風紋を使用した俳句

風紋に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

風紋を含む俳句例

風紋は風の匠よ鰯雲/畑内節子

眼に余る風紋へ雪沓を置く/原裕

風紋に旅の足跡浜豌豆/沼尻ふく

風紋を均す風ある鳥曇/小川昇一

露涼し夜の風紋を刻みつつ/岸田稚

風紋は砂の自画像鰯雲/大森井栖女

かき氷哀し風紋の変幻に/伊丹公子

風紋は蹄のかたち神の旅/延広禎一

一高処踏む風紋ぞ冴返る/石川桂郎

砂山に風紋を被て墳の春/桂樟蹊子

風紋を見し目に仰ぐ鰯雲/稲畑汀子

白帝や風紋崩しゆく駱駝/清水紀子

鴨引くや風紋淡き幾砂丘/和田祥子

風紋の起伏の文も早春譜/福田蓼汀

風紋の砂を積み上げ花の墓/対馬康子

かき氷哀し風紋の呪術の端/伊丹公子

風紋に春の霜置く九十九里/飯田和子

木枯の作る風紋踏みてゆく/高濱年尾

風紋の襞のこまかき冬日和/柴原保佳

風紋の砂の色してばつた跳ぶ/瀧春一

俳句例:21句目~

風紋を重ねて冬の兆しけり/綾部仁喜

風紋の夕づく砂丘月見草/小原菁々子

風紋に鯉幟立ちこどもの日/西本一都

風紋のしるき雪野を踏み戻る/辻桃子

風紋の先へ先へと千鳥かな/池田幸利

雪渓の風紋に落ち蝶死せり/橋本鶏二

風紋の縞目のみだれ月の浜/三田スミ子

ダリの忌の月の風紋胸に寄す/白井真貫

風紋を踏み冬濤に向きて立つ/蒲/幾美

鳥雲に砂丘風紋消えやすし/豊長みのる

風紋のたわむ限りを雁帰る/鍵和田釉子

風紋をつくる風立ち暮の秋/鈴木真砂女

風紋の上を走れる南風の風/深川正一郎

風紋は神の手遊びいわし雲/墓田いさを

風紋も消えて砂丘の走り梅雨/三隅含咲

風紋やよせくる秋の浪にごり/石川桂郎

風紋や音してひらく灘の芥子/石原八束

風紋が生きて居るなり寒砂丘/池谷/修

砂丘風紋翅ひろげゐる揚羽の屍/山口草堂

風紋や鎖骨のあたりすでに冬/小島千架子

俳句例:41句目~

草の実のこぼれ風紋日々変り/鈴木半風子

秋夕焼風紋つねに影あたらし/鷲谷七菜子

破船までつづく風紋防風摘む/池内けい吾

風紋に波紋つらなり浜の秋/佐々木ちてき

不知火の浜の風紋わが秋思/鍵和田ゆう子

砂丘の虹風紋いづこよりゆるぶ/鷲谷七菜子

羽蟻湧く火山灰風紋をなす厚さ/大岳水一路

風紋の上を引きずりし和布干す/阿波野青畝

いくども砂照るビキニ忌後の風紋/古沢太穂

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました