日輪を使用した俳句

日輪に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

日輪を含む俳句例

金沢のしろき日輪夕霰/中田剛

日輪を金剛縛り大枯木/上野泰

菜の花を日輪めぐるしららかに

紺青の日輪渡る雪晒/高橋悦男

鷺点じ日輪点じ大冬田/星野立子

鮟鱇の吊られ日輪尚赫し/杉本寛

凧また日輪をさへぎりて/中田剛

雪国や青日輪の炎垂れ/近藤一鴻

金扇に紅き日輪武者飾/山口誓子

剪定の済めば日輪力あり/森田峠

郭公や日輪未だ靄の中/湯浅桃邑

軒庇冬の日輪ひつかゝり/上野泰

蓮枯れ枯れて日輪映る池/轟蘆火

日輪の真向ひにゐて蟇/鎌倉佐弓

土筆枯色日輪水に炎なす/瀧春一

漁りに寒日輪の奪ひあひ/松澤昭

水馬水の日輪蹴つ飛ばし/上野泰

死川に日輪白き雪催/永井東門居

大澤や日輪走る霧の中/会津八一

水にうく日輪めぐり芦の角/爽雨

俳句例:21句目~

毳だちし日輪の縁麦の秋/中田剛

日輪ノ非行ヲ慮ルノミ/夏石番矢

鷺點じ日輪點じ大冬田/星野立子

日輪を隠す日光日日草/池田澄子

冬霧の日輪仰ぐたび歪む/辻帰帆

日輪の滴る紅に風知草/柴田白葉女

出て来たる玉の日輪露葎/茨木和生

日輪にひゞく風鈴秋深む/岸秋渓子

雲中の日輪走り山ざくら/六本和子

日輪に入り白梅の燃え上り/上野泰

日輪に向日葵ばかり昏倒す/中田剛

吾亦紅霧の日輪珠となる/植山露子

雲海の中の日輪動き初め/竹崎紫泉

日輪に挑み舞獅子舞ひ狂ひ/上野泰

雲雀野や日輪円を崩しゐる/中拓夫

靄中にうく日輪や花菜雨/西山泊雲

風邪の町寒の日輪白熱し/相馬遷子

大氷原黒き日輪炎え昇る/八木絵馬

日輪の見えて届かぬ冬泉/右城暮石

髪の上に小さき日輪寒旱/野澤節子

俳句例:41句目~

ひとつぶの寒日輪に君入る/松澤昭

鱒の池底に日輪分解図/西山美枝子

黄塵を日輪すすむ檻の声/桂樟蹊子

日輪は燃え流氷の海は寂/伊藤柏翠

日輪は鐵輪の如し花蘇鐵/橋本鶏二

日輪の上を流るる冬の水/高野素十

日輪を包みし麦の埃かな/野村喜舟

山中に菌からびぬ冬日輪/野沢節子

山中に菌からびぬ冬日輪/野澤節子

日輪を愛す氷湖の真中に/宮津昭彦

日輪を追ひて高舞ふ春鴎/伊藤一子

椿咲き日輪海の上わたる/岸風三楼

峡空をわたる日輪朴散華/竹久雨町

一点の日輪浪と雪ばかり/福田蓼汀

烏瓜日輪常のみち歩む/磯貝碧蹄館

戦燼の中の日輪黄なる春/石原八束

町汚れ日輪汚れ師走かな/藤松遊子

白菊の月輪黄菊の日輪と/高澤良一

日輪のもと獣檻に夏来る/飯田蛇笏

秀衡道雪の日輪いぶし銀/田中英子

俳句例:61句目~

秋分の日輪赤く西山に/森脇はじめ

篁や寒の日輪たよりなし/清水基吉

芒原の上の日輪いつ亡ぶ/横山白虹

日輪いま白日輪へ寒立馬/池上樵人

日輪が焚火煙の中になる/湯浅桃邑

花栗や日輪わたる雲の中/山田節子

萍の隙に日輪落ちてをり/桑原眩子

採氷や日輪退る杉木立/窪田あさ子

日輪と一対一や女郎蜘蛛/今岡直孝

講寺の日輪とまる大椿/大峯あきら

赤ん坊春の日輪蹴り上ぐる/齋藤玄

赤門に日輪ひくし漱石忌/和田祥子

針箱や日輪秘めし花の種/有馬朗人

鋲を打つ音日輪をくもらしぬ/篠原

日輪の月より白し虎落笛/川端茅舎

丹頂が来る日輪の彼方より/黒田杏子

日輪のすゝけ顔あり霧襖/石橋辰之助

枇杷の花日輪薄目してゐたり/神蔵器

鵙鳴いて日輪雲の中に落つ/吉川春藻

日輪は空に麦の芽土の上/長谷川素逝

俳句例:81句目~

日輪の細り太まり猛吹雪/大辻山査子

梅固し日輪宙に白く錆び/長谷川素逝

獣屋を午前十時とす冬日輪/飯田蛇笏

つちふるや日輪たしか黄に変じ/素逝

日輪に入りて帰らず冬の禽/矢部白茅

日輪に天の羅網やスキー宿/松瀬青々

日輪も露けし倒木苔まとひ/福田蓼汀

日輪に青栗の虫老いにけり/飯田蛇笏

日輪より月輪よりの落椿/小内春邑子

潮干狩映る日輪かき消えぬ/森山夕樹

此宿はのぞく日輪さへも黴/高浜虚子

ほほづきの如き日輪雪嶺に/岡田日郎

日輪をのせ寒の水力あり/加藤羝羊子

穴釣に日輪低くありにけり/三嶋隆英

また妊む冬日輪を妊みしか/右城暮石

また妊む冬日輪を胎みしか/右城暮石

日輪もスープもさびし青嵐/攝津幸彦

ゆく夏の日輪円くしづかなり/中田剛

籾伏せが叩く苗田の泥日輪/羽部洞然

臘梅や日輪雲のなか進み/藤本草四郎

タイトルとURLをコピーしました