金を使用した俳句

金に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

金を含む俳句例

海一句金短冊に筆始/有働亨

蕋の金初日に匂ひ庵椿/風生

会釈して金壷眼冬木伐/森澄雄

金扇よき光ぞとあふぐなり/在

酒槽の金紋総朱寒造/西本一都

金屏の松の古さよ冬籠り/芭蕉

品替る金玉の声や玉毬打/重昌

金屏の松もふるさよ冬籠/芭蕉

金屏の金の剥落山桜/齋藤愼爾

金屏や賢き妹が筆始/会津八一

金かんや南天もきる紙袋/一茶

山吹や井手の下帯に包金/西石

山吹や金のすたる水の底/我則

蝉の昼池の萍緑金に/内藤吐天

春雪や金閣金を恣/松根東洋城

金粉は盃の底七日暮れ/平野卍

白綾に金王桜さきにけり/史邦

翁金扇拡ろげ初神楽/石原栄子

羅や匂ひ袋に金の糸/羽野里美

海界に金の綰や春隣/八木林之介

俳句例:21句目~

厨なる蕨の上に金指環/前田普羅

金泥の水の落日鳰くぐる/桂信子

金屏に夢見て遊ぶ師走かな/支考

奥えぞの金の仏に初蛙/沢木欣一

金泥の額の古びや冬籠/会津八一

金屏の羅は誰ガあきのかぜ/蕪村

紅梅も白梅も金ふちどりぬ/原裕

地に金の首飾売る冬旱/宮坂静生

紺紙なる金泥の蘭秋扇/高浜虚子

天金の復刻開く漱石忌/奥村八一

盆過の紺紙金泥日課経/斉藤夏風

狛犬の金歯赫々木下闇/河野静雲

清盛が金扁光る紅葉哉/幸田露伴

金掘る山本遠し閑居鳥/蕪村遺稿

満鉄の金釦手厚きは皇恩/仁平勝

米俵金となりゆく冬日閑/瀧春一

金扇に紅き日輪武者飾/山口誓子

一体は金に塔内仏の寒/皆吉爽雨

沢瀉の金覆輪の夕かな/斎藤夏風

金屏や一輪牡丹瓶の中/正岡子規

俳句例:41句目~

浮寝鴨薄眼入日の金枯葦/桂信子

金屏の雲や燭燃ゆ夷講/松瀬青々

金屏に風防く鉢の桜哉/正岡子規

相伝の金創膏や梅の花/夏目漱石

寒月の金の稚し水の上/巌谷小波

屠蘇重し軽き朱金の酒杯に/草城

裏山に金粉散らし春の月/原和子

金の芒頂上駅に降り立ちぬ/原裕

天金の書を繙くや初燕/山川安人

蝋燭の金ンの焔や寒詣/村上杏史

緑星金の純粋紛れなし/高屋窓秋

短日の金門橋下汐変る/高濱年尾

手水水涼しかりしを金火鉢/曲言

元日の金玉の時過ぎて行く/瓜人

春愁や金の眼の深海/山下かず子

各各の水洟顔や金の事/会津八一

春雪や金閣金ンを恣/東洋城千句

畳まれて眼の金環や鯉幟/有働亨

初売や金地の色紙店頭に/寺井治

書写山に来て金芒銀芒/山田木染

俳句例:61句目~

花鰔とて金鱗に朱一線/福田蓼汀

色男金はなくとも吉葉山/仁平勝

秀衡塗金の一筋雑煮椀/松本澄江

金の箔おくごと秋日笹むらに/占

秋旻や金龍昼の月争ふ/臼田亞浪

白汁金気を嫌ふ何何ぞ/石川桂郎

同人会忘年会と金嵩む/高澤良一

金の間の庭一ぱいや八重桜/李由

暖房や絨氈赤く壁は金/京極杞陽

金蝿も銀蝿も来よ鬱頭/飯島晴子

金運の白蛇様も穴を出づ/後藤章

金閣の金を破りて錦鯉/高澤良一

金風の美しければ蝶も又/星野椿

金風の面影塚を包みをり/星野椿

釜神の金壷眼神の留守/猪股洋子

針金の金気切れたる鳰/宮坂静生

鍋いまし金環蝕や盲汁/下村梅子

降る雪に金の卵を想ひゐる/林桂

雲雀落ち天に金粉残りけり/照敏

金屏の空の如くに翳りけり/上野泰

俳句例:81句目~

眦に金ひとすじや春の鵙/橋本鶏二

ベタ金の心臓の心音清し/阿部完市

古草の金を金堂跡に踏む/井沢正江

河骨や金の待針湖に刺し/坂本祥子

金屏に雨吹きいるる野分かな/蓼太

満堂の閻浮檀金や宵の春/夏目漱石

宿生木の冬青々と金蓮寺/望月皓二

家売つた金なくなりぬ秋の暮/鶴英

秋冷や佛にのこる金の耳/古舘曹人

五月雨や金の小笠の馬印/正岡子規

金の匙霞一皿平らげる/栗田日出子

仁母は金残雪に歩み入り/古舘曹人

箸置に金の折鶴年酒酌む/赤羽岳王

眦に金ひとすぢや春の鵙/橋本鶏二

仏壇の金をくもらす蒸し藷/檜紀代

盗人の金や隱せし冬木立/正岡子規

金屏に筆投げつけつ時鳥/正岡子規

金を蒔く天職五月高窓に/古舘曹人

釈迦の国金ンを貴び涅槃像/比奈夫

倒れ菊金泥の如土砂を塗り/上野泰

タイトルとURLをコピーしました