考え(る)を使用した俳句

考え(る)に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

考え(る)を含む俳句例

大蟻の考へてをる閾かな/泰

考える人の頬杖青嵐/中村星児

考への渦囀に包まるる/保坂リエ

考へ事して橋渡りきる/尾崎放哉

考えて水餅深く沈みけり/高星吐

考へて頷き老婆支線持つ/高島茂

南北を考えている寒卵/永末恵子

寒林や男を離れ考える/高澤晶子

人のこと少し考へ扇風機/内野修

枯蓮考へてゐて目が動く/岸田稚

考える五十七億本の葦/村瀬誠道

老鴬や木が一つ考へる/横溝養三

薺うつ先々のこと考へず/岸田稚

聖樹点滅考へる時間欲し/津田清子

考える肘が冷たい金木犀/布施徳子

考へるふりしてはまた蟇/今瀬剛一

考への鍵をあけたて夕端居/上野泰

考への行止りより黒揚羽/藤田湘子

白桃を啜る間何も考へず/細川加賀

考への断崖にをる端居かな/上野泰

俳句例:21句目~

考えてゐる顔の前吾亦紅/望月皓二

秋の海老人は馬を考える/金子皆子

考へに沈める女月見草/成瀬正とし

考へて申せば咳の伴へり/伊藤白潮

考へて一尺飛べり鴉の子/石塚友二

肉体が考えている秋の暮/池田澄子

暫くを考へてをり蜘蛛の糸/中田剛

籠を出て考へてをり白兎/清水基吉

外套に考えし皺残りけり/恒藤滋生

風光る歩いて考えねばならぬ/原裕

人生を考へる三月となりぬ/皆吉司

木兎の考へ込みし真昼哉/寺田寅彦

枯るる中杖が考へ盲仏/加藤知世子

青栗や猫は尻尾で考へる/中村明子

枯園に考へる人青錆びぬ/沢木欣一

草紅葉踏んで献立考える/中居由美

海をきく顔が考へ冬苺/加藤知世子

考へてをれば蜻蛉交むなり/辻桃子

考えること諦めて熱帯夜/二見宏子

大層に考えずとも春の雪/花谷和子

俳句例:41句目~

椎の花疲れて何も考へぬ/行方克巳

考えこんでいる影も歩く/住宅顕信

道元を考へてゐる裸かな/伊藤白潮

迷ひ箸考へ箸となる夜食/鷹羽狩行

考へてをる水仙ほころひる/山頭火

一口香みじかき戒名考える/穴井太

転業を考へて居り股火鉢/栗原狂山

足を見て考へてをる春の暮/上野泰

考へてゐる学生に春の川/廣瀬直人

蟻地獄死ぬ時の貌考える/寺井谷子

つながれて牛考へる春の暮/桂信子

永遠に考へる人花は葉に/佐伯時子

露の玉考へてをりふるへをり/小澤實

昼めしのことを考へ涅槃像/川崎展宏

晩年を考へてゐる冬木立/中村菊一郎

鵜篝を待つ間よ何を考へし/細見綾子

ががんぼの一肢考へ壁叩く/矢島渚男

栗を出て考へてゐる栗の虫/鈴木鷹夫

校庭に考へてゐる雪だるま/遠藤保資

桜満ち身過ぎ世過ぎは考へず/桂信子

俳句例:61句目~

桜貝ひろひ考へ出稼ぎ女/加藤知世子

止ることばかり考へ風車/後藤比奈夫

死ぬときの顔考えておく汗だ/成島狗

毛皮着て次は情死を考える/鈴木一江

泥葱は考へぶかく貧しかり/栗林千津

灯さずに考へてゐる秋の暮/長谷川櫂

石、蝶が一羽考えている/荻原井泉水

秋風のブ口ンズ像は考へる/嶋田一歩

紙の書に老後の一事考へる/河野南畦

罎の蝮鎌首立てて考へる/小川原嘘帥

考えていると年寄る片時雨/池田澄子

考えている鶏頭の重さなど/久保純夫

龍胆は考へる花やや暗く/小檜山繁子

考えると女で大人去年今年/池田澄子

考へがあつての馬鹿を冷奴/加藤郁乎

一匹は考へごとの毛虫かな/上山洋子

考へてまた炎天を歩き出す/福井貞子

云い訳を考えており夏の雨/伊関葉子

考へてゐるひとところ悴める/岸田稚

今死なば夕菅忌とも考へて/京極杞陽

俳句例:81句目~

考へてをり凍鶴と同じこと/鈴木鷹夫

他のこと考へ枯野逢曳す/堀井春一郎

低く来る蝶の視力を考える/池田澄子

考へて泣いて疲れて秋の暮/森田愛子

考へて考へ抜いて暖かし/後藤比奈夫

先生を考へてをり月の枇杷/斉藤夏風

考へぬことも哲学夏炉燃ゆ/橋本榮治

考へのがらりと変り昼寝覚/柏井季子

冷房の密室にゐて考えごと/高澤良一

出欠を考へ考へ梅を漬け/宇多喜代子

考への何時としもなく懐手/輪湖琴女

考への小は切捨て日向ぼこ/依田明倫

別のこと考へてゐる遠花火/黛まどか

考への遥かより来し負真綿/栗林千津

哲学の道考へる小鳥居て/田畑美穂女

考へはあともどりして日短/松尾静子

考へるさまに傾く雪だるま/大高千代

考へるための夜が来て鉦叩/佐藤麗子

夕焼けて考へる葦そよぐ葦/和田祥子

考へる人か遅日の居眠りか/灘/八朗

タイトルとURLをコピーしました