鴎かもめを使用した俳句

鴎かもめに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

鴎かもめを含む俳句例

巌頭に涙一滴冬鴎/齋藤愼爾

母に似て一線を縫ふ夏鴎/原裕

曙や年祝ぎのこゑ鴎より/澄雄

曙や年祝ぎの声鴎より/森澄雄

大浪に乗り元日の群鴎/岸田稚

屑を鴎に投げつ沖鱠/高田蝶衣

屑を鴎に投げつ沖膾/高田蝶衣

潮満たす磯長の春の鴎鳥/原裕

初漁のを高く鴎に投ぐ/旭昭平

春鴎昨日の齢すでに越ゆ/原裕

春の日や鴎ねぶれる波の上/闌更

鴎愛し海の碧さに身を細り/篠原

町空に力抜きたる冬鴎/西村和子

鴎散るや諸仏一切雪囲/斉藤夏風

子の頬がふくらむ沖を夏鴎/原裕

翻へるとき金色に凍鴎/石塚友二

春の暮鴎の波に鳰の乗り/岸田稚

寒食の壕に漂ふ鴎かな/会津八一

鴎愛し海の青さに身を細り/篠原

鴎らは腹白かりき俊寛忌/北光星

俳句例:21句目~

紅三頃桃の畑を鴎どり/三好達治

てにをはの手習ひ鴎夏来る/原裕

島栄ゆ鈴なる鴎白珊瑚/横光利一

白をもて一つ年とる浮鴎/森澄雄

秋鴎岬に白扇の胸ひらく/中拓夫

川尻に鴎つきそめ氷汲/森田薊村

鱶の胃に春の港と鴎鳥/阿部誠文

鰆網絞れば覆ふ群れ鴎/末永てる

玄冬の海に百の目啼鴎/高澤良一

冬の波募れど鴎水平に/香西照雄

干すや空をきしきし冬鴎/中拓夫

玄海の舟出日和や冬鴎/清水基吉

傷口の外を仄かに冬の鴎/斎藤玄

は氷に上りて白き鴎どり/森澄雄

眉焦がす秋日鴎の浮き沈み/原裕

酢を運ぶ舟の往来冬鴎/高澤良一

癌切るや紙片のやうに冬鴎/林徹

漁港春鴎にを盗まれし/原コウ子

海冷えを運ぶ鴎や蜜柑村/中拓夫

昼のランプに冬鴎冬鴎/中岡毅雄

俳句例:41句目~

初大師街を水平に鴎とぶ/中拓夫

海上を一路利尻へ春鴎/高澤良一

初潮の風たかく飛ぶ鴎かな/舟月

初鴎紺青の水木場に澄む/有働亨

葉月汐鴎の袂長きかな/川端茅舎

荒海や巣立鴎は鳶の色/成田千空

花踏んで鴎の歩く奥淡海/岸田稚

花踏んで鴎の歩く奥洟海/岸田稚

海に滝落ちて夥しき鴎/石田郷子

百合鴎東京に空失ひて/千代田葛彦

白雪が街つつむとき鳴く鴎/有働亨

日輪を追ひて高舞ふ春鴎/伊藤一子

七月の青い鴎をとりにゆけ/皆吉司

鴨長し鴎短しみな飛べる/岸本尚毅

鴎舞ふ夕日の中を二月過ぐ/城松喜

鴎等はかむ代の鳥かかく白き/篠原

今生に白は紛れず冬かもめ/神蔵器

波に打つひかりの楔冬鴎/加藤耕子

鴎は矢に浮氷の中の鰊箱/古舘曹人

鴎の目鋭きかなや春の空/高浜虚子

俳句例:61句目~

鴎の死岸壁波をこばむかな/三谷昭

鳰どりも鴎もこゑの近松忌/森澄雄

冬かもめ海の青さに翻る/宮田俊子

鰯網追へど離れぬ鴎かな/西山泊雲

鰤敷にとまる鴎の朝ぼらけ/森田峠

外套や白き鴎を入江にて/草間時彦

ある距離に富士と仁王と冬鴎/原裕

大年の水面に就ける夕鴎/石田勝彦

爽やかや鴎亭毫の兜太の句/塩谷孝

いよよ白し帆柱過ぎて初鴎/中拓夫

島の瀬戸の鴎の数知れず/森川暁水

島の瀬戸の鴎の数しれず/森川暁水

大艦をうつ鴎あり冬の海/飯田蛇笏

大艦を撲つ鴎あり冬の海/飯田蛇笏

天高し雑を鴎に放りあげ/石田郷子

風説の父が父なり冬鴎/宇多喜代子

風に乗る手際宜しも冬鴎/高澤良一

電線の花とも今朝の冬鴎/石塚友二

冬鴎どこかの光線が顔に/金子兜太

雪鴎何のついでに思ひける/斎藤玄

俳句例:81句目~

浮寝していかなる白の冬鴎/森澄雄

父が残せし櫂も白木に冬鴎/中拓夫

熔接の火走る見よや冬鴎/佐藤鬼房

雨月なる渚に埋めてゐる鴎/皆吉司

流氷に一点喪服めきて鴎/古館曹人

横腹に知多の朝日よ冬鴎/高澤良一

梅天と紛れざるため鴎立つ/樋笠文

冬鴎忘却といふ語の親し/行方克巳

冬鴎橋越す翼つよく張り/館岡沙緻

耳袋とりて物音近きかも/高浜虚子

冬鴎海のあをくて咳込めり/中拓夫

冬鴎煤煙よどみやや赤し/石田波郷

潮引きて鴎も遠し花の雨/秋光泉児

春駒の鴎を翔たす鈴の音/皆川盤水

波に打つひかりの楔浮鴎/加藤耕子

宿かりに鴎も来るか川やしろ/一茶

貝寄や鴎群れ居る流れ船/高田蝶衣

泊船に午後の波飛ぶ冬鴎/秋光泉児

冬鴎越後の旅は白づくし/福永耕二

群鴎卒業航海挙手に発つ/西村梛子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました