立ち尽すを使用した俳句

立ち尽すに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

立ち尽すを含む俳句例

草の花綾子先生立ちつくす/原裕

冬麗の嶺へ立ち尽す岳樺/松村蒼石

蜩に立ちつくすのみ石だたみ/林翔

峠より雪くる一樹立ちつくし/穴井太

立ちつくす母の裁ち板一葉忌/的野雄

立ちつくす五月雨傘や古帝廟/野村泊月

冬を見に芦の湖畔に立ちつくす/及川貞

木枯や牛立ち尽す土手の上/寒川鼠骨/

枯菊や凍たる土に立ち盡す/正岡子規/

枯蘆の大明りとも立ち尽くす/手塚美佐

何せんと来し寒厨に立ち尽す/岡田和子/

愚かさが立ち尽したる吾亦紅/木佐幸枝/

秋冷の一幹として立ちつくす/鷲谷七菜子

淋しげに霜の鳥居の立ち盡す/正岡子規/

凍鶴の一歩を賭けて立ちつくす/山口青邨

詩神撒く枯れの光に立ち尽くす/仙田洋子

凍鶴の身の透くまでに立ちつくす/長田等

別れ蚊や瓜割の井に立ちつくす/石川桂郎

海の雪句作法師か立ちつくす/佐野まもる

土手の上に人立ちつくす秋出水/浅倉里水

俳句例:21句目~

野の末の雁の別れに立ちつくす/細谷源二

髪濡るるまで蛍火に立ちつくす/朝倉和江

全病むと個の立ちつくす天の川/鈴木六林男

散りかかる花片なれば立ちつくし/綾部仁喜

根本中堂日盛りの杉立ちつくす/佐野青陽人

生き難し海鼠を提げて立ちつくす/萩原麦草

立ちつくしそのまま浴びぬ花吹雪/高澤良一

ボロ~の案山子となりて立ち尽す/菖蒲あや

立ちつくすさすの少年沼夕立/鍵和田ゆう子

虫の原五欲の失せて立ちつくす/石川さだ子

立ち尽す他なし蒲の枯れたるは/館岡沙緻/

雨に立ち尽す国栖奏果つるまで/塩川雄三/

くるぶしの朱に立ちつくし寒施行/井沢正江

鹿に餌を一度にとられ立ちつくす/高浜朋子

明けはずむ樹下に母立ち盡したり/富田木歩/

どしやぶりの雨に代掻立ち尽す/豊田千代子/

ひまはりの黄が踏切に立ちつくす/石郷岡芒々

紅葉かつ散るにをとこは立ちつくす/長澤奏子

母馬となり暗がりに立ちつくす/きちせ/あや

つくしんぼそれぞれに立ち土筆んぼ/阿部武子

俳句例:41句目~

富士聳ゆ師は卯の花に立ちつくし/佐野青陽人

毛虫だらけの木を前にして立ちつくす/内藤吐天

梅が香や埴輪のごとく立ち尽くす/佐藤美恵子/

花ふぶく夕山風に立ちつくしいく春かけし夢をつづれり/五島美代子

星空のはてより木の葉ふりしきり夢にも人の立ちつくすかな/山中智恵子

タイトルとURLをコピーしました