時雨/しぐれを使用した俳句

時雨/しぐれに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

時雨/しぐれを含む俳句例

頭巾きて老とよばれん初しぐれ

切株の茸かたまる時雨哉/一茶

何色の暗き一色秋時雨/斎藤玄

塩鮭は親し北方から時雨/雅人

畝襟や時雨もいたく横嵐/尺草

時雨けり衣手の森洗濯屋/調泉

鶯の卯の時雨に高音かな/几董

新田に稗殻煙るしぐれ哉/昌房

時雨にもいと騒々し男松/立独

時雨てや花まで残る槍笠/園女

枯蘆や起て戦ふ一しぐれ/淡々

大根の大根になる時雨哉/尚白

重箱の銭四五文や夕時雨/一茶

笠箱や跡の川音夕しぐれ/調泉

十月の今宵ハしぐれ後の月/蕪村

春時雨清水坂に小買物/麻田椎花

古郷に高い杉あり初しぐれ/荊口

暮て行時雨霜月師走哉/井原西鶴

軒庇秋の時雨を暫しのせ/上野泰

夕日さす波の鯨や片しぐれ/巴人

俳句例:21句目~

蒟蒻の湯気暖かに時雨かな/猿雖

初時雨姫街道の石紅し/有馬朗人

僧堂の鐘一打より夕時雨/星野椿

赤玉の木の実も降や露時雨/一茶

聖堂の森の時雨や夕鴉/寺田寅彦

婿入の宵月ほそし初しぐれ/鉄僧

唯今は十国峠時雨をる/高木晴子

唐人の泪ぞ時雨色じゅくし/丸露

菊の殼色も残さず時雨けり/篠原

竪戸樋の中は旱の時雨かな/士丸

勤めより夜の勤めへ秋時雨/林翔

宵々の砧もうとし初しぐれ/我則

総門の白蛙股時雨けり/高澤良一

再びの春の時雨の板庇/星野立子

くろみ立つ沖の時雨や幾所/丈草

振売の蛤飛ぶや村時雨/幸田露伴

野風吹く室町かしら初時雨/几菫

門前や一本槇の露時雨/松瀬青々

ぼた餅の来べき空也初時雨/一茶

星月夜空にはくれし時雨哉/孤舟

俳句例:41句目~

川添の飴屋油屋時雨けり/泉鏡花

初時雨夕飯買に出たりけり/一茶

寝莚にさつと時雨の明り哉/一茶

定家卿時雨そめけん夏座敷/調和

夕時雨蟇ひそみ音に愁ふ哉/蕪村

朝風の零す旋律露しぐれ/湯川雅

吹かれ~時雨来にけり痩男/一茶

時雨せよ茶壷の口を今切ぞ/一茶

時雨たか今朝は緑の麦門冬/随古

池の鴨森の鴉や夕時雨/寺田寅彦

散るや実花の時雨の山西瓜/調鶴

初しぐれ眉に鳥帽子の雫哉/蕪村

濁流の瀬波頭に秋時雨/福田蓼汀

漉切や鼻の穴もれ行く時雨/調巴

杣の負ふものの雫や霧時雨/忍月

神祀る燈明二つ露時雨/福田蓼汀

蕗の葉に酒飯くるむ時雨哉/一茶

時雨華やぐ釈尊の肋骨/加古宗也

黒島の藷の畑に時雨虹/松藤夏山

初しぐれ誰が雨男雨女/石川桂郎

俳句例:61句目~

時雨ても雫短し天王寺/上島鬼貫

十月や山の寺々時雨月/小杉余子

玄関にて御傘と申時雨哉/炭太祇

旅人と我名よばれん初時雨/芭蕉

旅人と我名呼ばれむ初時雨/芭蕉

凩の地にも落さぬ時雨かな/去来

時雨にぞ一本させた峰の松/立允

信号の青つぎも青夕時雨/清水崑

黒門やかざり手桶の初時雨/一茶

通り行時雨をまねけ青蝦手/重貞

日本と砂へ書きたる時雨哉/一茶

初時雨提をもやして遊けり/一茶

一夜づゝ淋しさ替る時雨哉/巴人

船頭の罵る聲や夕時雨/会津八一

猫拾ひ来て長子立つ露時雨/原裕

新藁の屋根の雫や初しぐれ/許六

早打の先へはれ行しぐれ哉/子曳

時雨宿娘にかます猿轡/筑紫磐井

立臼のぐるりは暗し夕しぐれ/樗良

神輿倉昼も灯す青しぐれ/高澤良一

俳句例:81句目~

枯木から絞り出したる時雨哉/斗文

僧ひとり辛崎へ乗る時雨かな/秋風

内灘や砂塵礫となる時雨/桑田青虎

酒蔵の小窓明りや朝時雨/桐山秀峰

遺言の末尾に花押初時雨/塚本邦雄

御像の鉄より黒し秋時雨/沢木欣一

御漁場の鮎網舟や秋時雨/石川桂郎

業の鳥罠を巡るや村時雨/小林一茶

再会は駅の北口初時雨/岡部名保子

時雨冷覚え高原いゆく旅/松尾緑富

冬近し時雨の雲もここよりぞ/蕪村

心身の心の衰へ秋時雨/長屋せい子

番傘の油の匂ふ初しぐれ/内田白花

うぐひすの忍び歩行や夕時雨/太祇

悲しくも美し松の秋時雨/鈴木花蓑

分校の廃校となる初時雨/河村昌子

車折と駅の名読めて北時雨/澁谷道

片しぐれ幾日つづくぞ小町寺/麦水

おもひやる時雨の中や筏さし/阿誰

綿玉のひそかにはぜる時雨哉/一茶

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました