舞うを使用した俳句

舞うに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

舞うを含む俳句例

大原や蝶の出て舞ふ朧月/丈草

秋風や皆紅の舞ひ扇/会津八一

鷺草の一花一草鷺舞へり/原裕

番蝶舞う水牛の鼻頭/伊丹三樹彦

篝火の金銀舞へり初詣/矢納満江

雪舞ふや鶯餅が口の中/岸本尚毅

夏神楽舞ふ狩衣に白袴/見浦町子

羅に天女の壁画舞ひをさむ/原裕

猪の肝食つて舞ふ榊鬼/辻恵美子

十字架の湾頭に舞ふ春の塵/原裕

鳶舞ふや氷曇の諏訪の湖/山崎斌

螢舞ふ幾光年の星の中/三嶋隆英

舞ふ袖に松の葉散るや橋懸/窓竹

蝶々の大庇舞ふ月夜哉/中川宋淵

能役者立待月に舞ひ進む/星野椿

大綿は心の翳を引きて舞ふ/風生

梅若忌哀しき母の舞を舞ふ/篠原

沢の鳥虹の柱を羽摶ち舞ふ/鶏二

先導の奴舞ひ来る鍋祭/斎藤朗笛

紫の雲に鳶舞ふ春日哉/正岡子規

俳句例:21句目~

訥々舞ひ延々と里神楽/外川正市

舞ひ込んだ福大黒と梅の花/一茶

凩や鉋屑舞ふ普請小屋/寺田寅彦

鰯引く人鳶舞ふ浦日和/浜田波静

耳さとき籠の鶉に木の葉舞ふ/占

舞ふ我に新樹の風や薪能/金井綺羅

春風や家を出て舞ふ鉋屑/長谷川櫂

鳶舞ふや本郷臺の秋日和/正岡子規

しん~と寺ふけて舞ふ蛍かな/宋淵

綿虫の舞ひたすらの青衣/堀口星眠

鳶舞ふ代田に水の漲りて/嶋村博吉

鴎舞ふ夕日の中を二月過ぐ/城松喜

月よしと夜も舞ふ庵の竹落葉/風生

笹酒に雪の舞ひこむ癌封じ/堀古蝶

白鳥の舞ふや信濃の一之宮/原天明

蝶高く舞ふ碌山の美術館/陣場孝子

鶴の舞ふ盃はよし雪見酒/山口青邨

夢に舞ふ能美しや冬籠/松本たかし

蝿舞ふや太平洋の船の中/正岡子規

木の葉舞ふ天上は風迅きかな/鴻村

俳句例:41句目~

百日の雪夜鬼舞ふ奥三河/加藤耕子

大綿の舞ふ空低き輓馬市/島田尚子

科落葉舞ひ閉牧の嶽に雪/西本一都

秋高し鳶舞ひ沈む城の上/正岡子規

鷲草の舞ふや童女の泪川/堀口星眠

枯葉舞ふ唐桟織の糸の艶/藤波康雄

柏槙に粉雪の舞ふ実朝忌/芋川幸子

眼うらに鵲舞はす旅枕/成瀬櫻桃子

湖の上に舞ひ行く落葉哉/正岡子規

柳絮舞ひ海へ張り出す天主堂/林翔

松風の空や雲雀の舞ひわかれ/丈草

本の塵本に舞ひ降る煤払/高澤良一

岩襖国栖の翁の舞ひはじむ/森田峠

月今宵あるじの翁舞ひ出でよ/蕪村

桜舞う大庇より弓の音/木幡しずほ

日光の山に鳶舞ふ小春哉/正岡子規

春の暮狐きて舞へ石の上/巌谷小波

梓弓花つけて簓踊舞う村/金子皆子

日輪に挑み舞獅子舞ひ狂ひ/上野泰

小雪舞ふ扇供養の篝かな/山本義久

俳句例:61句目~

一生は光の中や螢舞ふ/石田しづこ

憑代の油日岳に鷹舞へり/田辺富子

引鶴の又舞ひ戻る名残哉/正岡子規

峯桜天女が舞はむ鉄舟寺/高橋沐石

天空へ舞ひあらはれし鷹一つ/迷子

近松忌道行の坂落葉舞ふ/田中英子

薪能残り火鬼が蹴つて舞ふ/平岩静

送火や灰空に舞ふ秋の風/正岡子規

竹秋に尼二た三言舞ふごとし/原裕

風去りし空を高舞ふ青鷹/工藤雄一

大阿蘇の初空高く鷹舞へる/松崎佐

夕立や雲舞ひ下る牛の角/正岡子規

丹頂の舞ふ雪原の輝きに/村上唯志

墳丘に舞ひ現世の秋の蝶/辻口静夫

剣に舞へば蝋燭寒き焔哉/正岡子規

花舞うや若人語ること多く/磯直道

舞ひ昇る壁画の天女秋桜/小寺良一

日輪を追ひて高舞ふ春鴎/伊藤一子

鷹舞へり雪の山々慴伏す/鈴木花蓑

舞ひ上る風船赤き初み空/内田愛子

俳句例:81句目~

鷹一羽舞ひ上りたる幟哉/正岡子規

庵の空鳶二十程春に舞ふ/正岡子規

鳩舞へる行手の宮や初詣/鈴木花蓑

風花や笹酒賜ふ袖に舞ふ/近藤三郎

鳶の舞ふ鎌倉山や実朝忌/石井桐陰

蝶が飛び干物蝶の如く舞ひ/上野泰

澄み切て鳶舞ふ空や秋うらゝ/正己

蒼穹に鷹舞ひ武蔵国分寺/川崎慶子

草餅や男山より鳶舞ひて/大島民郎

我庭の空に鳶舞ふ小春哉/正岡子規

花の雲鳩は五色に舞ひあそぶ/茅舎

高倉に夕波高き帰燕舞ふ/脇本星浪

羽衣を猩々を舞ふ金かな/野村喜舟

捨聖片瀬の黄葉舞ふ中を/高澤良一

冬凪や鳶一つ舞ふ浜の空/寒川鼠骨

雨燕うつくし風を舞ふ柳/椎本才麿

炎上の雪空に舞ふ鴉かな/橋本鶏二

舞ひ終へて金色さむし獅子頭/鷹女

能登瓦越えて舞ひけり浪の花/林徹

初場所や鴎来て舞ふ高櫓/新井徳子

タイトルとURLをコピーしました