ギターを使用した俳句

ギターに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

ギターを含む俳句例

高音部奏でしギター蟻地獄/栗林千津

ギター弾く南大門の春の暮/高橋幸子

高原の秋運転手ギター弾く/木村蕪城

ギター工房時に羚羊覗く窓/能谷みつ子

ギター弾くも聴くも店員終戦日/高島茂

ギター弾く男二つに折れし男/菅野丹吾

五月来る運河にギター沈みゐて/皆吉司

新月の宝前に弾くギターかな/田中由子

煤払ギターの弦に触れにけり/本宮鼎三

薺爪ギター弾く爪のこしけり/平林孝子

ギター持ち帰郷バス待つ大晦日/近藤勇夫

ギター流し口皺深く唄ひけり/八木林之介

ギター流し汗の口皺深かりき/八木林之助

乙女等のギターつまびく花氷/伊丹さち子

寒潮へひとを信じて鳴らすギター/桂信子

白鳥消ゆ荒壁の中にギターと星/和田悟朗

遺作展の舟/鳥/ギター鳥曇/中戸川朝人

キャンプの荷一番上にギターのせ/下村梅子

ギターの音春分の日の寺にかな/藤井寿江子

ギターほろと時雨やどりの辻楽師/桂樟蹊子

俳句例:21句目~

ギター鳴るひと間もありぬ雛の宿/山田弘子

春の日がおよぶギターの響き孔/青柳志解樹

隣室のギターやみ日暮の冬の屋根/古沢太穂

年暮るゝ白衣楽師のギターの紐/百合山羽公

帰省子を待つ地球儀とギターかな/黛まどか

リラの夜のギターぽろぽろ窓あかり/吉原文音

弾き損じたギター国境へ散り散りに/伊丹公子

星月夜ゴーシユの如くギター弾く/松清まゆこ

月光に掻き鳴らすギターは出鱈目/加倉井秋を

朧夜を流すギターやサンタ/ルチア/寺田寅彦

青いギター買はされさうな夏はじめ/田中幸雪

高階にさそり座を飼いギター弾き/八木三日女

死者に抱かすギター全線張りつめて/たむらちせい

アンダルシアふうの昼過ぐギター曲昇天の/伊丹公子

ギターくくりつけてキヤンプの荷を了る/青葉三角草

タイトルとURLをコピーしました