満潮を使用した俳句

満潮に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

満潮を含む俳句例

角々に満潮の海七五三/原田喬

満潮に赫奕と日や初詣/大橋敦子

満汐の向ふの町の秋祭/中村汀女

満潮の刻となりゆく花吹雪/岸田稚

晩秋の感情線は満潮です/玉城幸子

満潮の安倍川河口芦の花/榊原壽子

満潮の川を使ひし出初式/伊藤通明

満汐に持ち合ふ花の曇りかな/青蘿

満潮の海動きをり曼珠沙華/中拓夫

満汐や春の月夜海のはて/正岡子規

満汐や橋の下まで春の海/正岡子規

満潮の芒に露の溢れをり/西村公鳳

満潮の荒びて来る夕薄暑/大橋敦子

満潮に舟漕ぐ恵方詣かな/鬼頭青苑

親しさ増す満潮の跳込台/津田清子

満潮に踊の足をあらひけり/森鴎外

野分吹く大満潮の松島湾/橋本夢道

満汐の風の中よりぎすの声/西村公鳳

満潮が倉庫の前に鳥総松/秋元不死男

満潮に浮く崎々の幟かな/島村元句集

俳句例:21句目~

満潮に蘆落つもあり飛ぶ螢/鈴木花蓑

満潮の松島湾に藻刈屑/阿部みどり女

満潮の沖まで平ら囀れる/吉野トシ子

満潮の鰆とる舟かしぎ舞ふ/山口草堂

満潮やたしか真北に猫神座/大西健司

満潮や寝る水鳥の床かはる/正岡子規

満潮や海月は泳ぐこと忘れ/白井新一

満潮の息苦しさに鯊浮かぶ/横澤放川

汐濁りして満潮の梅雨河口/今井杏太郎

満潮や涼んでをれば月が出る/夏目漱石

満潮の波をたゝまず夕焼す/鈴木真砂女

夕鵙に満潮となる舟に乗る/阿部みどり女

月下美人咲く満潮と言ふならむ/吉田紫乃

満潮を見し眼まはり目蝶の昼/稲垣きくの

牡蠣船の満潮といふ揺れにあり/山田弘子

満潮の変幻真夜の瞳にも巻く/稲垣きくの

満潮のここぞと管絃祭さかる/きくちつねこ

タイトルとURLをコピーしました