庵を使用した俳句

庵に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

庵を含む俳句例

蕋の金初日に匂ひ庵椿/風生

俎の泥庵色や山桜/小川軽舟

榾たくや沈の杣人梺庵/昌夏

蓑笠に庵の狭さよ宝船/蓼太

初茸に紛る庵や松の中/支/考

恙なきや庵の蕣初嵐/正岡子規

太箸や草の庵も旅心/正岡子規

人形の女正月草の庵/後藤夜半

筍や泣簑庵の垣のうち/龍岡晋

朝夕に引くや庵の牛蒡畑/蓑立

爐びらきや雪中庵の霰酒/蕪村

筍に識かりにくる庵主哉/維駒

草庵の短き縁を拭始/富安風生

五合庵柱細きに風薫る/村田脩

その庵は都の乾遍照忌/羊/我

花柊匂ふ如庵の躙口/角田勝代

炉びらきや雪中庵の霰酒/蕪村

山焼の柱に映つる庵かな/青々

草庵の三幹竹や蝸牛/岩木躑躅

神佛もなくて庵や更衣/原石鼎

俳句例:21句目~

我庵は榎許りの落葉かな/樗良

旧正の草の庵の女客/高浜虚子

藤袴庵主のしろき紬帯/佐藤とよ

嵐雪が黄菊白菊庵貧し/正岡子規

薺咲く幻住庵の茅の門/志賀松声

ささの庵交野の里や出合星/露言

新麦やたけのこ時の草の庵/許六

秋風の俄に荒し山の庵/高浜虚子

書初や草の庵の紅唐紙/飯田蛇笏

巣立鳥雲洞庵の経石に/川口崇子

蓑笠を蓬にして草の庵/正岡子規

葭鳥や日のさし廻る仮の庵/錦水

寂莫と庵結ぶや蚋の中/尾崎紅葉

萩芒元政庵はすきな寺/中川四明

うの花の中に崩れし庵かな/樗良

草庵に温石の暖唯一つ/高浜虚子

紅葉散る庵に平家物語/眞砂松韻

菊咲くや草の庵の大硯/正岡子規

我庵は上野に近く初鴉/内藤鳴雪

山吹や一つ庵に釜二つ/石塚友二

俳句例:41句目~

一対の京の福鈴庵の春/渡辺桂子

帰らうと思へは寒し山の庵/闌更

寒菊や垣根つづきの庵の数/太祇

草の庵童子は炭を敲く也/炭太祇

木啄も庵はやぶらず夏木立/芭蕉

一升壜置く草庵や花薺/脇坂啓子

わが庵の鏡ひらけよ鼠ども/蝶夢

草庵の東隣は野梅かな/松岡青蘿

花薄かり庵にまねく秋田哉/宗因

草庵の弱りはじめや秋の蝿/丈草

小鳥来る幻住庵の深庇/田島和生

芭蕉葉を柱に懸けん庵の月/芭蕉

秋の田の刈穂の庵は米屋哉/之也

年だまやわび寝の庵の枕上/召波

寂寞と庵結ぶや蚋の中/尾崎紅葉

寂庵に入谷朝顔市の鉢/茂里正治

我が庵や元日も来る雑煮売/一茶

更衣草庵藤の花ざかり/岡本松浜

積塔や雨しめやかに聖聚庵/寸/

三寶に東海南山庵の春/正岡子規

俳句例:61句目~

世を旅の銭少しある庵の春/葛三

玉椿一輪挿して五合庵/芋川幸子

灯火親し鴫立庵の大硯/高島和子

滴りや西行庵に下る径/神田一萩

満月を庵一杯の山居かな/中勘助

深秋の蝶寂庵の勝手口/黒田杏子

水鶏啼く黎明庵の白襖/中川宋淵

鶯や東よりくる庵の春/正岡子規

鶯の鳴くや如庵の柿葺/清水弓月

庵主や肱を枕に夜短か/清原枴童

我庵は汽車の夜嵐時鳥/正岡子規

白障子白美しき石鼎庵/塩川雄三

群蒼々大字湯坪ゆつぼ庵/穴井太

香盤の煙も暑き庵かな/上島鬼貫

残る虫辧慶庵に垣廃れ/加藤耕子

冬の庵に菊存す岡の北/正岡子規

担庵の韮山竹も秋の声/宮坂静生

藪椿こぼれ籾山梓月庵/皆川白陀

刀傷柱にありて洪庵忌/友村椎葉

庵室の庇を没す芒かな/寺田寅彦

俳句例:81句目~

橘の曙覧の庵や人丸忌/正岡子規

初雪や幸ひ庵にまかりある/芭蕉

鎌倉の草庵春の嵐かな/高浜虚子

口切や庵の行事の覚書/石井露月

酒は桃鯛は桜を草の庵/正岡子規

呪詛で蚯蚓鳴かせず庵の僧/乙二

檜の雨に蛙宿かる山の庵/中勘助

橘ノ曙覚ノ庵ヤ人丸忌/正岡子規

谷へ散る西行庵の遅桜/山口耕堂

庵買て且うれしさよ炭五俵/蕪村

夏の椎幻住庵に雨の音/児玉輝代

夏を宗と造れば庵に野分哉/也有

星林の真下に庵年の果/小澤克己

我庵や萩に飯櫃松に竿/正岡子規

忘れ庵秋風に蜘蛛成佛す/中勘助

一葉落つ乙子の庵の板庇/森重夫

松に鳴く蝉松に泊つ一夜庵/原裕

行水や椎高々と古庵/東洋城千句

蜩の聲に戸をさす忘れ庵/中勘助

蜆売西行庵を出できたり/中火臣

タイトルとURLをコピーしました