神座を使用した俳句

神座に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

神座を含む俳句例

神座の一燈うるむ遅桜/松本幹雄

能始め鉾神の座す荒莚/巌谷小波

神の座へ急峻の證汗光る/島田青琴

神座の緋鯉を啖らふ雪女/石原八束

神座の雪も落葉も掃かれけり/春樹

冬木みな傾ぎ菟は神の座に/木村蕪城

海開き神の座吾と砂つづき/浜端順子

満潮やたしか真北に猫神座/大西健司

獅子頭まつる神座荒東風す/巌谷小波

神の座の乗鞍一帯ダケカンバ/穴井太

神の座の湖を賜はりまりも祭/湊元子

神の座の白岳照らす日一輪/福田蓼汀

神の座を雲来て包む山開き/藤谷紫映

雪渓の上は神の座蜻蛉殖ゆ/田中水桜

寒灯の奥の神の座暗かりし/鈴木灰山子

座布団を積みて神の座里神楽/盛生晶子

矢来して神の座のあり競べ馬/大野甲二

種蒔くや先づ神の座に一抛り/桜井土音

草摘むやひと日は神の座の前/馬場満帆

鳥追小屋歳神の座を切株に/八牧美喜子

俳句例:21句目~

峰雲の秀に秀をつらね神座は/つじ加代子

神の座のわが立山に登りけり/千石比呂志

神の座の我が立山に登りけり/千石比呂志

若草のあでやか神の座に敷きて/山口青邨

種子蒔くや先づ神の座へ一と抛り/櫻井土音

鷹まうて神座のたかねしぐれそむ/飯田蛇笏

タイトルとURLをコピーしました