灯台を使用した俳句

灯台に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

灯台を含む俳句例

初凪に岬燈台白一指/誓子

灯台へ心崖なす日の盛/原裕

早梅や懸燈台の薄明り/史邦

沖を見る冬灯台と一老婦/原裕

海は秋燈台を出る厨水/飴山實

燈台の一坪畠荳の花/西谷芳雄

燈台の旗は紺色夏燕/高木晴子

一灯の端島灯台五月闇/森山抱石

灯台の初点の日付渡り鳥/大串章

燈台の点滅に浮く波の花/林照江

初汐や燈台守に産ビが/野村喜舟

燈台の影が日時計汐干狩/藤井旦

灯台に裏表なし風薫る/岩崎照子

きり~す燈台消て鳴にけり/素秋

海碧し灯台官舎椿咲く/飯村弘海

灯台の際まで家並岩燕/山口幸子

燈台の螺旋階段掃納む/高橋紀代

燈台の厚壁のぼる黒揚羽/下田稔

燈台の初点の日付渡り鳥/大串章

貝寄風や古燈台は街中に/脇収子

俳句例:21句目~

葛の花石の燈台明治調/沢木欣一

菜の花や燈台にある明り窓/草堂

茎立や灯台守の捨て畑/高橋悦男

暁の燈台消えて渡り鳥/藤野古白

雪被く旧燈台下潮青し/木村蕪城

灯台の真下に鰤の定置網/辻貞枝

磐石をぬく燈台や夏近し/原石鼎

盤石をぬく燈台や夏近し/原石鼎

白波の浮燈台や春一番/岡本静子

灯台の石の階段春寒し/中谷厚子

残る虫無人燈台影長き/水原春郎

残照に点る灯台神渡し/忽那/保

灯台白し薊秋咲く渚径/倉橋弘躬

燈台の他は暗き灯釣忍/倉田俊三

灯台へ近道のない油照り/窪田久美

灯台に螺旋階あり秋高し/池田秀水

灯台のさふらん畠珠洲岬/沢木欣一

灯台のつけば動きぬ春の闇/星野椿

燈台の影の一本日脚伸ぶ/白井爽風

灯台の一徹の白初景色/片山由美子

俳句例:41句目~

初国旗灯台官舎に灘蒼し/斎藤朗笛

灯台の一眼凝らす盆の海/三好潤子

灯台ははや木苺の花白し/山口青邨

厚着して燈台守の湿布薬/加藤憲曠

燈台の子に木苺の花早し/高野素十

国旗揚ぐ灯台天皇誕生日/松本圭二

灯台の作りし南瓜雨ざらし/森田峠

地吹雪や燈台守の厚眼鏡/加藤憲曠

柳散る川灯台や結びの地/中村苑子

無人灯台ともる十五時春霙/瀧春一

燈台の娘は花園に土用浪/飯田蛇笏

灯台の太胴荒肌台風慣れ/茨木和生

燈台の太胴荒肌颱風慣れ/茨木和生

灯台は低く霧笛は峙てり/高浜虚子

灯台の孤独な佇立吾亦紅/奥平考芦

灯台の日蔭の麦を踏みにけり/篠原

燈台ははや木苺の花白し/山口青邨

燈台に濤のざらつく立夏かな/原裕

灯台は北への起点鳥渡る/尾崎隆則

灯台を女神と仰ぐ葉月潮/西野敦子

俳句例:61句目~

鰹潮とどろき燈台屹立す/中村明子

鞦韆や燈台守の垣のうち/高野素十

霊棚に灯台光が回り来る/三星山彦

灯台は岬のしるし小鳥来る/原汀歩

燈台の亀裂無人の菫濃し/古舘曹人

年新たなり燈台も太陽も/岸風三樓

年迎ふ浮灯台は番外地/畑中とほる

灯台は白き貴婦人聖五月/徳永球石

影を濃く桜紅葉と川燈台/野木桃花

秋日濃し燈台守の事務机/棚山波朗

陽炎の中に燈台上気して/平畑静塔

燈台の下暗がりの磯涼み/鈴木花蓑

追羽子や燈台守の子供達/松藤夏山

かたまりて灯台沖の鰹船/大沢一栄

海の日や岬の灯台開放す/成江雅子

蝿失せぬ燈台までの赫き崖/杉本寛

燈台に低く霧笛は峙てり/高浜虚子

春もやや烈日灯台守の貌/友岡子郷

春一番灯台守を眠らせず/吉年虹二

潮跳ねて孤礁灯台冬の情/友岡子郷

俳句例:81句目~

燈台の高さを飛んで秋燕/細見綾子

航空燈台暑し草山尨然と/渡辺水巴

秋の人白し燈台なほ白し/坊城俊樹

磯菜摘灯台白く抽ん出て/藤木倶子

燈台の闇や帰雁の南より/羅蘇山人

灯台の白たちあがる夏岬/佐藤信子

無造作に燈台守は鱸提げ/景山筍吉

燈台の遠き燈加へ冬銀河/坂本文子

燈台に輪飾のある怒濤かな/飛旅子

燈台の裾風みゆる枯葎/柴田白葉女

燈台の裏窓一本の葱吊す/古館曹人

灯台に八十八夜の雨斜め/松本澄江

生涯を灯台守り石蓴干す/伊東鉦質

狸罠燈台の灯の淡く過ぎ/斎藤梅子

枯芝ふと燈台と墓一線に/香西照雄

燈台も官舎も無人送南風/茨木和生

灯台の眩しく蝶を跳ね返す/鈴木勉

灯台に十一月の濤しぶき/伊藤敬子

梅二月灯台青き灯を点す/加古宗也

燈台へ嶮しき空が菫より/古館曹人

タイトルとURLをコピーしました