帆を使用した俳句

帆に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

帆を含む俳句例

雁渡るひかり帆綱は鋼綱/原裕

蜩や一帆帰る島の門/橋本鶏二

帰る浪花に岩木ぞ七端帆/西調

海越や風早の霧弥帆の浪/西望

三本の帆檣高し夏の月/正岡子規

秋の海双眼鏡に帆が黒し/上村占

時鳥月帆檣の中にあり/正岡子規

けさ秋の一帆生みぬ中の海/石鼎

軍艦の帆檣高し渡り鳥/正岡子規

蒼天に鷹の帆翔斑雪村/佐藤国夫

赤き帆とゆく秋風の袂かな/原裕

初雁や比良で追つく帆懸舟/木節

海きら~帆は紫に霞けり/森鴎外

海は帆に埋れて春の夕かな/大魯

或時の操帆術を夏の夢/三橋敏雄

囀や廻船絵馬は帆満風/宮津昭彦

暁や松も白帆も蚊帳の外/正岡子規

夏波の衰へ白帆また窶る/石塚友二

夏海や一帆の又見え来る/高浜虚子

走り帆の帆綱かいくる燕かな/白雄

俳句例:21句目~

裏口や白帆の通る春の川/正岡子規

帆か鷺か坂東太郎かすむ日は/蓼太

仲秋や水窓日々の帆頻繁/尾崎迷堂

行春の帆舟も出でよ円通寺/上村占

春風や鳥居の笹木帆掛船/正岡子規

蓆帆の早瀬を上る霰かな/夏目漱石

莚帆の重た過たり春の風/正岡子規

帆柱に帆のもたれけり春の海/蓼太

明王の焔を帆とせむ大旦/斎藤梅子

春風や白帆にまじる蜆舟/正岡子規

総帆や陸を離れて天広し/三橋敏雄

稻妻や片帆に落す海の上/正岡子規

秋海や五艘を並べ皆片帆/小杉余子

むら薄輪にはる風や帆の余り/園女

帆翔を鳩の倣へる雪港/中戸川朝人

莚帆に風筋見せる粉雪哉/井上井月

祭ちかし入帆につづく幟かな/園女

夜帆上げて遡る片町露心/内田百間

帆を上げてまだ出ぬ舟の朝曇/林翔

真帆片帆湖の南は夕立す/寺田寅彦

俳句例:41句目~

真帆片帆右は播磨の青嵐/正岡子規

帰り帆の斜に低し小春凪/中川四明

初夢や夢一ぱいの帆かけ舟/龍岡晋

初旅や松帆の松を心あて/岩崎照子

百坪の婆の帆待田豊の秋/竹内茂子

島がくる帆に色強し小春灘/原石鼎

白帆もて埋まる沖の白舟/松藤夏山

帆ばしらに雪降りそふや風面/泥足

灘の天帆翔の鷹翼を張り/福田蓼汀

夏めくや水なす夜空帆なす雲/林翔

初虹や帆あしの遅きのぼり舟/井月

雲霰帆一つ見えぬ海淋し/寺田寅彦

一月の海一帆を遠く置き/舘岡沙緻

一月の白帆とのぼる蜜柑山/中拓夫

春風や白帆つらなる麦畑/正岡子規

夏山や一方開く帆の往来/正岡子規

春風や東へ片帆西へ真帆/正岡子規

春潮の今一帆を得て碧し/中村星堂

春望といふべし屏風一帆図/森澄雄

十月の海は帆勝に舟勝に/正岡子規

俳句例:61句目~

南風の帆桁頭上をうなり過ぐ/篠原

海原に一帆赤き菜の花忌/小橋久仁

麦と菜の花の間を白帆哉/正岡子規

鷺消えて片帆の残る霞哉/正岡子規

鳥帰る沖に父の帆一つあり/中拓夫

名月の帆さきに嬉し須磨明石/里紅

高黍の上に短き白帆かな/正岡子規

吾若し春星空に帆綱鳴る/金子兜太

横須賀や只帆檣の冬木立/正岡子規

雪解の川口上る白帆かな/会津八一

風帆の十まりありて秋の色/角光雄

秋の風鎮む茜の帆が迅し/柴田白葉女

秋暁に帆掛け舟出づ尾岱沼/福井裕子

網代守る心帰帆にさそはるる/句之都

凩にもたれてはしる白帆哉/正岡子規

帆と怒濤おなじ暗さの旅の果/三谷昭

舟となり帆となり風の芭蕉かな/一晶

莚帆に雪積む利根の夜明哉/正岡子規

莚帆の白帆にまじる枯野哉/正岡子規

帆に遠く赤子をおろす蓬かな/飴山實

俳句例:81句目~

初汐に掌ほどの舟も帆あげたり/蓼汀

初秋の空から出たり帆掛船/正岡子規

けさ秋の一帆を生みぬ中の海/原石鼎

ことごとく春へ向く帆や冬鰈/齋藤玄

莚帆の真上に鳴くや揚雲雀/夏目漱石

莚帆の筑波にかたぐ春の風/正岡子規

莚帆の風に暑さの残りけり/正岡子規

莚帆や吹き破られて秋の風/正岡子規

菜の花の上滑りゆく帆曳舟/手島靖一

葭切や影はだかりて夕干帆/鈴木花蓑

藪越しに動く白帆や雲の峰/永井荷風

象潟や秋はるはると帆掛船/正岡子規

帆の多き阿蘭陀船や雲の峰/正岡子規

遠き帆の白く眩しく炎天下/川仁翠月

帆の立ちしごとく蛤焼かれけり/青畝

遠く合ふ軌条黒点冬白帆/中戸川朝人

古き帆を張り炎天の風恃む/津田清子

郭公声や帆にあげて船後光/井原西鶴

品川の白帆かすむや遠眼鏡/正岡子規

雉聞て山に上れば白帆かな/正岡子規

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました