明暗を使用した俳句

明暗に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

明暗を含む俳句例

翠黛の明暗雨の時鳥/稲畑汀子

明暗に錨しぬ落葉の港/林原耒井

稲妻の明暗雲の裏走る/高濱年尾

明暗の暗の檜山に山桜/太田土男

磔像に侍す明暗の露芭蕉/小林康治

田の水に月の明暗春惜しむ/及川貞

一日の明暗金魚玉にあり/山口青邨

明暗のさかひに置かれ寒卵/長田等

堂内の明暗霧の去来かな/稲畑汀子

漱石忌明暗しるく河原石/火村卓造

神杉の明暗負ひて種下ろす/有働亨

明暗す羽子板市や年の市/石川桂郎

明暗に山肌分けし冬の雲/杉田竹軒

藪風に書窗明暗さざき啼く/飯田蛇笏

金屏に明暗はあり菖蒲の日/古舘曹人

みほとけの道の明暗杉の花/東原芦風

修羅落し滝明暗の音二つ/加藤知世子

寒灯下明暗もなき思惟かな/高浜虚子

戸隠の霧の明暗仮名の中/加藤知世子

明暗の暗中すがし不断燈/加藤知世子

俳句例:21句目~

明暗の著き山路の道をしへ/岡田順子

曼陀羅に昼明暗の時雨雲/加藤知世子

水中に風の明暗蓮咲けり/千種百合子

河骨の明暗しりぞけし黄いろ/渋谷道

真向ひて山の明暗冬紅葉/関野八千代

牡蠣舟に波の明暗寄せ返す/稲畑汀子

積雪に明暗ありぬ松の上/宇多喜代子

篝火や花の明暗あわただし/下村梅子

背の子の明暗松の花粉ふり/石橋秀野

熔岩磯の明暗つづる秋の蝶/下村ひろし

簾のゆるる明暗昼を夢見をり/宮津昭彦

花葛の色のどこかに明暗を/中島よし絵

鰯雲ビラ降る明暗を飢として/桜井博道

蚊遣火の明暗畑のみのりにも/佐野良太

海鼠つき濤の明暗よせつけず/安田晃子

『明暗』の稿へ秋扇しばし止む/加藤耕子

ふと覚めつ菊明暗に澄みゐけり/林原耒井

明暗のくらがりを吸ひ曼珠沙華/小池文子

日の射して木々の明暗枯木山/遠入たつみ

寒星明暗わが身のなかに眠る妻/成田千空

俳句例:41句目~

烏のゐて木々明暗に跫もなし/富澤赤黄男

大綿の日に明暗を見せて飛ぶ/吉村ひさ志

明暗や酒のつまみにおこぜのこ/石川桂郎

露明暗あさ~かよふ医師許/久保田万太郎

荒れざまの邸址明暗みな芽吹く/桂樟蹊子

睡蓮の明暗たつきのピアノ打つ/中村草田男

秋の日の明暗とみにしるきかな/遠入たつみ

蓮わたる風に明暗おのづから/松岡ひでたか

明暗のここにはなくてさつき咲く/稲畑汀子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました