉にひびくと畑をんな/北村保

花曇をんなの厠混み合へり/佐藤洋子

をんな来て別の淋しさ青簾/長谷川双

福笹の笹の乾きも厄をんな/後藤綾子

熟れし郁子をんな主の生垣に/森更街

春風や頤とがるをんながた/高橋睦郎

隻眼の梟を飼ふをんなかな/鈴木鷹夫

俳句例:21句目~

火桶運ぶをんなの足の九文/岩永佐保

柏餅好きなをんなの子沢山/高見/弘

歯固や短かく朱きをんな箸/中村堯子

鷽鳴くや男の嘘とをんなの嘘/吉田未灰

鰭酒やをんなの声は鼻へ抜け/井沢正江

星月夜笛のをんなの白き指/曽根田幸子

驟雨に濡れをんな鼻声巴里祭/原田青児

初老とは四十のをんな浮寝鳥/黒田杏子

香水や腋も隠さぬをんなの世/石川桂郎

刷りもののをんなは軽し氷店/筑紫磐井

水鳥やをんな逃るる家を持たず/樋笠文

柿啖へばわがをんな少年の如し/安住敦

沈丁やをんなにはある憂鬱日/三橋鷹女

雁渡るをんなの影を地に残し/三橋鷹女

城跡の朱欒をんなを嫌ひけり/長谷川双

毛衣の四日のをんな鬼子母神/黒田杏子

夏立ちぬをんな余生の斜の構/大塚信子

蝶々に浪花をんなの粋見たり/高澤良一

末枯やをんなは常に胸を抱く/井沢正江

をんな数をとこに勝り舟起し/木内彰志

俳句例:41句目~

紫荊妻にをんなのさかりかな/島谷征良

花氷をんなは老ゆること早し/岸風三楼

紅葉宿をんな蹠を拭きにけり/平綿涼風

をんな湯は青竹囲ひ女正月/木村史津子

柾の実父弟逝きをんなばかり/岡田海市

枯谿にをんなけむりのごと現じ/上村占

白瓜や川が近くてをんなの子/斎藤夏風

爪を切るをんなひの字や近松忌/林香稟

追はるるは昔のをんな走馬燈/井澤正江

戦ひは闌けたりをんな単純に/藤木清子

年の湯に沈む股旅をんななり/黒田杏子

扇置くをんなの指に節ありて/谷口桂子

藤壺にをんな浮出る弥生尽/河野多希女

火の色の岩菲一輪をんな関/加藤知世子

三伏のをんないよいよ服剰す/石塚友二

幽霊図大方をんなお風入れ/和気久良子

蟻地獄をんなの巨体もて覗く/清水青風

をんな哺む白い舌めく柏餅/中村草田男

黄落へをんな身細め走り出す/高島筍雄

夏に入るをんな日暮の樹を好み/長谷川双

俳句例:61句目~

夏深く我れは火星を恋ふをんな/三橋鷹女

子をもたぬ四十のをんな地蔵盆/黒田杏子

座禅草をんなの息に堪へてをり/藤田湘子

形代にをんなの袂ありにけり/平井あい子

放蕩のをんななりしが目白飼ふ/前山松花

春空の顔をとこともをんなとも/川崎展宏

昼のをんな遠火事飽かず眺めけり/桂信子

朝寝してをんなの齢いみじけれ/大石悦子

枯れ蓮に捨煙草して去るをんな/石川文子

会葬の時雨のをんな誰も知らず/後藤綾子

梅花藻やかがむ男と佇つをんな/内田美紗

業平忌京に居たがる京をんな/笠井百合彦

残菊や日翳りやすきをんな部屋/木下妙子

海女の磯靴はくをんな吾ひとり/品川鈴子

消防署裏にをんなの住むみどり/長谷川双

添削依頼をんなばかりや夜の秋/草間時彦

煮冷やしに似たる一件京をんな/加藤郁乎

白障子をんなの会話閉ぢ込める/渡辺祥子

眦をけつしてをんな沖なます/稲垣きくの

石楠花や姉妹に繊きをんな偏/河野多希女

俳句例:81句目~

秋風やわが表札のをんな文字/鷲谷七菜子

秋風やをんなもねまり煙草吸ふ/中山純子

竹煮草夜は化け草のをんな関/加藤知世子

をんなきて火よりも淋し大根榾/黒田杏子

能の衣のごとし吉野のをんな瀧/佐川広治

花明りをんな淋しき肩を見す/五所平之助

花烏賊の腸抜く白足袋のをんな/鈴木鷹夫

蒟蒻り不帰のをんなを馬がれり/加藤郁乎

をんなの旅風がよく見え花卯木/長谷川双

蟇をんなはゆめに賭けて生く/稲垣きくの

西陣のをんな所帯の置きごたつ/前山松花

見も知らぬをんなの手紙三月菜/細川加賀

蹲るをんなに崎のつばめ去ぬ/佐野まもる

黄落やをんなの傘の透きとほり/風間啓二

遠縁のをんなのやうな草いきれ/長谷川双

郭公や朝ををんなの澄めりけり/林原耒井

鈴虫を鳴かせてをんな鍼師住む/前山松花

をんな泣きて冬麗日の炬燵かな/飯田蛇笏

閻王にをんなに鳥が花落とす/山口都茂女

闘はす牛に秋暑のをんなごゑ/伊藤いと子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました