焔を使用した俳句

焔に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

焔を含む俳句例

赤き焔黒き焔や花篝/京極杞陽

水明り焔明りの麻畠/広瀬直人

飾焼く焔の中に海の色も/青邨

油焔寒し廃塩田の水の皺/原裕

離れとぶ焔や霧の夕焚火/石鼎

枯菊を焚く美しき焔揚げ/浩山人

煙なき牡丹焚火の焔かな/原石鼎

夜焚火の焔吹き倒され昏む/林火

火祭や焔の中に鉾進む/高濱虚子

煙なき牡丹供養の焔かな/原石鼎

雪中に焚く枕木の赤焔/右城暮石

鵜篝の煙隠れの焔かな/京極杞陽

西日中大戦の夢焔なす/石原八束

蝋燭の金ンの焔や寒詣/村上杏史

緋木蓮の焔なす下三輪車/森澄雄

白壁の焔硝蔵や雲の峯/寺田寅彦

焔の色の鬼の衣や里神楽/山本勇武

水焔は遠し炎昼の異邦人/石黒一憲

練炭の青き焔に太宰読む/鈴木淳一

きらとする鷹の瞬焔なる/松瀬青々

俳句例:21句目~

油火の焔地を這ふ地蔵盆/猪股洋子

油虫瓦斯の焔が美しく/嶋田みつ子

鹿の眼に映る焔やお山焼/角田勝代

鵜篝の流れ流るゝ焔かな/鈴木花蓑

鳥翔けて空焔なす秋の暮/堀口星眠

迅雷や竈あふるゝ焔澄み/高橋馬相

撓鐵の焔海風を灼きて冬/内藤吐天

枯れ果てて色無き草に立つ焔/林翔

鮮人の上ぐる焔の夕青草/細見綾子

火祭の火龍となりて大焔/高澤良一

旅人に峰焼く焔大いなる/高橋馬相

わが焔菫の里へ片寄せむ/栗林千津

日盛りの八百八町焔立つ/正岡子規

炭俵火となる焔宙に鳴る/内藤吐天

明王の焔を帆とせむ大旦/斎藤梅子

月若しくらま祭の大火焔/野澤節子

焔して燃ゆる雲あり槇新芽/原石鼎

一の焔に昔が戻る萩供養/手塚美佐

本堂は牡丹焔の上にあり/川井玉枝

一塊の石炭くらき焔かな/栗内京介

俳句例:41句目~

一柱の焔めくれて十二月/野澤節子

一火床一焔を掲げ大文字/丸山海道

七輪に寒い焔の翅相住ひ/辻田克巳

枯菊を沈めて高き焔かな/藤崎久を

秋刀焼き宝くじ焼く青焔/右城暮石

両面焚倒焔式窯草萌ゆる/橋本榮治

人の手に焔みじかく厄詣り/桂信子

停年や一舌伸びて野火焔/河野南畦

裸にて焔と化すや曼珠沙華/中勘助

冬芽また焔のかたち牡丹焚く/原裕

剣に舞へば蝋燭寒き焔哉/正岡子規

炎天に麦屑を焼く焔かな/大谷句佛

卵酒或夜からみの焔燃ゆ/中川四明

蝋燭の焔の瑠璃や夏の暮/山西雅子

蛆虫の市場は遠い掌の焔/伊賀元一

虫送り武州訛りに焔を囃す/町淑子

薪能入日の中に焔燃ゆ/橋本多佳子

夕牡丹芯の奥より焔立つ/川村五子

夜桜にあがる焔の二タ柱/高澤良一

天上の真日の焔や梅の花/渡邊水巴

俳句例:61句目~

太陽は焔ひき燃ゆ羽抜鶏/山口青邨

臘八会炭火奢りの焔吐き/飯田龍太

山国は炭焼く焔鉄路まで/辰巳秋冬

水仙や焔に透けて鶏あゆむ/永島靖子

煙突の焔に春潮の靄にごる/石原八束

はち切つて焔二尺の誘蛾燈/萩原麦草

ひと焔宙にとどまる畦火かな/岸田稚

飾焚く吹雪まじりの焔上げ/村上三良

飛んで入る焔あやなし時鳥/正岡子規

雪折のもの山のごと焔上ぐ/成瀬雄達

除夜の鐘焔さかりのいま終る/井上雪

金色の焔の牡丹焚火かな/山崎ひさを

鰊焼く焔が皮に移り燃ゆ/田川飛旅子

一喘の焔を上げし炭火かな/鈴木貞雄

湖昏れて山女焼く焔の美しく/菅正子

角材に焔とろとろ焼藷屋/深見けん二

焔迫れば草薙ぐ鎌よ野焼守/杉田久女

山眠る一と焔にて檜燃え/神尾久美子

大榾の二つの焔たゝかへり/川上朴史

火をかけし桜紅葉の焔見ゆ/萩原麦草

俳句例:81句目~

又別のところに焔落葉焚/深見けん二

快気焔あげてゐるなり烏瓜/高澤良一

押黙り苧殻の焔見つめをり/高澤良一

大野分陶窯の焔が合掌す/小川原嘘帥

大霜の上にどんどの焔かな/大谷句佛

行く秋の焔の多き絵巻にて/桂樟蹊子

菜殻焼く焔に躍る侏儒かな/野村喜舟

芝紅葉焔となりて石つつむ/山口青邨

芝焼の立つ焔辷る焔山の風/丸島純平

春暁や紫焔紅焔富士の頂/徳永山冬子

綿虫を青き焔と思ひけり/橋本美智代

曲るたび焔かきたて虫送り/山田文鳥

焚火今焔の倒れ合ひながら/京極杞陽

草焼の焔すゝきに及びけり/細見綾子

月食下焔をはこぶ焼薯屋/田川飛旅子

納め札いまぞと抛る焔かな/千葉玲子

火の中を焔のすすむ十二月/黒田杏子

笹鰈焼く焔も春の若狭なる/伊藤京子

教卓のガーベラ明日へ焔なす/近藤実

羅や口つけ煙草焔を押して/北野平八

タイトルとURLをコピーしました