上/を使用した俳句

上/に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

上/を含む俳句例

元日や上上吉の浅黄空/一茶

短夜や塊乾く草の上/原月舟

初鴉海の上くる鮫岬/原竹木

玉椿落て浮けり水の上/諷竹

紫の上もめしけん傀儡師/蓼太

冬隣東京湾上雲一つ/高澤良一

上行と下くる雲や秋の天/凡兆

冬青き苜蓿の上や舟眠る/林翔

樹上より子の脚二本夏隣/林翔

三山の一山の上鳥渡る/角光雄

万人の命の上を郭公/正岡子規

枕上秋の夜を守る刀かな/蕪村

朝露のいざり車や草の上/素牛

紫に変る霞や海の上/野村泊月

月宮や白衣の上張り煤払/幽山

冬うらゝ雲上雲の仏たち/宋淵

枯蓮の上を高圧強電流/長田等

野馬や壁土いさす水の上/里東

夏掛や鳴門渦潮枕上ミ/岡本眸

舟遊び都の人を上坐かな/蕪村

俳句例:21句目~

夏鴉何を託宣国上寺/高澤良一

子雀の骸が朝礼台の上/今井聖

寒の雨煙の上を白く降る/篠原

なが旅の水の上ゆく春の雲/裕

短夜や枕上ミなる小蝋燭/鬼城

雁渡る杖突峠湖の上/桂樟蹊子

青苔や膝の上まで春の虹/一茶

秋の水心の上を流るなり/暁台

囀りや宿雪の上を水流れ/八束

砲やんで月腥し山の上/正岡子規

橙や山の上見て目の力/岡井省二

春たつや紙包ある舟の上/中田剛

水差に月光いたる枕上/鈴木鷹夫

春の夜や狐の誘ふ上童/蕪村遺稿

煤払や神も仏も草の上/正岡子規

春鰯売る銀山の橋の上/岩崎眉乃

竹秋の旅戻るかな汝の上/齋藤玄

ゆく春の月や近江の湖の上/麦南

水槽の鮃の上眼十二月/今井誠人

竹藪の上三尺を渡る月/藤野古白

俳句例:41句目~

旅人の扇置なり石の上/正岡子規

第三の石門涼し雲の上/正岡子規

島や素足向け合ふ舟の上/堀葦男

橙の仏頂面を書架の上/根岸善雄

枕上汝と海棠たちかはり/齋藤玄

袋の上袋重ねて暖房車/高澤良一

鷹の上を隼流れ初景色/山本洋子

海の上まで大阪の花曇/辻田克巳

上見て妻や劣らん県召/高田蝶衣

傾城の傘の上行く胡蝶かな/麦水

月暗し一筋白き海の上/正岡子規

ツリ上ゲシノ光ヤ暖キ/正岡子規

鷹がりの上坐下坐や芝つ原/一茶

晩涼や上径戻る草刈女/野村泊月

晩涼や音楽の上を雲迅み/岸田稚

晴明の頭の上や星の恋/夏目漱石

冱返る上三之町軒低し/浅田/暢

補陀落や滝の聳ゆる波の上/春樹

水馬金の上を通り過ぐ/古屋秀雄

此川の運上取や乗初め/渡辺波空

俳句例:61句目~

露寒し明星残る草の上/伊藤松宇

眉の上麦藁帽子一文字/小畑一天

氷る夜や畳にしめる上草履/青蘿

流星の声発したる湖の上/大串章

一葉ちる咄一葉ちる風の上/嵐雪

初霜や物干竿の節の上/永井荷風

その上を蛍飛ぶ也水車/正岡子規

送火や橋の袂の石の上/野村泊月

蛍火の一明二滅草の上/根岸善雄

七月の童糞せり道の上/石田波郷

蟹歩む気配遅筆の稿の上/今井聖

春興や頬杖ついて海の上/岸田稚

茸狩が莨入拾ふ石の上/寺田寅彦

牛市や赤い椿が泥の上/蘭草慶子

夜も昼も白波の上鳥帰る/桂信子

骸骨の上を粧ひて花見かな/鬼貫

冬鴎影遅れゆく波の上/福田鴉生

浮人形浮人形の腹の上/加藤静夫

行春の雲や寝姿山の上/吉田冬葉

風吹て雲寒々し海の上/正岡子規

俳句例:81句目~

馬追の緑逆立つ萩の上/高野素十

淡雪に花も蕾も枝の上/落合水尾

深秋や風の上行く影法師/齋藤玄

十里堤上櫨悉く紅葉す/寺田寅彦

厚雲の上を日のゆく薄原/桂信子

渡り板沈める上を柳鮠/高木青巾

蝶歩く百日草の花の上/高野素十

古郷や枕の上も夜の雨/小林一茶

八月の太白低し海の上/正岡子規

番椒畳の上へはかりけり/炭太祇

楸邨忌畳の上を蟻の匍ふ/桂信子

善光寺雲上殿の迷ひ虻/宮坂静生

春雨の花の上降り細さかな/篠原

囀の上わたりゆく風きこゆ/林翔

囚人の頸筋寒し馬の上/正岡子規

石の上春の霰の鮮しき/草間時彦

烏瓜細き蔓垂れ水の上/高濱年尾

清水の上から出たり春の月/許六

水の上定家葛の種吹かれ/飴山實

塊に菫さきたり鍬の上/高浜虚子

タイトルとURLをコピーしました